人気ブログランキング |

カテゴリ:生活( 240 )

連日の投稿となりますが、子供の日が終わった週末、友人のTさんとYさんに市内某所へ観光に行こうとお誘いを受けました。
私も友人Aさんを誘い、4人でドライブ。
d0183861_00103974.jpg
Tさん、長年お暮らしのこともあり(しかも車があるので)色々な場所をご存知です。
まずはアナドル・フェネリという黒海入り口付近のエリアへ。
d0183861_18380284.jpg
※道順は別として(海沿い通りました)色々と立ち寄りました。
d0183861_00132799.jpg
ボスフォラス海峡から黒海へ抜ける場所、春の花も相乗効果でなんとも清々しく。
d0183861_00143828.jpg
ここからは2年ほど前に開通した第三大橋が見えます。
(正直、無い時期も知ってますので邪魔でしょうがない)
d0183861_00161692.jpg
漁港の上には素朴なお茶屋も数件。
Tさん曰く、橋の開通で人通りが増えたことが原因か、当時の素朴さはないらしい。
d0183861_00190526.jpg
開発の波ってやつでしょうね。
ここから更に移動し
d0183861_00203472.jpg
ここは1907年当時、軍人のお偉いさんがイタリア人建築家に設計させた建造物。
ここはレストランもあり。
d0183861_00235260.jpg
広い敷地ではこのシーズン↓
d0183861_00221967.jpg
結婚の記念撮影にたくさんの新郎新婦、その縁者を垣間見る。
d0183861_00270972.jpg
花盛り、撮影には持って来いでしょう。
d0183861_00283254.jpg

ここから更に移動、Tさんおススメの自家製ヨーグルトの店というか、お爺ちゃんの家へ。笑
d0183861_00293842.jpg
駆けつけ一杯的に美味しいヨーグルトを頂く。(画像なし)
d0183861_00310591.jpg
ここから更に移動し、ポロネズキョイへ移動。

ここはオスマン帝国時代に、遥かポーランドからトルコへ亡命してきたポーランド人の村だそうです。
19世紀中ごろから今日まで、ポーランドの伝統を受け継ぎながら、その末裔が暮らしているとか。
現在は保養地として人気の場所になっています。

我々はここでランチ。
d0183861_00324409.jpg
キョフテ4人分。山
d0183861_00352989.jpg
緑の眺めが最高でした。(もちろんメシも)
車を止めたまま、足で散策することに。
d0183861_00370997.jpg
山道の至る所に養蜂の木箱を見てはいたんですが、やはり美味しいようですね。

お茶でもしようと立ち寄った店で、これまたTさんおススメのスイーツ↓
d0183861_00384767.jpg
ポーランドの伝統菓子も多いようで。
d0183861_00400890.jpg
最近でも少ないカスタードクリームを使ったケーキ。
(今じゃ自分で作りますけど)
Tさん曰く、2000年当初はスターチを使ったクリームが主流のこの国の菓子に嘆かれたようで(同感)、このケーキを食べたときの感動は忘れられないとか。

長年暮らす我々(一名はまだ在住2年目)にとって、この街の開発の流れと変貌ぶり、便利さを得て失ったものについて感慨深く語らいました。
d0183861_00123564.jpg
Tさん、下手なトルコ人ガイドよりも面白いご案内でした。笑
トッピングが多過ぎて(見て回った場所は写メを見直して復習)どれもメインか?という状態でしたが。

