ここ数日、気温がどんと上がり(湿度もハンパなく上がり)暑い毎日です。
d0183861_20182708.jpg
町内猫のみーちゃんは、町内一と言っても過言でなくゴージャスな毛皮の持ち主。
このところ朝から晩まで地面でゴロゴロ寝ております。
d0183861_21105732.jpg
竹内も子離れしたのか(相変わらず鬼母)いつものんきに涼んでます。

さて、引っ越しまで残り僅かとなりました。
先週は市外出張で午前様になったり、電気ガス水道の諸手続きに忙しく、案の定ちょっと体調崩し気味です。
とはいえ、残り少ない週末はフルで動かないと間に合わないような焦りもあり。
土曜は朝から新居の軽いお掃除に出掛け、部屋のレイアウトや必要な家具のサイズを計っておりました。
d0183861_20200217.jpg
この壁の凹み部分にテレビ用のユニットが必要になります。

昼からは車で15分程度の場所にある中古屋通りに向かいました。
d0183861_20283480.jpg
d0183861_20260772.jpg
ここは2キロ近い通り沿いにたくさんの中古屋と安物家具(キズものもあり)アンティークの店が並びます。

先週に引き続き、友人夫婦ともう一人の友人が合流し、4人で散策となりました。
自分の目的は120cmの長さで木製の棚、それ用のものじゃなくても代用出来そうなものも物色しておりましたが
d0183861_20224040.jpg
この手の収納ボックスはアンティークに多く
d0183861_20232711.jpg
物と値段が釣り合わず断念。
新品のものもありましたが
d0183861_20251570.jpg
配送料金が別途になるとお高くついてしまうので断念。
d0183861_20340179.jpg
奥の洋服箪笥上に乗ってるようなものでもいいかな、と妥協しそうになるもデザインも色も好みに合わず。凹
暑さで若干投げやりになりつつ、余計なものに目がいってしまう。
d0183861_20351532.jpg
サイドテーブルはあると便利だけど無くても困らない一品。
d0183861_20242884.jpg
椅子だなー、とか
d0183861_20211078.jpg
犬だなー、とか。笑

友人夫婦も右往左往の末
d0183861_20313746.jpg
遂に目的の乾燥機付き洗濯機と食洗機、そして割と良いブランドの中古食卓テーブルをゲット
d0183861_20330144.jpg
私はこの隣の店で至急必要だったガスコンロを載せるテーブルをゲット。

この後はテーブルだけを車に乗せ夕飯へ。


夕飯後、新居にテーブル運んでくれるということで4人で立ち寄り、なぜか自分以外全員が新居についた途端尿意に襲われトイレ初使用される。(掃除済みでまじ安心)

そして皆に台所を見せて相談したのが
d0183861_20173392.jpg
この余計な棚のせいで冷蔵庫か、もしくは食卓テーブルか、どちらかひとつしか置けず困ってることを告げると
野郎ふたりがどれどれと棚の天板になる大理石をひょいと持ち上げ
d0183861_21152206.jpg
棚ごと台所脇のバルコニーに移動させてくれました。驚
d0183861_21141954.jpg
前の住民も知らなかったと思いますが、簡単に移動出来る棚でした。
(前の住民はバルコニーに冷蔵庫置いてたようです)
持つべきものは力持ちの男友達だとつくづく感動した次第。

この後は友人夫婦宅で深夜まで話し込み
d0183861_21102190.jpg
猫と遊んでから送ってもらいました。

これからが引っ越し準備終盤戦です。
週中には猛暑の某市に出張もあり、体力温存で頑張りたいと思います。
d0183861_20373499.jpg
早く新居に引っ越したい、と段ボールの山に囲まれて荷造り続行です。

余談ですが・・・





More
[PR]
ご無沙汰です。
今月に入ってから怒濤の日々を過ごしておりました。
日曜の今日は休養日、とは言え自宅でバタバタしております。
明日から2週連続の日帰り出張もあり、体力勝負なので頑張りたいと思います。

さて、土曜は昼から友人夫婦と一緒に家具屋巡りしておりました。
友人夫婦は今月末に引っ越しの予定、実は私も今月末に引っ越しすることになりました!

