煩悩と老い

昨年末から何かと予定が埋まっている週末。
その間にさっくり寝込んだりもしていて更に予定が滞っていて、心に余裕なくおりましたところ自称H&MのコンビであるH爺さんから電話が入り「どこにおるんじゃぁ!!!」みたいな呼び出し。笑
本当はもっと早くに訪ねたいと常々思ってはいたんですが、向こうから呼び出しかかるまで放置しており申し訳なく。

この週末に訪問、生存確認できて安心してます。笑
爺さんのいる場所は公園の近く、もちろん寄らずに帰れない公園。
d0183861_02111962.jpg
この子ともまじ久しぶりの再会で、寒中見舞いに猫缶2個も持っていきましたから。
d0183861_02113576.jpg
(後ろ足ぶらーんって)
久しぶりでしたがいつものように、にゃーん言いながら出迎えてくれました。
d0183861_02112785.jpg
久しぶりのせいか、写真をなかなか撮らせてくれず人見知り。
d0183861_02111174.jpg
(ニューフェイスのハンサム登場)
曇り空で気温も低く、実に寒々とした一日ではありましたが猫らのおかげでほっこりしました。
この日は用事を済ませ、帰り際に旧住居でのご近所さん(2階上にお暮らしのオバさん)にばったり遭遇。
旧住居は建て直しが昨年秋に完成し、賃貸者以外はほとんどが2年ぶりに戻って来ております。
大半の住民と仲が良かったのですが、たまに電話するくらいでなかなか足が向きませんでした。
自分には帰る家ではありませんしね、皆さんは私のことを懐かしく思い出し呼んでくれるんですが。

で、遭遇したこのオバさんから元我が家上階のお爺さん(推定96歳)が新居を見ることなく3ヶ月前にお亡くなりになったと聞いて大変落ち込んでおります。凹
お爺ちゃん、まじ達者で見た目は70代(既に90代当時)でしたから。
大差ないように思えますが、20歳も若く見えるって相当じゃないですか?笑
買い出し担当でいつもマーケットや市場に行って買い物するのがお爺ちゃんの役目、道で会うと買い物袋持つのを手伝ってあげたり、お爺ちゃんのデジタル時計の日付設定とか頼まれて家に上がったり(単に中国製の時計ってことが呼ばれた理由、アジア系はみな同じ)お菓子もらったり、書き連ねるといろいろなんですけど、そういうほっこりした関係でありました。

来月にはお悔やみに行かねば、と思ってます。
このお爺ちゃん以外にも馴染みの貴金属店のオジさんとか、肉屋のオジちゃん達とか、仕立て屋のH爺さんとか、近所のオバちゃん連中とか、気が付くと年寄りばっかりですね。笑

こういうことに関係があるのか、最近つくづく自分には購買意欲がないと感じてます。
気に入って買う、というものがゼロ。
公式の場に出席する為に買わないといけない洋服や靴など、強いられて買うものに愛着が沸くことはまずありません。
お金を払って当然と思えるのは生きていく為の食材のみ、それは至って簡単な理由です。
食べないと死んでしまうから。

若い頃は小さな雑貨ひとつ買っても幸せな気持ちを味わえたなー、と思い出します。
物質に対する執着、今となっては気持ちいいくらい興味も関心もなし。
先日、買うべきかどうか物を手に取った瞬間、
「死んだらあの世に持っていけないし」
と思って買わなかったくらい、どうしたんだよ、俺、ですね。笑

このところ何かが自分に不足してます。
それが一体何であるのか分からないままですが、分かった瞬間に人生観が変わるのではないかと思うくらい、それは自分が必要としてるもののような気がします。
d0183861_02121090.jpg
こんな煩悩の一個足りない自分の目の前を
d0183861_02121783.jpg
竹内が横切る。

こいつ、またもや腹ぼてでした。
春を目前に出産予定です。凹
竹内にあって自分に無いもの、あくまで自分は人間で良かった、と思います。
(ちなみに購買という行為がないだけ、竹内の方が格は上かもしれません)
d0183861_02110250.jpg
最後に余談ですが、2週間前に受けた試験の合格通知が届きました。
不本意な点数ではありましたけど、合格だったことは幸いと思うことにします。
同じ日に、甥1号の高校推薦入試の合格内定があったようです。
サクラサク、自分よりも甥の報告の方が当然嬉しいことでした。

春になったら、もうちょっと元気になれるかなー。遠




[PR]
by efendi | 2018-01-28 03:19 | 生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/26391997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Amelia42 at 2018-01-31 16:33
Sさんの話、うん 怖いわ。
何がこの世で怖いって、人の感情に他ならないって思いますね。
二面性があるといっても、どちらかが優勢なはず。
その優勢さは、環境やその時々で変わるものなのかもしれないけれど、その変わり身の速さは尋常じゃない。
どこか深いところに本当に闇が潜んでいそうです。それは本人も気づかないくらい奥深いところで。

購買意欲が無いこと、何となくわかります。
衣服や装飾品、全くもって興味なし。女捨てたかと言われてますが、何とでもお言い です。
ついでに化粧品もか。なんでしょうね。足りてないの。。。

ときめき? 恋? そんな感情でしょうか?!違うか。
Commented by efendi at 2018-02-05 03:31
> Amelia42さん
ご本人がきっぱりと態度を変えたのがすごい早くて、私も「え?」と戸惑うくらい瞬時の出来事だったのが一番の驚きだったんですが、その時にこちらも日々疑問に感じていたものが正しかったと思える瞬間でもあったんですよね。あれ以来Sさんは全く話しかけても来ませんし、仕事上のこともきっぱりと拒否した態度をとっています。家庭内の話も外部から聞くことがあるんですが、とても亭主関白だそうで、奥様への圧力が酷いようで狭いコミュニティ内では徐々に懸念の声もあるようです。
私は今後かなり気をつけたいと思っているので、今のように距離置く感じが一番安全と思います。表情の変わるあの瞬間、今思い出してもゾッとするんです。怖いよー( ;∀;)