初風邪

曇天の空
d0183861_22550691.jpg
実は先週土曜から寝込んで今日で3日目。
若干の回復を実感中。

実は木曜の就寝時に、ひどく寝汗をかいていたので熱でもあるのかと思い、計っても平熱。
体内に熱が封じ込められているような嫌な感じがしたまま金曜は普通に勤務。
土曜の朝、37度ちょいの熱があり、身体の関節が痛み特に腰がひどく痛むも鼻も喉も平気、ただ肺の奥深くから来るような妙な咳がちょっとあり、どうしてもキャンセルできない用事があったので午前中は外出。
気力ででかけたものの、午後からの予定は絶対に無理っぽい気がしてキャンセルし、午後から寝込む。
市販の風邪薬を服用して様子見てましたが、ぜんぜん効かず日曜の早朝に38.5度を超えた時点で近所の総合病院の救急に駆け込みました。

実は、インフルなんじゃないかと疑っておりまして。
感染源が職場におり、10日ほど前に日本へ出掛けていた人物で(日本滞在は一週間)週明けには既に咳き込んでおり、いつ感染してもおかしくないという戦々恐々とした気分で小さな会議室に籠らされていたのでした。

どんなにやんわりと「休養とって下さい」と伝えても、なぜか職場に来る、大事な用件は全く片付けてくれないのになぜか来る。
当の本人は軽く済んだようで胸くそ悪いので、あくまで感染源だと思いたくないので放念することにします。苛
この国の諺に、Kötüye birşey olmazというのがあります。
悪い奴には何も起こらない、というのは直訳ですが、悪運強しって感じでしょうか。糞


暖冬は相変わらず、先週末は15度以上になったこの街。
寒くない冬はやはり何か調子が狂いますよ。
d0183861_22551861.jpg
初のリニューアルとなった林檎シリーズ、青。
d0183861_22554389.jpg
なんかマスク・メロンっぽくもありますかねぇ。
深めで厚手なのでより立体感が出ました。
d0183861_22555293.jpg
赤リンゴ
d0183861_22560120.jpg
もちろん寝込む前に作ったものです。
今回の風邪、病院での処置は尻注射一本。
若い看護士に尻だと言われた時の喪失感というか、病人なんですけど、と思わず言いそうになる。凹
失うものなどありませんけどね、その若い看護師に
「右にしますか?左にしますか?」と聞かれ、好きにしてください、と言うより他に正しい応え方ってありますかね?
(利きの尻ってあるの?)
痛くないですからね〜、って言ったくせに叫びたいほど痛かったです。

注射のお陰で関節痛と頭痛から救われ、この隙にと洗濯と調理を済ませ、翌日は注射の効力も続かず頭痛と関節痛でずーっと寝てました。(こんなに眠れる自分が怖い)

未だにインフルじゃないかと疑ってます。
この国の医者でインフルの検査を行ってくれる病院や医者、未だかつて出会ったことがありません。
確かに、罹ってしまったら静養する以外に方法はないようなので、何はともあれ病院に行って熱を下げるなり痛みを取る為の処置は必要かと思いました。

こういう時に炊事って本当に面倒です。
特に食欲もないので更に面倒。
馴染みの友人に電話したところ
d0183861_23365637.jpg
ありがたいんだけど、実際なにが言いたいかというと

剥いてくれ。

でも言ったら光速で殴られそうな気もしたので、ありがたく受け取っておきました。
ても剥けるミカンが限界ですけどね、今のところ。(バナナ買ってくれよ、とも言いたい)

3日間寝たきりだったので、今日は買い出しに30分ほど外出しましたが、一気に老け込んだようでまじでやばいと感じました。
明日は職場復帰です、でもたぶん午後になったら帰宅かな、と思います。凹







[PR]
by efendi | 2018-01-09 23:51 | 生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/26335364
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。