良い物件に恵まれました、カンタのお導きです。信
今回、別に家具を新調とかいう予定は無いんですけどね。
友人夫婦のお誘いもあったし、現在の相場を調べるついでに付き合ってみました。

このところ、この国でもイ○アがウケておりますが、個人的には若干金額と質の釣り合いに疑念もあり。
友人夫婦は先にイ○アを視察済みで、ローカル家具屋と比較したいと思っていたようで、アジア側で有名な家具屋街となるModokoへ行ってみました。

この先は画像でご覧あれ;
d0183861_06050973.jpg
d0183861_19101478.jpg
d0183861_06061430.jpg
d0183861_06065544.jpg
このエリアには450店舗以上あると言われてますので、目星付けて行かないと何日かかることやら。
d0183861_19034373.jpg
大半は部屋毎のセット販売。
例えば居間はソファ・セットとして1、2、3〜4人掛けソファのセット。
d0183861_06174183.jpg
d0183861_19044708.jpg
うまく値切るか、価格そのままでセンターテーブルやサイドテーブルをおまけで付けてもらう、など戦略は色々です。
安めなものだとセット価格10万円から、お高いもので20万円弱。
d0183861_19052502.jpg
d0183861_19041478.jpg
友人夫婦の目当てはソファセットとガードローブ
d0183861_06082146.jpg
日本の一般家庭では考えられないドデカさ。重
賃貸という身分には次の引っ越し、ということもあり得るのでこういう大型家具にはまったく魅力感じません。

自分が見てたのは
d0183861_19085311.jpg
いかにも寝落ちしそうな1人掛けとか
d0183861_19092521.jpg
色の組み合わせが可愛いなぁ、とか
d0183861_19110304.jpg
自分の好みには合わないけど、可愛いんじゃない?みたいな

ちなみに、この友人夫婦宅には猫5匹おりまして
d0183861_06160908.jpg
猫の爪研ぎ対策として布地選びも慎重
d0183861_06164330.jpg
猫が爪研ぎ意欲を喪失するらしい。笑
猫と子供(幼児)のいるご家庭は大変です。
d0183861_06074076.jpg
寝室のセットもちょっと気になります。
d0183861_19164845.jpg
友人夫は「自分の尻が何より正直」と数十個のソファに座りまくり、寝転びまくり・・・
3時間ほどで全員が足腰ガクガクし始める始末。
この後2時間ほど、職場の同僚7名が集まり晩飯の会。
夕飯後、時間は21時過ぎ。
実はこの家具屋街近くにはアウトレットも多くあるということで更に探索が続き
d0183861_19131922.jpg
家電で洗濯機と乾燥機を探す友人夫婦
d0183861_19175935.jpg
実際、多少の傷など見栄えではねられた家電くらいならものすごく経済的な金額で購入可能です。
d0183861_19182437.jpg
この日の下見で友人夫婦は何点が購入を決めた感じです。
自分はというと、小物でいくつか気になったものがあったのでまた再訪しようかと思ってます。

22時近くになり、友人夫婦に拉致られ彼らの新居訪問。
我が街、割と下町なんですが新築物件で驚きました。
最近の新築物件はこの国の最近の住居事情の典型で小ぶりの90㎡、実は私の次の住居と同じ大きさなんですけど、家賃は倍近いんですよ。
私の引っ越し先は新築ではないけれど、それなりに手入れされた中年物件という感じ。
緑の多い静かで良い物件、本当に嬉しくてなりません。

公私ともに怒濤の5月、今は家中に段ボールが転がっている状態なんですけど早く引っ越したくてうずうずです。
次回は進捗状況でもお知らせしたいと思います。
d0183861_19202206.jpg
※友人夫婦宅からの眺め、ここはこれでとても良いエリアです。好




[PR]
あっという間に5月。
割と暖冬だったこともあり花の開花も早かったと思います、汗ばむような日が数日間続きましたが現在は20度ちょっとで吹く風も爽やかです。

