<   2018年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

秋深し
d0183861_01305832.jpg
キッチンカウンター横に、ぬこが訪れるのが日常ですが、今回は真っ白なニューフェイスが通い始めました。
先週は突然気温が10度近く下がったりで寒かったんですが、週末にかけて実に良いお天気&気温上昇。
これが最後かと思われる晩秋の小春日和、です。
実は先週の土日と月曜は建国記念日で3連休でありました。
土曜日は友人が遊びに来てくれまして、うちの子にとっては初めてのお客。
さて、どんな反応するか実に心配しておりましたところ・・・
d0183861_01551496.jpg
案ずるより産むが易し
Yさん、実に鳥の扱いに慣れていらっしゃる。愛
人見知りゼロと証明されました、今後はシッターさん見つけやすそうです。

毎回文鳥ネタですいません。
甘やかし説もありますが、手先の器用な友人が作ってくれた文鳥のグッズ。
d0183861_01352690.jpg
こういった止まり木が非常にありがたい、なぜかと言うと水浴びの後に乾かそうと必死に身震いを繰り返すんですが、カゴの中では窮屈、かと言ってどこに止まっていいのかも分からない臆病な生き物でして。
連休は休暇に出掛けてしまった友人ですが、来週には受け取りに行こうと思います。

3連休、毎日バルコニーでお相手しましたよ。疲
d0183861_01334513.jpg
日当りの良い日中、バルコニーは割と灼熱となります。
d0183861_01351667.jpg
この3連休中はまじべったりと手に乗りっぱなし。
思春期なんで頭突きを何度もされ、しまいには胸元に上ってきてまさに胸ぐら掴まれてグイグイされてます。
d0183861_01404996.jpg
水浴びも絶好調。
初日は朝晩の2回も沐浴、ご機嫌宜しく。

但し、この3連休を構いっぱなしになるはずもなく。
途中で出掛けてそのままひとりにしちゃうんですが、土曜日はバルコニーの暗がりでひっそり寝てたんで、暗い中をカゴに入れて翌日まで寝てもらいました。

日曜も朝からご機嫌の様子。
d0183861_01423610.jpg
実は意外と几帳面らしく、手編みのベッドにある敷き布団がなんとも気になる様子。
必死にベッドメイキングしててワロタ。

夕方に友人と待ち合わせ、久々にイタリアンで飲もうということに。
d0183861_01391410.jpg
お互いにいろいろと社会的な悩みも多く。
Mさん、またお付き合いください。乞

翌日月曜の建国記念日の飾り付けは主に国旗の赤。
d0183861_01434747.jpg
リベラルな我が街は本当に賑やかでありました。

祝日当日、連休最後の寂しさよ。涙
連日気温は20度以上、汗ばむ陽気でありました。
最後の日は近所に住まう友人の母上と待ち合わせ。

先週、友人が仕事後に訪ねて来ました。
どうも、孫が恋しいと号泣の毎日だそうで。
そんな孫は2週間ほど前に海沿いの街に引っ越し、ピカピカの一年生となってます。
友人は仕事の都合上、しばらくは息子と嫁と別居、通い父さんとなるようです。

で、号泣する母親も高齢なんで健康が心配だ、と。
たまには顔出して様子見て欲しいと頼まれておりました。
今日、公園のカフェで会うなり突如号泣されました。笑
まだ慣れないんでしょうね、でも正直言うと市内に暮らしていてもそんな頻繁には会ってなかったはず。
気の持ちよう、ちなみに市内にいた頃より海沿いの街に飛行機で会いに行く方が楽だと言えます。笑

今日はそんな婆さんの愚痴を聞きつつ、お買い物のお手伝いで大荷物持たされたりで大変でした。
帰宅すると待ちに待ってたと言わんばかりのお出迎え。
d0183861_01451074.jpg
これはこれで実に癒されてます。
飼うからには愛情を持って育てます、それが人としての責任です。
事故や病気の無いように、長生きさせたいと思います。

