竹内の子

お題では何のことやらさっぱり分からないでしょうね。
d0183861_16074708.jpg
何度もこちらで紹介させて頂いております、竹内(結子)です。

この竹内には乳飲み子が4匹おりまして、目ヤニの多かった子に治療(点眼)を続けておりました。
この子たちは我が家お向かいにあるオフィスビルのガードマンさん(超が付くほど猫好きな方)に面倒みてもらってます。
このガードマンさん、巣が道路沿いに面してることも有りがっつり前面を高さ1mほどの板で閉ざしてしまい、この夏の猛暑で風通しが悪いのにと若干心配しておりました。

5日目の点眼をしに行った時、こつ然と子猫たちが消えておりました。
母猫の竹内、心なしかボー然と立ち尽くすばかり。
d0183861_05552994.jpg
他の2匹が若干慰めてる感もあり。(あくまで想像)

ガードマンのオジサンは突然居なくなったのがショックで、この界隈をくまなく捜索したそうですが見つからず。
母猫の引っ越し説、泥棒説、等、ありますが個人的にはあの猛暑の中で板張りで密閉された子猫を人間が救済したのでは、と思っておりました。
(オジサンは相当ショックだったようで、オフィスビル内のいろんな人に慰めの言葉をかけられてました)

あれから10日間ほどが経過。
朝出かける際に庭を眺めると
d0183861_05552886.jpg
子猫たちカムバック。

案の定、ではないでしょうか。
猫好き住民の多いエリアですから、しばらく預かって面倒みてくれていたと思いますよ。
子猫たちの目も完治しているようで何よりです。
10日程度でかなり大きくなりましたね、飛び跳ねまくってます。
d0183861_14255367.jpg
d0183861_14192836.jpg
d0183861_14255318.jpg
竹内母もこれで一安心、でしょうか。
(それよりも子供たちがやんちゃ過ぎで目がうつろです)


今週来週と怒涛の出張スケジュール真っ只中にあり、第一弾は一泊で猛暑の街におりました。
d0183861_05552818.jpg
2年間暮らしたこともある街、暑さもまた懐かしや。
d0183861_16025252.jpg
朝食にボヨズ
束の間ですが堪能しました。




[PR]
by efendi | 2017-08-18 18:00 | 生活 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/25362784
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Amelia42 at 2017-08-19 06:55
ガードマンのおじさん、しみじみ良かったですね。
っていうか、日本じゃあなかなか無いことですな。
こんなに猫が愛されるなんて(再認識)
ちなみに今さらですが、犬よりも猫ですか?
そんなことを思った今朝。
Commented by efendi at 2017-08-20 18:37
> Amelia42さん
個人的には犬も猫も可。ちなみに野良犬も日本の2倍以上の体格の良いのがゴロゴロおります。
ただやはり犬はガタイが良いだけに怖く感じる事もあって猫の方が扱いやすいですよね。
この国自体、犬も猫も同等の扱いを受けていると感じます。
庭の子猫たちは朝晩元気良く4匹揃って遊んでおり微笑ましい限りです。(昼間は暑くて、でも4匹一緒に並んで寝てます)