カンタの初七日だった日曜日。
d0183861_01453190.jpg
この日を最後にカゴを片付け、豆と青菜、ゆで卵の黄身など好物をお供え。
そして庭先のお墓へお参り。
d0183861_01444972.jpg
李の木の近く、日が差し込むとても良い庭です。
d0183861_01435338.jpg
気持ちの区切りが何となくつきました。
カンタも天国に行けたと信じております。
それでもカンタの移動用のミニサイズのカゴは飾ってあり、お花だけはいつものようにささやかに飾るようにしてあり
d0183861_01515147.jpg
d0183861_02161547.jpg
d0183861_02170635.jpg
ほとんどの花は庭先に咲く小さな草花ですけど
d0183861_01522756.jpg
オレガノの小さなお花を見ると、カンタにはぴったりな気がして愛でております。


1日のメーデーは祝日だったので久々に自転車で馴染みの公園へ。
d0183861_02152370.jpg
d0183861_01584011.jpg
d0183861_02140214.jpg
オダマキの花が色とりどり
d0183861_01563753.jpg
この季節の花は夏に向けてとても勢いがあります。
d0183861_01575983.jpg
花って見てるだけで本当に元気になれます。

そしていつものこの方。
d0183861_01542838.jpg
元気です(愛)
d0183861_01554596.jpg
家族向けのエリアはピクニックに来た人たちで大賑わいなんですけど、猫エリアは割と静かで良かったです。


今月は公私ともに忙しい予定。
しっかり体調整えて、夏に向けて頑張りたいところ。
気持ち的に環境を変えたいという心境になったのはもちろんカンタの一件があってのことですけど、これもまたきっかけとして然るべきことであったと思えるように、しっかりと事を進めたいと思います。

こちらでは結果報告として、近々書こうと思います。





[PR]
突然気温が上昇し、このところすっかり初夏の日差しです。
d0183861_03272671.jpg
陽が沈んでも温かさを感じる、それだけでも夏を感じてしまいます

とはいえ、まだ八重桜やハナズオウが満開で、地面には桃色の絨毯が至る所に見られます
d0183861_03250424.jpg
そして藤の花も満開
d0183861_03263223.jpg
いつもの公園、この季節は毎週末、花を見逃すまいと通います

オダマキがこれから満開を迎えます
d0183861_03235905.jpg


さて

まだ書くには心の整理が付いていないというか、少しづつじんわりと自分を落ち着かせようと思うのですが

3連休だったこともあり、友人が泊りに来ていてカンタとは二度目の対面だったのですが
先回に比べると嘘のようなべたべたぶり

数時間ですっかり慣れ、握りまで制覇
d0183861_03202942.jpg
これには友人も感極まってました
(ウンコされてるけど)
d0183861_03210335.jpg
そんな連休中日
土曜に少し大きめのカゴを新調し、うきうきしてました(飼い主ね)
金曜晩から土曜日も長い時間、カンタを放鳥してじっくり遊んでました
初めての茹で卵(黄身+殻+ハチミツ)が気に入り大食いも披露
d0183861_03215505.jpg
二度目のイチゴ、とにかく興味津々でとことこ歩く姿が実に可愛い


日曜も朝から遊んで、昼過ぎに2時間ほど散歩に出かけ、帰宅すると

たぶん、野良猫がバルコニーの少しだけ開けた窓から侵入したのだと思います

寝室で、冷たくなったカンタの亡骸を見つけ、友人と二人泣きました

詳細は未だ書くに堪えがたいものがあるので割愛させて頂きたいのですが

もしあの時、出かけなければ・・・
もしあの時、きちんと窓を閉めきれば・・・
もしあの時、新しいカゴに入れなければ・・・

いろんなもしが頭の中を駆け巡り、苦しくなります

手の平一握りの小さな生き物でした

ただ、この生き物の不在が今の自分にとってどれほど大きな打撃となったか
自分でも信じられないくらい空虚な気持ちで苦しくなります

ひたすら寂しいです

同じ命は二度と戻って来ることはありません
同じ生き物は沢山いるんですけどね、カンタという魂には今生で会うことができません

一緒に暮らしたひと月半という時間が、自分にとってどれだけ幸せで張り合いを感じるひと時であったか、言葉では表せません
d0183861_03183984.jpg
d0183861_03195683.jpg
ある友人にかけてもらった言葉;

