晩秋の思春期

今年は冬の到来が遅いと、週末は天気が良いと外出することが多かったんですが、遂にそれなりの寒さがやって来たようです。
d0183861_03074970.jpg
久々に寄った公園、うちの子が束の間の日照をベンチで井戸端しておりました。
今年産まれ、早々に去勢されたニューフェイスと仲が良いのかと思いきや
d0183861_03080525.jpg
うちの子はこの公園の年功序列で言うと上の方であり、新人教育は得意の猫パンチでした。笑

それにしても、雨が続いた後だけにかなり底冷えします。
d0183861_03085063.jpg
紅葉こそないけれど、黄色から茶色に変わる木々の葉を見ると寂しくなります。

こんな気温なので、もうバルコニーで寛ぐことはできず
d0183861_03065728.jpg
それでも先週末はかろうじて2時間ほどバルコニーで水浴び。
換羽もまださほど激しくないようで、未だに産毛でびしょびしょになってます。

今週は毎日、帰宅してから暖かい居間に水浴び用の容器を容易すると思い切り飛び込んでいたので、やはりなんだかんだ言って(鳥は言ってないんですが)水浴びが好きな様子。
出張が今後も2週間単発で続くんですが、寝る前のひとっ風呂的に浴びさせようかと思ってます。
なので室内の温度には気をつけたいところです。(風邪ひくのか?え?)

日本の友人から送って頂いた豆苗の種、ようやく大きくなり収穫。
d0183861_03072280.jpg
なにぶん臆病な生き物なので最初が肝心。
一口頬張って
「???・・・
となった瞬間が見てて分かり安かったです、その後はモーレツに貪っておりました。笑

とはいえ、このような小さな身体(推定20g強)でどんだけ食べられるか、、、いつも大きな小松菜(に似た野菜がこの国にも在り)を一枚毎日差しておくんですが、調子の良いときは5cm四方を食い散らかし、摂取できてるとしてもたかが知れております。
とは言え、毎日どうしても野菜は与えたいと思い常備しています。
新聞紙に包んで冷蔵庫に入れとくと2週間は持ちます、途中自分も調理に使いますが。
d0183861_03071033.jpg
東京のMちん、ごちそうさまです!

週末は本当にべったりで、且つ思春期真っ只中です。(推定ですがヒト科に換算すると12歳)
何やっても気に食わないというか、その割りには甘えっ子で後ろから追いかけてくるんですが、鳥のくせに最近は床を走ってついて来ようとするので、うっかり踏んづけてしまわないかとヒヤヒヤです。怖
っていうか、先日は夢の中で職場の上司に窓を開けられ文鳥が逃げ、驚いて目が覚めたました、早朝4時。凹
育児ノイローゼにならないよう気をつけます。笑

調理に時間かけることがめっきり減った昨今、今日はお昼にパン屋でこのようなものを買いました。
d0183861_03093992.jpg
この国ではどこの家庭のお母さんも作りますね、ギュル・ボレーイ。
ギュルとは薔薇を意味します、薄く焼いたクレープのようなパン生地に味のついたジャガイモやホウレン草を包んで丸く巻いたもの。
おかずパンに近いでしょうかね、冷凍保存も出来るので便利な一品です。
そういえばこのところ保存食も作ってない、、、早く子育てが一段落しないと。笑

とはいえ、ちょっと自分がのめり込んでる感じもありますので子離れの努力も必要でしょうか。
換羽が終わるまで、と自分に言い聞かせて少しずつ自分のペースを取り戻したいところです。

d0183861_03092468.jpg
今日の公園で会ったニューフェイス、たぶんまだ生後半年も経ってない子ぬこ。
鳥も良いけどぬこもなかなか。
首根っこ掴んでもこの表情、本当に可愛いです。愛

外(猫)でも内(文鳥)でも実に満たされている今日この頃です162.png




[PR]
by efendi | 2018-11-18 03:05 | 文鳥 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/27224323
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。