さて、このような秋の陽気も今しばらく続く様子。
d0183861_01373538.jpg
のんびりと、堪能したいと思います。



[PR]
秋深し
d0183861_19595852.jpg
このところ、友人知人から言われている言葉に
「また鳥かよ」

たぶん、当分はネタが変わらないような気もします。
なぜなら文鳥の成長速度があまりにも早く、ヒト科の親御さんもよく仰りますが、今なら公園でたむろするお母様団体に違和感無く加わることが出来ると感じます。
d0183861_20001413.jpg
平日は日没後の帰宅であるこの頃。
寝ぼけ眼で出迎えてくれるんですが灯りがつくとそれなりに遊んで欲しいとせがみます。
通常、19時の夕飯時刻がこのところは21時近いです。
日々、何かしら成長を感じさせる発見があるんですが、割と物怖じしない性格のようで
d0183861_20002849.jpg
ブランコでびゅー。
カゴに取り付けてもなかなか乗ってくれなかったので、手で持って遊び方を教えてみました。
週末に天気が良く、ベランダがかなり暖かかったこともあり入浴チャレンジ。
d0183861_20004134.jpg
おぼつかない足取りではありましたが
d0183861_20004940.jpg
見事にずぶ濡れの入浴後。
とは言え、まだ小さいので毛質が成鳥と違うのか異常にずぶ濡れになっており、風邪を引かれては大変なので早々に乾いて頂く。

なるべくこの時期は一緒にいてあげようと時間を割いてはおりますが、手乗り文鳥ではなく「手に乗りっぱなし文鳥」になっており不自由です。
d0183861_20031579.jpg
身動き取れない(自分)
d0183861_20032919.jpg
遊びながら食べ、飲み、事を済ませ(糞)寝る。
ひたすらこの繰り返しではありますが、まだまだ子供です。
とにかくよく寝ます、つい今まで忙しなく食べていたと思ったら突如フリーズ。焦
喉でも詰まったのかとこっちは気が気じゃないので慌てるんですが、気が付けば寝てました。
どこまでも子供らしい、っていうかこういうモノなの?え?


家の中にばかり籠ってもいられないので週末は用を足したついでに公園へ。
d0183861_20021480.jpg
ニューフェイスも増えておりました、この日の可愛いぬこ。
d0183861_20023141.jpg
ひとしきり遊び
d0183861_20025625.jpg
落ち葉ベッドで寝るイヌ。
トリもネコもイヌも好きです、平和ですから。


今日も入浴後。
d0183861_20044198.jpg
今後の成長が楽しみです。

[PR]
この一週間、長かったような短かったような。
d0183861_19532206.jpg
カンタに始まり、カンタに暮れた一日。

朝は日の出前の6時に起床、自分が出掛ける準備を整えてからカンタの朝食を準備します。
パウダー4種を混ぜて練り物にします、それをスポイドに取り口を開けた瞬間に喉にぐっと押し込む方法。
ところが、初日こそ成功していましたがなかなか口を大きく開けてくれず。
日中は殻付き、剥き餌の2種をついばんでいる様子ですが、果たしてお腹いっぱいになってるのか?

当初はカゴから取り出す際は手でぐっと握って(上記画像)いましたが、数日経つと指や手の甲に飛び乗るようになりました。
試しに晩ご飯の後、カゴから取り出しても逃げ惑うこと無く、じっとしていられることが判明。
d0183861_19533667.jpg
自称大人の餌(殻付き)を食べる練習を重ねています。
なんとも不器用に、殻を口の中でプチっと割るんですが同時に中身が外に落ちてしまい、なかなか飲み込めていない様子。
d0183861_20404841.jpg
朝晩、このような練習を繰り返してくうちに
d0183861_20385762.jpg
手の平で食べ始める。
こういったスキンシップが功を奏したとみえ
d0183861_20304854.jpg
今じゃ腕や肩に飛び乗って来ます。愛
d0183861_19540737.jpg
文鳥ベッドにも慣れてもらいたい。暖

週末はベランダで入浴を試みましたが、やはりまだ早いようで脚を入れてくれず断念。
日曜は薄曇りで気温がなかなか上がらず、ちょっとした日差しの中にカゴを置いてみたところ
d0183861_19542243.jpg
割と嬉しそう。(と感じるのは親心)
d0183861_19552169.jpg
よく食べ、よくする。(糞)
d0183861_19550613.jpg
このスサー、は文鳥の代表ポーズ。
すっかり幼鳥らしく、日々成長が垣間見え母は嬉しい。

来週から夜だけ様子を見て餌付けしようと思ってます。
この一週間、何かあってはと毎日心配ばかりしていたんですが、今は握った手の中でスヤスヤと眠るまでになりました。愛

今後は寒さと野良猫対策(窓の外には十匹以上の野良待機)を怠らないよう気をつけねば、です。
d0183861_21222565.jpeg

[PR]
秋深し
d0183861_19191008.jpg
このところ、日に日に日照時間が減っていくのを感じます。凹
これから先、暗いうちに家を出て、暗くなってから帰宅する日も間近です。冬