動物たちは、飼い主さんが泣いている意味が自分が亡くなった事だとわからないんだって。
だから飼い主さんが泣いてると心配で、あの世に行けないらしいよ。
カンタちゃんのためにも、少しでも笑顔になって、感謝の気持ちをもってあげると嬉しいんだって。

別の友人たちからは;

飼ってたペットは
自分が死んだときに天国の前で待ってくれてるんだってよ

命は重いですね。
人を喜ばせたり涙を流させたりと、いとも簡単になしてしまう。
efendiさん、自分を責めないで。

ほんとに、心救われる言葉をありがとうございます。

毎朝、庭に埋めたカンタのお墓にお花と青菜・豆をお供えしてます
新しく買ったばかりのカゴは知人に譲り、長く使った木製のカゴふたつだけ、どうしても片付けられずに置いてあります。
d0183861_03253385.jpg
会いたいなぁ
会いたいなぁ





[PR]
そろそろ、この花の季節だなとやって来た馴染みの公園。
d0183861_21521788.jpg
薄曇りのなか、ぼんやりと見える太陽が実に幻想的でありました。
d0183861_21522980.jpg
五部咲き、という感じでしたので今月いっぱいは楽しめるかと思います。
やはり今年は暖冬だっただけに早めの開花で、毎年楽しみにしている花見のひとつ。
他にも八重桜や
d0183861_21495458.jpg
ハナズオウ
d0183861_21515153.jpg
ライラックも香しく
d0183861_21490469.jpg
コデマリ
d0183861_21492828.jpg
d0183861_21494048.jpg
実に色彩豊かな季節です


こんな外界とは裏腹で、我が家には小台風が吹き荒れております。
d0183861_21543188.jpg
もうかなりベッタベタな手乗りになりつつあります。愛

ですがなかなかの反抗期(換羽期)のご様子で、我が家の小さなフィギュアがなぎ飛ばされる日々。
フィギュアに満足出来ないようで、次のターゲットは飼い主である私。
弾丸のような頭突きを何度も食らいます。
甘噛みとはもう呼べない本格的な噛みもありますが、ゆとり世代だと思って優しく叱ってます。痛
d0183861_21523896.jpg
可愛いな、と油断してると
d0183861_21525174.jpg
素早過ぎるわ。

とは言え、この文鳥って生き物の生活サイクルが最近よく分かって来ました。
突然、本当にいきなり睡魔に襲われるようで
d0183861_21541975.jpg
暖かい暖房横のパイプに自ら移動しうたた寝開始
d0183861_21540878.jpg
この隙に頭撫ぜるとかなり恍惚とします
先日は初めてのクルミを大喜びで食べていた最中に突然動きが止まり、もしかしたら文鳥にクルミは毒だったのか?!とまじで救急車呼びたい心境に陥りましたが、よく見ると

ぐー。。。。zzz

寝てましたよ、まだ口の中に入ってんだろ、って体勢で。
まだ換羽明けまで一ヶ月間ほどあると思います。
辛抱、の一言です。






[PR]
花冷えとなったこの週末。
友人と一緒に我が街の公園で花見の予定を立てておりました。
友人とはかれこれ10年ぶり?くらいの再会となり、花よりまずは団子ということでカフェでブランチ。
d0183861_21574874.jpg
何かくれ。

ご飯をねだりに野良猫が寄ってくるんですが、かまうヒマ無しで我々の弾丸トークは続きました。

この時期は毎年恒例のチューリップ・フェスティバルがあり、街中の至る所でチューリップがキレイな季節。
d0183861_21580322.jpg
個人的にはアジア側在住ということもあり、毎年同じ公園を訪れます。
気温が下がったこともあり、さほど混雑していなく安堵。
d0183861_21581655.jpg
ひたすらご堪能あれ↓
d0183861_21591613.jpg
d0183861_22003086.jpg
d0183861_22000895.jpg
d0183861_22004339.jpg
d0183861_22005904.jpg
d0183861_22011271.jpg
d0183861_22022630.jpg
d0183861_21583761.jpg
ムスカリやひな菊もあります。
d0183861_22024290.jpg
桜はこの木一本のみ。

