人気ブログランキング |

<   2018年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

今年も残り十数時間となりますね。
日本では大掃除や年越し準備でさぞかし賑やかなことでしょう。。。

師走という文字のごと如く、出張回数9件をこなしました。
d0183861_05444891.jpg
飛行機利用は慣れてますが(9件中、2件)早朝出発が多いのでご来光を拝みながら飛んでます。
年明けにも雪の予報ですが、先週はどっと降りました。
d0183861_05465062.jpg
でも積もることなく、ぼたぼたと降っては溶ける。

土曜は近所で不可思議な光景をに遭遇し
d0183861_05443431.jpg
近所のオジちゃん曰く、鳥を狙ってる。(絶対違います)

猫友夫婦とブランチ食べて、寄ったお宅で猫たちに歓迎され
d0183861_05441905.jpg
新顔が2匹(うち一匹は療養中)
思い切り顔めがけて飛び掛かってきて頬ずりする、というのが挨拶らしい。

うちの子は相変わらず思春期真っただ中。
d0183861_05461860.jpg
家にいると遊べ、出せ、とピーピー煩いんです。
あまり鳴くもんだから、出してあげるとものすごく喜んで纏わりついてくるんですね。
可愛いもんだから構ってあげるんですけど、、、疲れます。凹
よく見ると文鳥もアクビ連発、そこで思ったのが

「勢いだけで、眠いんじゃないの?」

イヤイヤする文鳥を籠に戻すと、割としっぽり落ち着いてました。
なんか、無理に遊んであげていたような感じです。
所詮は子供ですからね、ヒト科も鳥類も変わらないですね。
大人(人間)がきちんと規則正しく面倒見ていれば甘やかす必要はなし。
甘やかすとかえって良くないと、2018年の最後の最後で悟りました。
(危ういところでグレ文鳥を育ててしまうことこでした)

さて、こちらは31日終日通常勤務、元旦明け2日から始業です。
日本のようなお正月な雰囲気はありませんが、大晦日はそれなりに祝います。
d0183861_05450082.jpg
帰宅後は近所の友人宅にお呼ばれしております。
文鳥を寝かしつけた後に出かける予定です。
d0183861_14541831.png
家内安全・無病息災
皆さま、どうぞ良いお年をお迎えくださいませ。




もう今年も残り僅か。
毎年12月は忙しく、今年は特に12月の出張が多くて体力的にガタがきてるなと感じます。
とは言え、生活のメリハリは必要。
珍しく、新市街のメッカであるイスティクラル通りの裏道散策をしたいな、と思い立ちました。
d0183861_00433212.jpg
天気は良いんですが強風だった海岸沿い。
裏道、の前に表通り。
d0183861_00452891.jpg
クリスマス前の教会はさぞかし素敵だろうと
d0183861_00454528.jpg
案の定とても素敵でございました。
d0183861_00455817.jpg
但し、こう観光客が多いと神仏に失礼かと。
d0183861_00461338.jpg
お賽銭あげてローソク灯して、来年も無病息災・家内安全を祈る。
この後は市場の中を通り抜け
d0183861_00434981.jpg
ここのパッサージも小綺麗で好きであります。
d0183861_00440630.jpg
d0183861_00443437.jpg
観光客相手の土産物屋から骨董品店までいろいろとあり。

この市場を裏手に抜け、メイン通りと平行する裏通りを歩くと
d0183861_00470727.jpg
とても趣きのある良い建物郡があり

遠い昔に小隊宿として利用されていた箇所がこのエリアには多く現存しますが、用途は主に飲食や宿泊施設など様々。
d0183861_02454884.jpg
実に趣きあり
d0183861_00473759.jpg
他にも19世紀から残るアパートも多く、エントランス階はお洒落なカフェや雑貨屋
d0183861_00472231.jpg
d0183861_00462926.jpg


さて、土曜の夜は友人Mさんとタイ料理屋に予約を入れてあり
d0183861_00475016.jpg
この街に引っ越して来た当時に開店したばかりの店でしたが、早くも20年近くになりますね。
実は、当時この店のウェイターだった男性が「ばんばひろふみ」に似てて友人とウケていたのが懐かしい思い出です。
その後あまり行く機会もなく、10年程前に再訪したときに未だ「ばんばひろふみ」が働いていて驚愕、しかも初回来店当時の私のことを覚えていてくれたことに感動した記憶有り。