春は良いです、草木花のエネルギーに癒されました。
平成の終わり、次は令和元年もまたお誘いください。愛





日本はGWで10連休とか。
こちらは23日が子供の日、来月1日はメーデーで休日となります。

23日は友人のMさんが個人的なことでお祝いをしてくださいました。
d0183861_04131239.jpg
我が家の近くにあるイタリアン。
昼から飲む酒ほど最高なものはないですね。
d0183861_04113737.jpg
d0183861_04131238.jpg
飲みで始めましたが、当初の目的は毎年この季節恒例のチューリップ祭り。
d0183861_04123083.jpg
今年は寒い日が続いたのでまだ大丈夫とタカをくくっていたんですが、既にチューリップの8割は終わった様子。凹
d0183861_04131233.jpg
それでも遅咲きのものを楽しみました。
d0183861_04115698.jpg
d0183861_04115633.jpg
d0183861_04123003.jpg
d0183861_04113778.jpg
不景気のせいか、いつもは種類が豊富な我が街の公園ですが、今年は割とオーソドックスな品種が多いような印象です。
この週できっと咲き終わったと思います、また来年の4月まで見納めです。

花の後は花より団子ということで
d0183861_04131274.jpg
実に可愛いお店を発見。
d0183861_04123090.jpg
いつものことですが食い倒れでございます。

春になって気温が上がると誰もが外に出るので混み合うことが多いんですが、5月の2週目から断食月の開始。
一ヶ月間はどこも静かになる宗教行事。
この時こそ出掛けねば、気温も上がりつつあり行動範囲を広げようと思います。

土曜は友人Mさんに誘われて、とある場所で映画を観る予定でありました。
放映時間が16時ということで、まずはランチから開始となりました。
d0183861_22412417.jpg
個人的にはあまり立ち寄ることのないエリア、理由はこのエリアの住民はどこか保守的な見た目が多く、空気の圧を感じてしまうわけです。
とはいえ、このところあまり体調が優れず、まずは汁物に赤レンズ豆スープ。
d0183861_22424119.jpg
メインはしっかりとラム肉でプロテイン補給。
d0183861_22440267.jpg
全てのメニューがトマトベースなんで同じ色。
パセリくらい載せてほしい。
d0183861_22450612.jpg
調子に乗ってデザートも頼んだんですけど、甘さが異常で半分以上残しました。凹
(ちなみに、ここは老舗の大衆食堂です)

このエリアからバスで約1時間。
d0183861_22462430.jpg
バス降りて3分の場所、沢を渡ると
d0183861_22483326.jpg
野良犬が非常に多く
d0183861_22492783.jpg
実にお洒落な場所でしたが、ここは日本で言うところの時代劇村に近いかと。
ドラマや映画のセットとして元・靴工場を利用した場所となっております。
d0183861_22502426.jpg
実に味のある、古めかしい工場跡。
d0183861_22521923.jpg
↑これなんかは昨年とても人気のあった某ドラマのセットだったらしいです。
時代設定は1930年代くらいでしょうか。
d0183861_22563395.jpg
d0183861_22545686.jpg
d0183861_22582955.jpg
いかにも工場って感じの屋根の形です。
ひとつひとつが何らかのシーンに使用されているんでしょう。
d0183861_23002034.jpg
こういう巨大門などは時代劇にあるある。
d0183861_23021636.jpg
オスマン帝国時代の撮影にあるある。

ボスフォラス海峡沿い、非常に素敵な場所であります。
d0183861_22513406.jpg
まだ映画館が出来上がって間もないこともあり、外部からここを訪れる人間は少ないかと。
カフェやレストランもありますが、主に撮影関係者が多いと思われます。
Mさん、お誘いどうもありがとう!
(あまりにも移動距離が長く、気を遣って頂いたんですけど普通に観光のつもりで来てたんで満足でした)

帰りは我が街に立ち寄り、韓国飯屋で冷麺食べてさっぱりしました。
d0183861_23041934.jpg
まだ気温がそんなに上がってないのに、なんで冷麺食べたくなったんだろ。。。
とは言え、実に美味しゅうございました。(たぶん麺はインスタント)

Mさんとは火曜の祝日(こちら子供の日となります)にまた一緒に出掛ける予定です。
デトックス、目下我々の目的は毒を出すことしか考えられない年齢です。
次回は気温も上がりそう、楽しみにしております!!!