暖冬だったこともあり、ちょっと早めですが9割満開。
あと2週間くらいで見納めか、と思います。


うちの子は日増しにやんちゃぶりがハンパないです。
齧るんですよね、割とテクニック持ってるようで普通に噛む、じゃなく噛んでひねる、みたいな。痛
でも怒っちゃダメなんですよ、このお年頃は俗にいうゆとりなんで。笑
d0183861_22030248.jpg
絵皿の庭で、おもちゃ相手にうっちゃりしてます。
早く大人になって欲しいような(ちょっとは落ち着くらしい)このまま幼いままでいて欲しいような。
親心を痛感です。

[PR]

このところ、暖かい日が続いております。

コンニチワ、文鳥です。(カンタロウ)

d0183861_17295136.jpg

日々、子育ての幸せと空腹の間で戦ってますけど、文鳥について話しているのを聞いた人にはヒト化の子持ちと思われます。

帰ってきて、オヤツ食べさせながらカゴ(部屋)の掃除。

その後、iPadで動画(主に文鳥のさえずりもの)を見せてる最中に夕飯の準備。

夕ご飯の支度が整ったら部屋に戻り、手乗りの練習。

d0183861_17305531.jpg
せわしないので、シャッターチャンスを逃し易く
d0183861_17305241.jpg
0.2秒後には飛んでますから。凹


換羽期というのは鳥にとって難儀な時期のようです。

体調も思わしくないんでしょうね、うちの子は外見とても元気に見えますけど。

栄養価の高い餌を探し、主にハチミツ風味のエサと松の実、先日市場で見つけたエンドウマメを与えています。

豆苗が大好きなだけに、青豆の類は食いつきが宜しく母嬉し。

松の実もあの体の大きさ(20~25グラム程度と思う)で一粒食べ切るというのはたぶん吉野家の牛丼大盛りとかそんなレベルと思いますが、えらいお気に召してくれた様子でまたまた母嬉し。

この調子で換羽期を乗り切ってほしいぞ、息子!

d0183861_17295794.jpg
旬のイチゴも初体験、の図


知人から聞いたところ鳥の入浴の水にレモン汁を数滴たらせ、と。

羽の色艶がよくなるらしい、確かに飲んだりもしますのでビタミン補給になればと実践。

d0183861_17305023.jpg
頭部がどんどん黒色の羽に変わってきていることもあって、濡れると男前な感じで母嬉し。
d0183861_19211446.jpg
d0183861_19211098.jpg

これから初夏にかけて日照時間が長くなりますけど、基本的に就寝時刻は日没に合わせてます。

成長の速度に合わせた感じでいいのかな、と思いますが今はまだ幼鳥です、一通り遊ぶとすぐにネムネムです。

冒頭の画像、まだ集中暖房か稼働する時期、暖かいパイプを発見して止まり木のようにウトウトしてます。

母としては「部屋で寝なさい」と言いたいところ。

なので携帯を取り出しでおびき寄せます。

文鳥動画を見せると携帯に飛び乗るので、そのままカゴの入り口に運んでサヨナラです。

d0183861_17304604.jpg

まだまだ子供、やんちゃなもんですが楽しく育ててます。



ときに、竹内

文鳥も好きだけど猫も好き。

もちろん日々猫らの観察もしてるんですよ、カンタが食われない程度に。笑

で、二度目のご懐妊のあと、気が付いたらすっかりスリムな産後状態で驚いたんですけど

早朝にご対面となりました、竹内そっくりなお子様たち。

d0183861_17295441.jpg

計算すると2ヶ月目くらいでしょうかね、半年くらいまではきちんと子育てするはず。

いろいろと賑やかな我が町内です。春





[PR]
このところ、実に規則正しい生活をしています。
d0183861_14274840.jpg
理由は子育て、です。
この時期(生後4か月までと言われてます)きちんと面倒見ないと成鳥になった時に矯正が難しくなるという非常に大切な時期、であります。

