秋の夜長の快気祝い

世界はサマータイム終了となった先週末。
この国は11月1日の総選挙を理由にサマータイム終了を2週間延期してます。
なぜだ、、、2週間も時間があるのに選挙の投票にどういう支障があるのか。
お蔭で未だ朝は日の出前の起床、通勤途中に日の出を拝む日々が続いております。眠
d0183861_03343395.jpg
満月、実に秋の夜長という光景。
前日、なぜかトンチンカン3匹とも現れないということがありました。

巣立ったか・・・。

30分ほど公園を探し歩き、見つからなかったので公園仲間のAさんに翌朝の捜索を依頼。
その日は日中にAさんからのメッセージ

「3匹とも発見、元気なり」

この晩は来客の友人を付き合わせ、月明かりの元3匹を呼ぶと
d0183861_03343579.jpg
カン太、しっかりと両目が開いて元の状態。
d0183861_03343497.jpg
トン吉と一緒に全快祝い。
抗生物質入りの目薬点眼で2週間後の全快となりました。
いやー、夜な夜なずいぶんと通いましたよ。
※ちなみにチン平はこの晩も姿を見せず、かれこれ1週間は会ってません。

これでちょっと安心、というかひと段落した気分です。
翌日から数日間市外へ出かける予定だったので尚更安堵、この晩は持参の魚(もちろん夕飯の残り)を振舞って膝枕の提供で終了。



さて、今週末は懐かしのÇ市へ。
その近郊の田舎の友人一家を久々に訪ねることになっております。

今回お土産にチョイスしたものは
d0183861_03343411.jpg
マジパン
d0183861_03343510.jpg
こちらでは贈り物として、好きな形を選んで箱詰めしてもらいます。
安いものではないんです、このお菓子。
茶菓子として、でも長期保存可能なので飾り物としても喜ばれます。
見た目の可愛らしさについつい買ってしまうんですが、間違いなく健康食品ではないなー。笑

気温が下がるとモチベーションが上がる編み部。
d0183861_03343627.jpg
先日惚れた素材で出来上がったラム・マフラー。
まだまだ今シーズンは当りのアイディアがなく、日々神の降臨を待ってます。笑
d0183861_03343568.jpg
しばらく秋晴れの良い天候が続くらしい。
田舎でリフレッシュしてきたいと思います。






[PR]
by efendi | 2015-10-28 14:54 | 生活 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/22395663
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mipotta at 2015-10-28 22:19
充分、神が降りたくらいにかわいいですけどね!!
北国に住んでますと、、巷ではまだサマータイムだったのか!!と驚きを隠せません(笑
朝、暗い時間に起きて出発って
体が起きてくれなくて本当に辛いよね~。。
うちも旦那が早く真っ暗闇の中、洗濯をしてます(辛

桃尻…
Commented by efendi at 2015-10-29 06:05
mipotta、
まだまだ神の域じゃないんだわ、今年度の神降臨は神無月明けだと思います。笑
サマータイムって必要か?と思う事もあったけど、やっぱり朝の暗さってのが辛すぎて必要性を痛感してるよ。
北欧の人って凄いよね、暗さと明るさ両方の辛さを知ってる国だからね。
北海道も日の入りが早いけど、夜が早いのは抵抗少ないです。歳のせうだろーか???
Commented by soleil at 2015-10-29 12:17 x
チン平さん・・・
『八方美人的』って仰っていらっしゃったとおり,ひと足先に
巣立ってしまったのでしょうか(T_T)
お腹の調子の悪い時期,efendiさんがいつもいつもお薬
あげてたから,巣立ちは一番あとになるのだと思ってました。
みんな,どこのどのネコさんも,必ず巣立つのかな・・・。
何か悲しいな・・・。

このマジパン!!!!
ほんっとぉ~に可愛いですね(≧▽≦)
衝動買いしたいですっ!

マフラー ヽ(▽^)ノ 素敵です♪
Commented by efendi at 2015-11-02 01:11
> soleilさん
もう1週間以上会ってないのですよ、チン平。
どの猫にも個性があると、この3匹で実感したのですがチン平は手が罹っただけにあまりの八方美人ぶりに猫の何たるかを教えてもらったような気分です。笑
でもカン太は4日ぶりに会って両目ともしっかりと完治していて本当に感無量。
見返りのない愛ですから。笑 チン平に関してもどっかで猫生を全うしてくれてると思うと感慨深いものです。悲しさ、というよりは割と清々しい気分ですよ。