今年の春は三寒四温が長く続く感じですか。
d0183861_02502341.jpg
とはいえ、いつぞやかの温暖な気温で花は一気に開花した様子。
d0183861_02524776.jpg
我が家の近くの公園には八重桜があるんですね。
d0183861_02551858.jpg
公園のハナズオウも八部咲き。
d0183861_02571653.jpg
藤の花は6部咲き程度かな。
d0183861_03045189.jpg
ニューフェイスもぼちぼち現れ始め。
d0183861_03053876.jpg
猫には良い日和です。
d0183861_03030532.jpg
うちの子は仲間連れで登場。
d0183861_02441317.jpg
いつものひと時、至福です。

土曜日は久しぶりの友人Sと会う約束でした。
d0183861_03001413.jpg
ガラタ付近はいつも賑やか。
d0183861_02574142.jpg
この日は割と気温が上がり
d0183861_03012448.jpg
このエリアも野良が多いんです。

この後は馴染みの店で15時から飲み開始。
久々に鬱憤を吐けた、という感じ。
こういうのもデトックスのひとつですからね。笑

で、もうひとつあるデトックス。
d0183861_02411253.jpg
この季節でしか食べられない山菜。
以前も書いたと思うんですが、一時山菜ブームが(自分だけ)巻き起こってたんですよね。

初めてこの草に出会った時、生のこの山菜からほんわか懐かし気な香りが漂ってたような。
食べた感じは日本のニラに似ていると思います。
d0183861_02423559.jpg
熱湯で1分弱湯がいて鰹節と醤油で頂くのが我が家流。
季節の山菜を食べると身体がスッキリするんです。
このところ肉ばかり食べてた気もしますので、市場では野菜をたくさん買い込みました。
残った山菜で餃子作りたいな、と思ってます。

季節の変わり目だからなのか、ちょっと体調は優れません。
冬場に溜った膿を出す季節のような気がします。
心がけて心身共に毒を出し切りたいと思います。
d0183861_02432768.jpg
視覚と味覚、外から内からデトックスしたいと思います。

4月に入り、三寒四温の繰り返しもそろそろ終わりと思いますが、春一番がまだまだ春の陽気を遠ざけているような今日この頃。
週末は友人とアジア側のクズグンジュックというエリアに出かけておりました。
d0183861_05124222.jpg
ここは最近更に観光地になりつつあり、古い建築様式が現存しローカルにも人気のあるエリアです。
d0183861_05222581.jpg
ローカルからの人気も高いということで、カフェが異常に増えてて驚きました、確か最後にここに来たのは2012年くらいだったか・・・。
さすが観光地、物価は高く感じます。
d0183861_05190841.jpg
どこもかしこも野良だらけ。
d0183861_05235831.jpg
界隈の住民に面倒見てもらってるのがよくわかる肥満度。
以前は自称作家の作品を販売する店も多かったと記憶してますが、今回は以前と同じ店に寄ってみましたが、あまり心ときめくモノに巡り合えず、ひたすら春一番に吹かれ小寒くて冷えました。凹
d0183861_05244328.jpg
夏はもっと気持ち良いかと。
気温が上がってからリベンジと思います。


さて、うちの子は突然、というかここ数日でメキメキ成長した感が顕著。
d0183861_05293965.jpeg
これはまだ頬が換羽中だとはっきり分かる感じでしたが数日後・・・
d0183861_16420171.jpg
なんか体重も1-2g増えて現在26g。
d0183861_16415627.jpg
作ってあげたおもちゃを加えてブンブン飛び回ってます。
d0183861_05272046.jpeg
全身の羽もすっかり大人の羽に代わってます。
d0183861_16415019.jpg
ますます親バカなんですけど、目の中に入れても痛くないです。愛
噛み癖も軟化、手の中に自分から撫ぜてくれと入って来るようになり感極まりました。
とはいえ、もう大人になったということで以前ほど構い切れない部分もあり、徐々にヒト科としての時間を取り戻そうと思います。願