さて、今回・・・
もちろんばんばひろふみ健在でありました、この国でしかもウェイターという職業において勤続20年ってのは神の領域です。
今回も予約の電話で思い出してくれてたようで感動しました、記憶力も神ですね。笑
今回も美味しく頂きました、まずは青いパパイヤの実サラダ。
d0183861_00480436.jpg
友人はパッタイ
d0183861_00490955.jpg
自分はグリーンカレー(チキン)
d0183861_00483875.jpg
味は昔と変わらず美味しゅうございました、ただ単に金額が予想以上に上がっており、頻繁に来ることのできる店ではないことを痛感。
でもばんばひろふみと携帯番号交換しましたので、また来たいなとは思います。(どんだけ仲良しよ。笑)

実はこの日が誕生日だったこともあり、ばんばひろふみの計らいでデザートおまけしてもらいました、ありがとう!ばんばさん!


さて、この界隈には本当に趣きを大切にする場所が多くあることを知りましたので、またじっくりと散策したいと思いました。
今日は頂いた日本の雑誌を文鳥と読んでいて、日本の食べ物に異常に関心を示した文鳥です。
d0183861_00492495.jpg
おせち、食べたいなー。

忙しい年末、駆け足で過ぎて行きそうです。



今週末はいつものようにMさんとどっか行こうと予定しておりました。
d0183861_22133800.jpg
平日の寒さはどこへ、再び気温は15度程度まで上がる。

Mさんとの待ち合わせ前にちょっとした買い物がありまして、馴染みの問屋街へ。
d0183861_22135621.jpg
ご覧の通り、目的のひとつは鳥かご、です。
d0183861_22141542.jpg
希望のサイズは30cm四方以下のもの。
なんとか目星をつけ、帰りに受け取るということで値引きやオマケ交渉も済ませる。
(ネットで買うよりも2割はお安かったです)
d0183861_22143241.jpg
※子ウサギが可愛いく団子状態。

さて、この後はMさんと待ち合わせし、久々に大都会のエアポケットとも言うべきある場所へ。
先回訪れてから既に7年も経っていたとは、、、どうしても行きたい博物館がありまして。

途中、ギリシャ正教の総本山へ。
d0183861_22144717.jpg
何組かツアーがガイドの説明を受けておりましたが、個人で行くよりも内容や歴史の説明がある方が楽しいでしょうね。
(我々はネットで調べるのみ)
d0183861_22154569.jpg
割と質素な感じもするんですが、宗教施設というのは質素であるべきと個人的には思います。
d0183861_22160150.jpg
d0183861_22163971.jpg
クリスマス前だからなのか、掃除に勤しむ関係者が目立ちました。
d0183861_22162221.jpg
d0183861_22170115.jpg
教会を後にし、目的地を目指す。
d0183861_22175741.jpg
この界隈はお洒落カフェが増えてて驚くんですが、この横の通りには依然スラム的な光景があり不可思議なエリアです。
d0183861_22185474.jpg
数分歩くと
d0183861_22181125.jpg
赤い建物
d0183861_22183925.jpg
神学校(男子校)です。
内部には入れないので遠くから撮影するのみ。

ここから坂を登り、このエリアの市街地に。
全然変わってなかったですね、7年前と。笑
d0183861_22200328.jpg
男性は主に長いあご髭、頭にはフェルト帽、ズボンはボンタン。
d0183861_22203607.jpg
女性は老いも若きも真っ黒装束。
d0183861_22205271.jpg
d0183861_22182483.jpg
猫だけが常に変わらず。
カルチャーショックを乗り越え辿り着いた目的地は
d0183861_22202051.jpg
無念にもこの10月から改修工事に入り、2年後まで終わらないようです。凹

実に無念、Mさんにお見せしたかった。。。

次は7年前に改修工事で入れなかったモスクへ。
7年も経てば終わってるだろう、と張り切って行きました。
d0183861_22210895.jpg
当時、一緒に行った友人Sがとても好きだと言っていたモスクです。
(モスクとなる前はキリスト教会です)
d0183861_22215218.jpg
さて、期待度はどんどん上がります。
中に入ると土足厳禁、女性用の頬っ被りなどが置かれ絨毯敷き、、、
d0183861_22222828.jpg
わー、こてこてのモスク。
d0183861_22221194.jpg
残念、の一言。
改修って、要は教会をモスクにして、現役のモスクにして参拝者が利用するためのものってことです。

