初冬の創作

翌週は大雨、という予報を前にべいべーに乗れるタイミングを逃してはいけない、と遠出を計画。

d0183861_06204194.jpg

気温17度、もうこんな温暖な気候は今年最後かも。
遠出とは言え行く場所はいつも馴染の場所であります。


公園。

d0183861_06204030.jpg

辿り着くまでの道のりは距離的には片道約5km。
この国のバリアフリーはまだまだ後進国と言えるんですが、都市開発工事で大型車の往来も多く要注意です。疲
(歩道と車道の段差ってのも、冗談みたいに途中で落とし穴的な段差になってて危険です)

自転車は公園内でようやく安心して乗れる感じです、引っ越す前は毎日のように自転車に乗っていたなー。懐

d0183861_06204004.jpg

この日も、ぬこに木登りを披露される。
(下り方は豪快でしたけどね、さすが成猫)

メリハリのある生活を、というのも平日はもっらぱ太陽を拝めない生活なので週末になるとアウトの傾向があります。
では、平日は何してるのかというともっぱら

d0183861_06204191.jpg

鏡餅兄弟

d0183861_06204136.jpg

白ハリネズミ(正確にはアイボリーですけど)

d0183861_06203824.jpg

里子を懐かしんで黒猫ボンネット

d0183861_06203814.jpg

これはもう、神の降臨で思わず作った雄鶏

d0183861_06203981.jpg

トサカが命

目下、大雨の週明けとなってます。
今後は10度以下に気温が下がる予報、ちらほらとこの街にも雪が舞うだろうと思われます。

しっぽりとした秋はもう終わりです。


この先はちょっと身内ネタになります。。。




確か、木曜か金曜の晩、いつものように暗がりをてくてく家路を目指していた時。

ふと、です。
伯母の夫であるおじを思い出しましてね。
なんでいきなり?という感じでしたが、歩きながらぼんやりと今年の帰省では訪ねられなかったことを反省し、来年の夏は顔を出さなきゃなー、と。
(おじは高齢で白血病を患っており、進行が割と遅い(高齢者にありがち)ということで日常的に治療を行っていたと聞いてました)



危篤の知らせを受けたのが土曜のこと、チャリでの帰り道でした。
虫の知らせ、というものがあることを確信した出来事です。
(ちなみに実家の両親宅でも似たようなことがあったとか?家系かなー)

幼少の頃から可愛がってくれた方だったので、長くご無沙汰してた不義理(最後が確か3~4年前)を悔やんでおります。
こういう身近な人の訃報があると、しばらく我に返ることができません。

d0183861_06203996.jpg


見送り、見送られるということ。

まだまだ、自分には生きていく上での課題が多いような気がしてます。






[PR]
by efendi | 2016-11-28 06:16 | 趣味 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/23675523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by patronistaT at 2016-11-28 23:47
ハリネズミは緑で編むとドリアンになりますね〜
Commented by soleil at 2016-11-29 12:25 x
つい数日前に、知人の親友が亡くなられた話を聞いて
ホントに身近な人の訃報は喪失感と、いやでも現実を考えさせられる・・・
と感想を聞いたばかり (・・;)
自分の身に置き換えて想像するのさえ怖くて悲しいです (;_;)
Commented by efendi at 2016-11-29 14:27
> patronistaTさん
この編み方は本当にいろんな応用が利くので編んでて楽しい限りです♪
Commented by efendi at 2016-11-29 14:29
> soleilさん
人間はある程度の年齢に達すると、まさに達観するような気もしてます。
でもやっぱり寂しい気持ちは払拭できませんね、まだまだ修行が足りませぬ。凹