たった2年間でしたが、当時暮らしていた町内へご近所参りに行ってきました。
d0183861_03281497.jpg
当時は長年暮らした元町内が恋しく、でも新しい町内にも慣れ親しもうと自転車でよく散策したものです。
d0183861_03285069.jpg
このエリアには小さなカフェが多くあり、特に近場だったこのバーガー屋に来たものです。

アパートのお向かいに暮らすご一家とは今でも懇意にしております。
この日も1時間程度でしたが訪問し、お元気そうなご一家と懐かしい話に花が咲きました。

再び我が町に戻り、小春日和の公園へ。
d0183861_03462210.jpg
本当にこの公園のお陰で日々健やかに過ごすことができます。
d0183861_03423427.jpg
長年の愛猫も元気。
d0183861_03330947.jpg
ローズマリーが満開です。
d0183861_03341600.jpg
週末はいつもこの芝生で一緒に時間を過ごすことが癒し。
d0183861_03344224.jpg
この子は何されても従順。笑
d0183861_03305095.jpg
春、です。

我が家の愛鳥も日々健やかに成長中。
d0183861_03434565.jpg
朝は野鳥の囀りで目が覚めます。
緑の少ない都会とは言え、暮らす地域は公園もあってまだまだ潤いを感じます。
朝は台所に日が差しこみ、空気の入れ替えをするために窓を開けて(もちろん網戸付き)文鳥と一緒に野鳥の囀りに耳を傾ける。

鳥の言葉が分かると面白いのにとつくづく思う。
おっかなびっくりな文鳥と一緒にゆっくりお茶をする週末が楽しみであります。



土曜から雪です。
d0183861_19271044.jpg
ヒト科もネコ科も風邪ひきの多い今日この頃。
(ここまで見事な鼻たれも珍しいんですが)
三寒四温、この時期にはあるあるなんでこういう天気の時は出ない、これに限ります。
d0183861_19321886.jpg
霙に近い重い雪、眺めながら文鳥に己の身の幸せを説き聞かせる。
d0183861_19323248.jpg
文鳥にとっては待ちに待った週末。
いつもよりも長くカゴの外に出してもらえるという喜々とした感じが致します。
d0183861_19325675.jpg
友人手作りの止まり木オブジェ、このところ少し慣れてきたような。
モモヒキ丸出しで小鳥人形を威嚇中。
d0183861_19330778.jpg
日曜の今日は丸一日、一緒にいたのですっかりご満悦の様子。
換羽もかなり進んでいるので、食管理だけはしっかりとやってあげたいと思ってます。
(自分の食管理はダメダメなんですけどね)


怒濤の出張ウィーク、2週間で終わると思いきや来週に追加でまた遠出です。
ここまで終えたもので、市外だった出張を一コマ的に回想。
d0183861_19240943.jpg
私用と公用で良く訪れる街、E市。
ここは新幹線移動です。
d0183861_19242214.jpg
駅前の野良がデカくて可愛いす。
滞在時間2時間、往復5時間以上という尻の割れそうな移動でした。

次はエーゲ海地方のM市。
お昼に町の小さな食事どころに案内され
d0183861_19250374.jpg
キョフテ、ここのオーナーの嫁であるオバちゃん自慢の一品。
d0183861_19252032.jpg
レバーの炒め物。
d0183861_19253299.jpg
デザートのライス・プディング。
これも嫁のお手製で通常のものと全く違いスープのような食感。
d0183861_19264995.jpg
カボチャの甘味も美味しゅうございました。

その翌週、南東部のG市へ。
d0183861_19274439.jpg
G市の近郊は農耕地が広く続きます、真夏は灼熱の地なので今がベストシーズンかと。
遅めの朝食で寄った店で
d0183861_19282284.jpg
レンズ豆スープ。
この土地の名産はラム肉のベイラン・スープというんですが、朝食の時間帯で完売でこの日はありつけず。
朝食にこれまた有名なパイの甘味。
d0183861_19320313.jpg
カトゥメル。
中身にピスタチオの粉末と生クリームがたっぷり入っており絶品です。


