2018年 08月 31日 ( 1 )

休暇も終わり、すっかり元の日常です。
d0183861_19521397.jpg
日常=ぬこ
季節はもう秋に向けて涼しく、と言いたいところですが気温はまったく下がっていません。汗
d0183861_19522145.jpg
猫たちがぐったりと昼寝する姿ばかり多く目につく中、活きの良いのが飛んだり跳ねたりする姿は微笑ましい限り。
d0183861_19522919.jpg
あまりやんちゃだと首根っこ掴んで可愛がってやりますけどね。


週中に祝日があり、この日は友人のMさんとお出かけする予定を立てておりました。
場所はアジア側の某所、ボスフォラス海峡の黒海側入り口に近い場所で移動にはかなり時間がかかりますが、冷房の良く効く市バスで移動することにしました。
d0183861_19523706.jpg
若干油断してました、やはり猛暑は猛暑。汗
着いて早々、腹ごしらえに海沿いの店へ。
d0183861_19524531.jpg
アジのフライ
d0183861_19532182.jpg
友人は鯛の開き(なぜか開いてた)
猛暑なのに熱々のデザートをサービスされる。汗
d0183861_19532956.jpg
これはゴマペーストのお菓子、ドロドロ熱々です。
嫌いじゃないんですが外気温30度以上の屋外で食べるものじゃないですね。死

腹が満たされ、正午の炎天下に怯えながらも近くの城へ。
坂道を上ること20分程度、距離的には大したことないはずですが暑さのせいで死ぬほど汗かきました。絞
d0183861_19534820.jpg
静かな田舎、って感じです。
d0183861_19533979.jpg
眺めはサイコー
d0183861_19550241.jpg
曇ってますが、日差しがないとかなり楽。

ようやく見えてきた城はローマ時代のもの。
d0183861_19543958.jpg
ここからの眺め、黒海方面には第三大橋が見えます。
d0183861_19544671.jpg
2016年に完成、昔は広々とした良い眺めだったんですが。
d0183861_19545427.jpg
この辺りは野良天国。
暑すぎて、ヒト科も許されるなら寝転がりたいと誰しもが思ったはず。

下りの途中で水分補給し、市バスに乗って再び移動した先で
d0183861_19551009.jpg
この地区の名産、カンルジャ・ヨーグルト。
この国では珍しくデザート感覚で食べるライトなヨーグルトです。
製造場所で一個、移動したカフェで二個目も食べる。
d0183861_19555496.jpg
夕暮れ時でしっぽりと良い雰囲気。
d0183861_19554916.jpg
欧州側の眺めと雛カモメ。

のんきにお茶してますが、気温はさほど下がっておらず暑いことに変わりなく。
d0183861_19560180.jpg
再び市バスにて帰路に就く。
友人はフェリーで対岸へ、自分はバスを乗り継ぎ帰宅しました。
痩せていないはずがない、そのくらい汗かきました。
(実際には体重変化なし)

秋か春先の涼しい時期がおススメですね。暑
d0183861_19535454.jpg
とはいえ、友人は20年ぶりの再訪ということで感慨深いご様子。
私も数年ぶりの再訪でした。
次は涼しいときにまた来たいなと思います。

さようなら、8月!!!

[PR]