うちの子、カンタはそれでもマニュアル通りの子で世話が楽な部分も多いんですが、人間でいうと11歳らしい。
家に帰り、自分の食事の支度を惜しんでカンタの放鳥を行います。
1時間半くらい、一緒に文鳥動画鑑賞↑上記。

この年頃ってのはヒト化と大差なく、iPadとか携帯とか大好きですね。困
d0183861_14274488.jpg
ドラマも好きでした。

最近なんですが、頭の天辺が徐々に黒に変わってきました。
冬に生まれた文鳥のヒナは春先に生まれて初めての換羽期を迎えるようです。

一説によると、この時期は大変体力消耗し、しかもイラつくらしい。
うちの子に関してはまださほどそういった兆候は見られませんが、栄養価の高い食べ物とか、とにかく時間を見つけては調べまくっていて自分のご飯も忘れがちです。
最近、近所のペット雑貨の店で薦められて買ったボレー粉
d0183861_14340620.jpg
お薦めされたのはミックスタイプということで、赤土や貝殻、炭などが入っておりました。
ただ、日本の市販品と違って洗ったり乾燥させる手間が要らないようです。
とは言え、この国と日本の説明や使用方法には違いも多くどうしたものかと思いましたが、日本の説明に従うことにしてボレー粉は別容器で鳥かごに置いたところ、モーレツに食べ始めました。驚

そして、与える前までの糞と与えた後の糞が明確に違うことに驚愕。
割と水気の多かった糞でしたが、たぶん耳たぶの固さでは、と。笑
要はちょうど良い固さ、布地の上にされても染みが付かないのです。
(もちろん、されたらすぐに取るという状況においてですが)
鳥は食べて美味しく、飼い主は処理が簡単。
健康云々は別として非常にありがたい食品であります。


で、日々何かしらの進展があり楽しくてしょうがない文鳥飼育ですが
遂に
d0183861_14274173.jpg
握り。

日没後の薄暗い中、自ら手の中に潜り込んで来ました。
身体や頭、顔を撫ぜると喜んで身を任せます。
この調子で少しづつ触れる時間を増やしていこうと思ってます。

とは言え、自分の夕飯時刻が遅くなりグーグーお腹が鳴るんですが、この文鳥愛に満たされているので平日は当分このペースで生活するつもりです。


[PR]
日本の言葉にあるように、三寒四温とも言いますが花冷えとは実に情緒ある良い言葉と思います。
週末は小雨混じりでとても寒い日となりました。
用事があり新市外へ、友人と待ち合わせるまでの時間つぶしに某教会へ。
ここは数年前の勤め先が近かった当時はよく寄った場所でもあります。
d0183861_19422937.jpg
鉄板仏教徒ではありますが、この手の場所は同じ匂いを感じます。
d0183861_19424463.jpg
先日のご近所のオジさんの急病と同じ時期に、日本でも知人が同じ病で病院に世話になったとか。
自分の身内も含め、回復祈願という心持ちです。
イスラムの国のキリスト教会、仏教徒的な場所はさすがに存在しませんが、神様はひとつと信じてお参りしました。
d0183861_19425319.jpg
友人親子と散策した新市外、いつも他愛も無いおしゃべりやカフェ巡りが気分転換になってます。


 さて、我が家のカンタは日々成長しております。
d0183861_19432092.jpg
お互いの距離は顔から計ると30cm程度まで縮まりました。涙
やはり、距離を縮めるには時間が必要と実感してます。
あまりにも恐がりで、本当にこのさき良い関係になれるのか、不安が大きくネットで調べまくったり質問しまくりでした。

