耳石

d0183861_23262223.jpg
先日ブログで回復の報告をしたんですが、今朝ほどまた同じ症状に襲われ、今回のは更にひどく嘔吐してしまいました。
吐いたらちょっと血圧上がったのか、動けるようになったので急いで近所の病院にある救急へ駆け込む。
血圧は最初60-90だったのが、横になっているうちにどんどん下がって40-80。
血液を採取し、結果を待つ間に点滴2本される。

d0183861_2342229.jpg
先回診察した(脳)神経科の医師はMRIの結果に何も見当たらなかったことから、耳鼻科の管轄と決定したようで、午後に救急にやって来たのは昨年10月に診察を受けた耳鼻科のS医師。


この医師、超爽やかさんです。
先回は診察中に合気道とか、どうでもいい質問を受けた記憶あり。
今回はそんな余裕がなかったので、ぜいぜい言いながら早く治してちょ、と懇願。
さすがにS医師も先回よりは真剣に診てくれたんですけど、ちょっとした診察方法を実施し、結果はBPPV(良性発作性頭位めまい症)と判断を下しました。
どうやって判断したか、詳しくはこちらを参照くださいませ。
助手が私の目の動きを観察して「先生、ものすごく目が回ってます」とか医師に逐一報告。
どうしてわかるのか不思議でしたが、どうも眩暈中は眼球も妙な動きをするようです、眼振というそうですが。

医師が内耳で起こってる現状の説明をしてくれましたが、要は耳石ってやつが何らかの原因でずれてるので元に戻すため、半規管浮遊耳石置換法、俗にいうEpley(エプリー)法という処置を行ってくれました。
本当に簡単な動きです、でもネットで調べる限りこの方法は運動療法としてごくごく一般的に医師が行う方法と知りちょっと感動。

医師のアドバイスは少なくとも一週間は背に枕を高く積み上げた状態での就寝(水平になって眠らない)、急激に頭を動かさない(むち打ち用のギブスなどがあれば便利)、処方された薬を飲み続ける、ということでした。
病院では点滴3本と尻注射一本、今回も出血大サービス並みの金額を支払い帰宅した次第です。。。
保険が適応されない血液検査が痛かったですねぇ。
ネットで調べると、この病についてこういうものを読み、いろいろと考えてしまいました;↓
日常生活程度であれば
めまいが襲ってきても我慢出来る範囲かと思います。
最初は辛いかと思いますが
繰り返すうちにやがて症状が改善されていきます。

私の場合はまさにこのパターンかと思われます。

また、医師の手によって耳石を積極的に動かす治療法として
エプリー法という治療方法があります。

この治療法は、前提として
左右どちらの耳に障害が起きているのかを
ハッキリさせる必要があります。

そしてこの方法も治療中に石を動かすため
施術中にめまいが発生する可能性があります。

注意点としては
必ず医師の手でやってもらうこと。
しかもエプリー法による
高い治療実績を持っている医師が理想的です。

この手法で治るかどうかは
もう単純に医師の腕次第です。
慣れていない医師にやってもらっても
恐らく治療中に激しいめまいが襲ってきたのに
終わってみたら耳石は出てきていない
というオチが待っているだけです。

言うまでもありませんが
やり方をネットなどで見て
友人や家族にやってもらうなどというのは
絶対に止めて下さい。
医師がやっても失敗する可能性があるものを
素人が一発で上手く出来るわけがありませんので。

というわけで
以上が良性発作性頭位めまい症の代表的な治療法になります。

薬物療法は既に述べたように
対症療法であるため、根本的治療ではありません。

結局のところ、耳石が物理的にめまいを引き起こしているので
それを何とかしない限り解決しないんですね。
どうしてもすぐに治したいという場合は
上手なエプリー法の使い手の医師に
頭をグルグルとシェイクしてもらうしかないです。

そこまでじゃなければ日常生活の中で
耳石を元に戻していくと。
その過程で生じるめまいなどの症状が不快で
生活を妨げるようであれば薬物治療も並行する。

ごくごく稀に手術に踏み切る場合もあるようですが
そこにまで至るしつこいめまいとなると
そもそも本当に良性発作性頭位めまい症なのか、
という疑いすら出てくるようです。

大半は日常生活の中で出すか
エプリー法などの理学療法で出すか
このどちらかということになりそうです。



肝心の発症原因、これは特定が難しいですねぇ。
殴られたり頭部強打した記憶もないので。
ただ、加齢による退行変性やホルモンの影響なども関与しているといわれていますということも言われていいるので、もう、それでいいし、と思ってます(笑

