島観光

平日の夜、寝床に潜った時に突然思い立ちました。

島へ行こう!
d0183861_04235087.jpg
※今日は建国の父が崩御した日、半旗となってました。

この島に行きたくなるタイミング、たぶん何かしら溜っている時期だなぁ、としみじみ感じます。
思い立ったときは既に深夜、突然のメッセージに快諾頂いた友人Mさん、本当にありがたい存在です。

彼女は今年の1月に訪れた様子、自分は2年前に海水浴で大島に訪れております。
今回はこのプリンスィズ諸島で二番目に大きな島となるヘイベリ島に行くことにしました。
ここは野良天国、イヌもネコも多い島です。
d0183861_04242348.jpg
d0183861_04240888.jpg
看板ネコ多し。
まず、我々は秋のしっぽりとした島を歩いて神学校へ向かうことに。
d0183861_04243721.jpg
この島には車がありません、軍の施設で使用する車両以外は島民は電動バイク、自転車、馬車が交通手段です。
のんびりと、木造家屋を眺めつつ
d0183861_04262445.jpg
d0183861_04313824.jpg
何度も来たことのある島です、廃屋になりつつあるいくつかの木造建築の中にはお気に入りの建物もあります。
d0183861_04254586.jpg
十数年、この建物は廃墟になりつつありますがデザインがとても気に入っています。
d0183861_04260748.jpg
今回気が付きましたが前面しか再利用出来ない感じですね、側面はかなり崩壊していて悲しいです。

さて、目的地の神学校。
70年代に閉鎖されたギリシャ正教の神学校となります。
d0183861_04271064.jpg
小高い丘の上からは隣の島も眺めることが出来ます。
d0183861_04542901.jpg
閉鎖されているとはいえ、ここは未だにギリシャ系の多くの人間がきちんと管理している施設。
d0183861_04544729.jpg
学校内部は一部ですが見学可能。
d0183861_04293441.jpg
(突き当たりに卓球台があったのは謎ですが)
d0183861_04292000.jpg
こういう場所なので、ギリシャ人の訪問者も多いみたいです。
d0183861_04301503.jpg
隣接の教会は立ち入り禁止でしたけど、クリスマス時期には開放されるかもしれません。
神学校ということもあって校舎内部には参拝用のローソクもありました。
d0183861_04295530.jpg
※こういう場所に来てお賽銭あげてローソク灯すのはある意味礼儀と思うので毎回どこでも灯してます。
d0183861_04305994.jpg
庭の手入れが実に行き届いている、実に清潔な施設でした。
d0183861_04311775.jpg
アンティークの店が数店ありますが冬場は不定期で開店してることもあり
d0183861_04322944.jpg
 ネコの溜まり場と化してます。

軽く食事して、帰路へ。
d0183861_04330169.jpg
どこも野良でいっぱい。

久々に酸素濃度の高い島で息抜きできました。
d0183861_04265186.jpg
島は混雑しない夏より秋春がおススメ。
次は春かな、Mさんまた誘おうと思います。







[PR]
by efendi | 2018-11-11 04:22 | 生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/27212503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。