この手のガッカリ改修は地方にも多く、黒海地方のトラブゾン市にあるアヤソフィア聖堂なども現役モスクにされてて愕然としたのは記憶に新しく。
d0183861_22225756.jpg
キリスト教会を感じられるオリジナル部分はエントランスの天井程度しかないです。

ということで、フェティエ博物館も間違いなくモスクになりそうな嫌な予感がしています。
但し、あそこのモザイク画は本当に素晴しく、あれをモスクにしようものなら怒りを感じますけどね。


ということで、厄を払うつもりの市内観光、払えたのか憑いたのか分かんないです。笑
帰りはエジプシャン・バザール。
d0183861_22242967.jpg
甘いターキッシュデライトを試食しまくり
d0183861_22244263.jpg
老舗カフェにて更に甘味で締めくくりました。

最初に寄った店できちんとカゴも買いましたよ。
d0183861_22273515.jpg
カンタ、上機嫌でブランコ乗っててぶれまくりですけど。
d0183861_22273027.jpg
手作りの冬用ふわふわベッドも気に入った様子。

ものすごく愛情注いでますよね、自分。笑
早めのクリスマス・プレゼントです、正月のお年玉はあげませんから。







師走ですね。
d0183861_02182121.jpg
こちらは相変わらず思春期真っ只中。
(そして大好きな水浴びは欠かさず)

この週末は本当に天気が良く、久々にベランダで日光浴。
d0183861_02171392.jpg
窓越しではなく、網戸越しでもいいからある程度の紫外線が必要らしい。
ネットで調べれば調べるほど、気になることが色々です。
冬場はさすがに外気は冷たく、この日は窓越しに日を浴びる。

d0183861_02173208.jpg
週末は構って欲しくて堪らないらしく、出掛ける際にカゴに戻すと若干寂しそう。
d0183861_02175287.jpg
それでも一緒にいる時間はなるべく多く持とうと思い、辛い換羽期が終わるまで付き合うつもりですよ。
(甘噛みも最近はぜんぜん甘くないんですけどね。痛)

さて、お題にある師走の味。
d0183861_02183374.jpg
餡子

この時期になると必ず食べたくなるんですが、実家から持って帰って来た小豆から炊き上げます。
砂糖は友人から頂いた沖縄の黒糖。
十勝の小豆と沖縄の黒糖、美味しくないわけがない。
しっかりと小豆の形が残った柔らかでこっくりとした味わいのある粒餡となりました。
アンパン、白玉ぜんざい、南瓜ぜんざい、これからいろいろと楽しもうと思います。



あっという間に師走、2018年もあとひと月を残すところとなりました。

この3週間、連続日帰り弾丸出張で疲れが溜っていたこともあるんですが、最近は気温もぐっと下がり、そんな最中に汗かくほどバタバタと風雨の中を走り回っていた結果。

風邪ひきました。凹
トドメは金曜の出張での早朝フライト、黒海地方の街へはあまり便数もなくいつものように早朝4時起床。
d0183861_02330039.jpg
機上の人となりご来光を浴びる。

このフライト、機内モーレツに寒かったです。
30分ほど遅れての離陸となったんですが、もっと暖房利かせて欲しかった。凍
夕方の復路ではくしゃみが出始めており、完璧に寝込む寸前。

ということで土曜は昏々と寝ておりました。合掌
文鳥が遊んでくれとうるさく飛び回るんですが(週末くらいは自由に放鳥しております)ソファーで寝込んでいると手足を噛みに飛んでくるんですよね。。。

平日の調子良かった時ですが、私用の某手続きがひとまず片付き、久しぶりに赤ワインを購入。
d0183861_02332444.jpg
こう見ると巨大なグラスに見えますね。
d0183861_02330691.jpg
d0183861_02331270.jpg
いつもこう、後ろを振り返る様ってのが「悪いことしても良いですか?」と問うているようで笑。

抜け毛(羽)の激しい今日この頃、寒い季節に文鳥も風邪とかひくのか?え?


我が家の台所にある窓には毎晩泊まりにくる珍客あり。
d0183861_03134782.jpeg
ここ数日は雨風が強く、気になっていました。
今日、ゴミステーションに発泡スチロールが捨てられていたのを見つけ、適当な大きさを持ち帰り、タオルで包んで置いておきました。
いつもよりは暖かいと信じて。
(さっき見たらタオルがズレてましたけどね、うぅ。。。)