毎回、時間があればその土地のものを頂く機会がありますが、ぜひ私用でゆっくり訪れたいものです。
あと一週間、年度末めがけて頑張りたいと思います。









怒濤の出張ウィークも残り一日、来週で終了となります。
今週末は月曜に引き続き、Mさんと某所で待ち合わせておりました。
d0183861_03102608.jpg
雨雲が近付いてるようで、でも日が射しているものの風は強く。
d0183861_03112226.jpg
久々にフェリーでのんびり移動してみました。

待ち合わせ前に問屋街に寄り、あるものを探しておりました。
d0183861_03131905.jpg
多肉植物。
実はですね、この多肉植物を1年も育てられたためしがなく。
d0183861_03145065.jpg
自分の才能でしょうか、簡単なようで実に難しい。。。
d0183861_03191879.jpg
水やりのタイミング、そして器が良くないと反省点は多く。
d0183861_03173193.jpg
目的はこの画像の後方にあるグリーンネックレスです。
値切りも利くんで、割と冷やかしがてら2店から二種の多肉を買ってみました。
長生きさせるように頑張ります。

さて、Mさんと甘味屋で待ち合わせ、だらっだらと長話に花が咲いて居座りました。

談笑後はエジプシャンバザールを物色し
d0183861_03204743.jpg
残念ながら地元にはあまり安くない場所となりつつあります。
石鹸や乾物を購入後、お洒落な店で茶がしたい一心で橋を渡りまして
d0183861_03215186.jpg
橋から眺めるガラタ塔。
割とグレーな風景に虹が出て彩りが実に素敵。
d0183861_03235903.jpg
B級お洒落カフェにて美味からずな飲み物で撃沈。
改めて話に花が咲きました、Mさん、また行こう!


今週は特に出張で帰りが遅くて寂しかったせいか、文鳥が大変な甘えん坊になっている気がします。
d0183861_03084042.jpg
理想、ではありますがベッタベタです。
どこに行くにも付いて来ます。(放鳥中ですが)
土曜日も遅くなってしまいましたので、早めに寝かしつけ翌日の日曜日はじっくりと一緒に過ごしてみました。
天気が良く、日差しがあるとベランダの気温は室内と同じくらいまで上がります。
d0183861_03264216.jpg
この瞬間。
d0183861_03281901.jpg
0.2秒くらいで弾丸のように飛んで来ますから。焦

また今週は帰宅の遅い日がありまして、寂しい思いをしちゃいますね、うちの子。
鍵っ子のいるお母さんの気持ちです。
d0183861_03290978.jpg
可愛くて仕方ない、親バカを実感する今日この頃です。
無病息災、元気に育って欲しいと願います。








大寒です。
d0183861_02553596.jpg
なのに小春日和。
先週の寒さはどこへ・・・。

しかし、週中は東部地方への出張があり、着いた途端に雨から雪に変わりました。
寒い中、早朝の到着だったこともあり朝食をご馳走になる。
d0183861_02533455.jpg
この地方の家庭料理なのでしょうか、直訳すると「酸っぱいスープ」
酸辣湯ほどキレキレの酸味はないんですが、レンズ豆と粗麦の入ったマイルドな口当たりに、後味に強くない辛味の残る絶品スープでありました。温
d0183861_02542090.jpg
スープの次に来たのは、この国の定番クレープ。
この店の真っ正面にオバちゃん3人が鎮座しており、その場で粉を練って鉄板で焼いてくれるお店です。
中身はチーズと朝食の定番であるスジュクというソーセージ。
但しこのソーセージはかなり香辛料が強く(要は臭い)のでチーズのみ頂きました。