平日は帰宅してから晩ご飯食べずに(正確には作る時間を惜しんで)つきっきりで放鳥。
最初は警戒されていたこともあり、文鳥の動画を探して釣ってます。
これがまた功を奏したようで
d0183861_19435906.jpg
夢中になってます。
その隙にちょっと触ったり、手を近づけて警戒心を解こうとこちらも必死です。
d0183861_19430696.jpg
学ぶ気あるかも、と思うのは気のせいでしょうか。。。
d0183861_19441213.jpg
芸のある文鳥動画を見せて
あんたも頑張ればこのくらいできるはず!と言い聞かせてます。

ちなみにネットで言われていた
文鳥はオモチャの類いはあまり好まない、というのはうちのカンタには当てはまりません。
テーブルの上の小物を振り回して遊んでいます。
特に面白かったのが、同じ鳥類だろ、というフィギュアを集中して張り倒してたりします。
d0183861_19442951.jpg
(他の2匹は鳥類ではないにせよ、謎の動物です)

いつかこの手に握りしめたい。
夢が叶う日は果たして訪れるものでしょうか。。。













[PR]
今の住居に引っ越して、1月で丸2年となりました。
まだ2年、以前の住居は14年も暮らしましたのでね、まだまだっていう感じもします。
とはいえ、お向かいに住むご一家とは引っ越し早々色々と声掛けしてくださったり、お茶に伺ったり、はたまた我が家にもお茶お呼びしたりとほのぼのとした交流が続いております。

この家のオジサン(このイラストは参照ですけどマジ似過ぎ)76歳でとてもおしゃべり好きな方です。
d0183861_19252960.jpg
先日、帰宅のときに偶然お向かいのドアが開き、オジサンが出て来たのでご挨拶したところ
d0183861_19124770.jpg
何やら難解。
意味不明な声が口から発せられているばかり。
何やら身振り手振りで呼ばれてる感じがし、家の中を覗くと台所に奥方がおり、私に気付いて玄関先に来て説明してくれたところ、2週間ほど前に突然会話ができなくなり、慌てて救急病院へ行ったとのこと。
診断結果は
d0183861_19342723.png
実はこれ、昨年夏に実父が患った病です。
我が父は軽度で、しかも2度目のことだったということで特に大きな障害はなく、1週間以内の入院で事なきをえました。

さて、このオジサンはというと言葉を失ってしまったという、でも失語症ではなく構音障害と思います。
2週間ほどの治療&検査入院で先日帰宅した、とのこと。
なんとも、、、自分の身内のこともあったので大変悲しくなりました。
このご一家、息子さんが欧州に、娘さんは同居ですが体が不自由であり、この老夫婦のことを思うとご近所という関係ではありますが、なんとも気がかりであります。

翌日はお見舞いに、お花とノートペンを持って訪ねてみました。
オジサン、しゃべることができないゆえか、ものすごく体の動きが活発化しててわろた。
もともとがお話好きでありますので、話すことができないストレスというものは想像以上かと思われます。
但し、まだ病み上がりという時期なので、こんなんで興奮してまた詰まった、となると責任重大かと思い30分程度で退散致しました。笑
d0183861_19132811.jpg
不幸中の幸い、それは身体的な障害がなかったこと、そして失語症ではないことですね。
何事も前向きになって欲しい、と筆記用具を贈ったわけです。
話すことを筆談に変える、これもまた慣れるものと思います。
幸いにも書くこともお好きなようで、大胆に1ページ1文字とかいう使い方してましたけど、それで気持ちが晴れるなら何冊でもノートを買ってあげたい気分です。

元気にぽっくり。
ものすごいギャップのある言葉ではありますが自分の理想、です。
いつかはみんな逝くんですよ、ただ逝き方という意味で心の準備ってものは常日頃必要かもなぁ、と感じます。
それは他者であれ自分自身であれ、ですが。


さて、年度末に加え、いろいろあって帰宅が日没後になってしまう今日この頃。
カンタを充分かまってあげられず、若干ふて腐れたような。
d0183861_20031161.jpg
こんなんで手乗りに育てられるのか、、、。
4か月間という目安で成鳥になるまで、時間をとってコミュニケーションを取りたいと思います。
d0183861_20031405.jpg

[PR]