引っ越し前ギリギリになって、再び会いに来てくれたこの方。
d0183861_19193581.jpg
いつの間にか補助輪無しで乗れるようになっていたのねぇ。
d0183861_19195173.jpg
ひたすら広々とした公園を走り回り、その間に友人と近況報告がてら談笑。
d0183861_19201536.jpg
すっかり秋、心地良い日和が続いています。
d0183861_19203264.jpg

実は、今月に入ってからバタバタと動きがありまして、喜ぶべきことなんですが希望していたことが次々と実現しております。
5つの望みのうち2つが実現し、3つ目は月末の予定ですが上手くことを祈るばかり。
実現したものの中で、特に切望していたのが
d0183861_19213771.jpg
この度、再び良縁に恵まれて里子を迎えるに至る。
今回もSNSの恩恵ではありますが、人伝で希望の月齢の子を探して頂きました。
d0183861_19213017.jpg
今年の4月の一件で、非常に辛い思いをしましたが、弔うつもりでこの子は立派に育てなければ!という気持ちであります。
d0183861_19220899.jpg
この子を探してくれた方は自称鳥バカらしく、初めてお会いした時の挨拶が
「6歳の頃から鳥飼ってます!」
でした。笑
なんでだろう、今まで会ったことのある自称鳥バカは大半が巨漢、大柄な男性ばかりです。
マイク・タイソンも鳩飼ってるくらいですからね、心優しいという印象です。笑

まだ産まれてひと月ほどの幼鳥です、以前飼っていた子が2ヶ月を超えていて懐くまでにちょっと苦労した(結果はそれでも手乗りになりましたが)こともあり、今回は自分の手で餌付けできる幼い子を求めました。
初めての餌付け、初日の夜にしてみましたが上手く食べてくれました。
それでもお眠だったので、即就寝。

翌日は起きると一人でむき粟を頬張っていたんですが、栄養価の高い餌を今後一週間朝晩餌付けする予定です。
日曜の今日、日当りの良いバルコニーで放鳥しましたが、やはりまだ幼子ということで上手に飛べてない感じ。
d0183861_19233221.jpg
ひたすら眠そうなんで、とにかくカゴの中でゆっくりしてもらってます。
d0183861_19235778.jpg
本当に、嬉しい出来事だったこのご縁。
d0183861_19234582.jpg
これからの生活に張り合いが持てそうです。愛

[PR]
すっかり秋を感じる今日この頃
d0183861_01434705.jpg
雨が降って朝晩ちょっと小寒く感じるようになると、夏と違ってぬこ達も寄り添ってスーパーの店頭に並んでいたりする日常。

先週は仕事で遠出しておりました。
d0183861_01431664.jpg
観光メッカのカッパドキア。
通り過ぎただけですが、早朝の静かな茶屋で眺めだけを堪能。
d0183861_01433146.jpg
野うさぎが走り回るひと時。
d0183861_01440491.jpg
次回はぜひ観光で来たいと思います。願



週末は、20年前にこの国に暮らしていた旧友が訪ねてくれ、友人と2人で彼女を迎えに行きました。
d0183861_01441854.jpg
夕暮れ時の旧市街。
彼女の泊まるホテルへ行く前に、友人と茶をしばきに老舗の甘味屋で
d0183861_01461172.jpg
友人はドライブルーツたっぷりのアシュレ
d0183861_01451566.jpg
自分はスターチの練り菓子であるムハッレビ(上に粉砂糖とローズウォーターをたっぷりかけたシンプルなプリン系)

日も暮れて、彼女の滞在先であるホテルに辿り着き、屋上からの絶景を堪能。
d0183861_01464252.jpg
アヤソフィア
d0183861_01463110.jpg
ブルーモスク

港沿いのケバブ屋で肉。
d0183861_01471409.jpg
昔の懐かしい話に花が咲き、近況も交えて長く語らいました。

20年、お互いにいろいろと経験を積んだと実感し合いました。
歳はとれども素敵な大人女子になっていた彼女は、尖ってた20代前半と比べどこもブレてないことに彼女らしさを感じます。
今は日本をベースに頑張って仕事をしてる彼女、次は日本で会いましょう。


ようやく焼き菓子が恋しい季節となりました。
d0183861_01475020.jpg
たっぷりのホウレン草を使ったケーキ。
ドライいちじくと栗の渋皮煮がよく合います。

もう10月。
今月はいろいろと忙しいスケジュールとなってます。
このところちょっと自己投資的なことに夢中になってます。
穏やかに、充実出来る生活を心がけたいと思います。



[PR]