ただ、この間の来客希臘人に「あっち向いてホイ」を指導したことが悔やまれます。
当然圧勝しましたが、希臘人は頭は動かさず目が動くので、そうじゃないと何度も頭の振り方を指導したのが今回の敗因ではないかと、とても深く反省中なり。

寝っぱなしもいけない、ということで、明日は予定通り市外にお出かけします。
滞在先の家族が面倒みてくれるようなので、一週間療養してきます。
[PR]
by efendi | 2012-02-08 00:31 | 健康 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/15396022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mipotta at 2012-02-08 23:27
先日の鬼のお面を見て、ホッとしていたところだったのですが‥
再発しちゃいましたか。。。
ホント、聞けば聞くほど怖いね!
耳ってそんなに大事!!?
今まで何のケアもせずにきたことを耳に謝罪したいくらいです。

でも原因がはっきりして良かったですね。。
滞在先の皆様に甘えて療養してきてください。。
Commented by eyvallah at 2012-02-09 01:53 x
びっくりしました。冷静に書かれているので、今のところは大丈夫なのかと思いますが、無理しないでね。このお年頃になると、どこか弱いところからガタが出てくるのかもしれません。病気とうまく付き合って生活していきましょう!温かくなったらデートしよ!
Commented by makikoai2005 at 2012-02-09 02:47
大変でしたね。でも、少なくとも原因がはっきりして、とかったかもしれません。とにかく「耳」関係と聞くと、どうしても、熟読してしまいます(笑。うちにも一人「耳」関係で入院した人がいるので…。)。それにしてもなかなか興味深い治療法があるんですね。
 しばらくは絶対に無理をせず、お体をいたわってくださいね。
Commented by sympa at 2012-02-10 01:53 x
とりあえず診断がついてよかったよかった。自然治癒もあるけど再発率も高めなので、良い医者を探すか対処法を身に付けるかしたほうが安心かもね。
Commented by ケラリ~ノ at 2012-02-10 16:55 x
ここ数回のブログを一気見しましたが心配で日本帰って来い!と無理難題を言いたくなります・・・。可能な限り周りに甘えてちょ。
こちらは先日母が事故り幸いカラダは無事(また今年の入院シーズンが来週からスタートだから念のため検査してもらえという感じ)で滑って路肩の雪...じゃなくて氷に接触したから車は修理要ですが。色々と自分も親の事も将来的な心配は絶えず(苦笑)バカみたいな大雪も伴い尚更落ちる↓今日この頃。お互い色んな意味でハァ~ルよ来いっ♪て感じかな(~_~;)
Commented by zucchini0315 at 2012-02-15 20:37
私もあのまま体調が戻らないのではと日々浮き沈みを繰り返していたけれど、ようやく安定してきた。ほんの数週間の出来事だったけど、長かった。大丈夫だよ。
Commented by mayu at 2012-02-16 20:26 x
じ、耳石!!! K三はまさに今日もせっせとそれをスライスして研磨してますよ、、、ヒトのじゃないけど、、、
でも原因がだいたい掴めたと知って一寸だけ安心しました。爽やか医者が上手にシェイクしてくれて、早く元の位置に安定してくれることをねがいます!!!
Commented by efendi at 2012-02-16 23:31
mayuちん、今日の診察でも爽やかにシェイクされたよ、先回よりもお上手だったとみえ、結果はかなり目眩が軽減されました。もうさ、シェイクされながら幼少のころ遊んだ水中輪投げが思い出されたよ、K三くんはヒトの耳石はどんなんか知ってるのかしら、ドーナツ型だったら超ウケルけどね。今後、結婚相手はシェイクのできる人に限ってもいいくらい、今回の病状は精神的にも苦痛を伴いましたぜ(辛
Commented by mayu at 2012-02-18 09:23 x
耳石、ヒトの場合は砂状で、塊じゃないというのを今教えてもらいました。鰻その他のは、カルシウムのかたまりなので固形なんですよね。
全く役に立たない情報ですが、、、。
ともかくお大事に!シェイク上手な配偶者たしかに魅力ですな。
Commented by efendi at 2012-02-18 19:18
mayuちん、人体の不思議について深く考察中なり。というか、どう頭をシェイクして石を定位置に戻すかをイメトレします(笑
やっぱ配偶者は手に職じゃないけど、特殊技術を求めるわぁ。