仕事途中でこの街の特産品であるアイスをご馳走になる。
d0183861_02535329.jpg
地名がブランドになるほどの有名アイスですが、ここの店が1号店らしく店名はアイスと無関係なオジさんの名前になってます。
d0183861_02545654.jpg
この地方の甘味屋にありがちなセットメニュー、アイスと激甘中東菓子。
風邪気味で喉が腫れていたので、伸びるアイスでどろっと冷やされて気持ちよかったです。


土曜日は小春日和。
冬場は寒くて出られないベランダで文鳥を遊ばせたくらいの暖かさ。
d0183861_03015015.jpg
入浴後、ずぶ濡れのまま朝食中。
d0183861_03095058.jpg
換羽がずいぶんと長く続いてるような気がするんですが、こんなものなのか、、、2ヶ月くらい抜けてますよ。。。
d0183861_03112051.jpg
それでも良く食べ、良く飛び、良くしてます。糞
(前夜遅くまで友人夫婦に遊んでもらい、初めての夜更かしを経験した中学生って感じです)

公園ではいつもの
d0183861_02564560.jpg
いつも出迎えありがとう。
d0183861_02570027.jpg
実にキリリとした表情を向けてくれる美猫です。
出迎えがあれば見送りもしてくれるんですよ、この子。
彼女の生活エリアを出ないようにと気を遣うんですけど、長く背中を見つめられると本当に切なくなります。
この先、寒の戻りが厳しくないことを祈ってます、この子も野良としては高齢の部類です。


日曜は元ご近所のオバさん宅へ。
d0183861_02573008.jpg
いつ訪ねても、お茶とお菓子がさっと出て来る。
実に規則正しい生活を送っているオバさんです。
歩いて5分も離れていない旧住居、他にも3世帯の元ご近所が暮らすマンションですが、一気に寄れないので順番に訪ねますから。

束の間の小春日和、今のうちに風邪を完治させたいところです。


寒波は 去れど雨が続く今日この頃。
雪降る寒さよりも雨の日の寒さは骨身にしみます。
こんな天候だと
d0183861_03151719.jpg
こういう光景が街の至る所で見られます。笑

土曜は久々に友人Mさんと待ち合わせ。
d0183861_03153797.jpg
裏道散策に出掛けました。
かなり歩きましたか、、、案内出来ずに連れ回して申し訳なく。
暖を取ろうと遅い昼食に選んだのは大衆食堂的な某所。
d0183861_03163240.jpg
アルコールこそない店ですが、どちらかというと飲酒の後に行く店です。
d0183861_03171309.jpg
あまりにも寒かったこともあり、ニンニクたっぷりのスープを注文。
このスープ、牛足を長時間煮込んでおりトロトロでコラーゲンも豊富。
風邪を引くと滋養強壮としてよく食べる家庭も多し。

ここは市場の中にあり、生鮮野菜から魚、肉、お土産物もたくさん連なる面白い場所でして
d0183861_03204795.jpg
ピクルス屋、こういったフルーツが果たしてどういう味になってるのか興味はあれど買ったことはないです。

スープで温まった後、これまた市場内にある甘味屋へ。
d0183861_03195318.jpg
新市街ど真ん中、ただこのエリアでは昔から営んでいる老舗甘味屋。
d0183861_03190831.jpg
一般的なこの国のスイーツが勢揃い。
Mさんはマルメロのスイーツ、私はキャラメル風味の汁ダクスイーツに生クリームというお菓子。
d0183861_03180655.jpg
寒いせいか、とんでもなく甘いものを欲しておりました。

寒い中で長時間歩いたせいか、あまり温まることも無く帰路へ。
今更ですが、風邪っぽいです。凹
日曜はひたすら寝倒そうと思うも、同居のこの方もおり
d0183861_03211969.jpg
お休みの日はかまってくれと本当にうるさいお方。
d0183861_03215873.jpg
日に日に育っております。愛
まだまだ換羽途中でワガママなんですが、春までには成鳥になると信じて。
このところ餌入れの脇の空間から脱走することも覚えてしまい、手を焼いています。困

早く春にならないかなぁ。。。