タオル フェチ

先週の友人の訪問でかなり勢いがついたと思われるのがこのタオル。
さすが綿の生産で有名なこの国のタオル、タオル以外にも布地にはかなり興味をそそられるものが多かったのでありますが、友人にせがまれて仕事ついでに訪れた
グランド・バザールにて布屋を巡ってみる事になりました。
まず、この店のオジサンとはここ数年顔なじみです。
d0183861_2412987.jpg
何度も訪れる理由はこのオジサンが観光客相手の下手な商売をしない、というか
できないということが分かったからでしょうか。笑
値段交渉でも押すと必ずオジサンが負けるのである程度良心的な金額で交渉するようにしてます、そこのところはさすがに相手の商売事情も考慮してますが。
先回ここで買って大変満足してるのはバスタオルの超大判。
d0183861_2422090.jpg
このタオル、何が気に入ってるかと言うと薄手なんです。
裏は凹凸のないシーツのようです。
d0183861_2425266.jpg
軽いので夏場は本当にいい感じでサラリと肌を拭えます。
もうひとつ購入したのは2m×1.7mの布。
d0183861_2472436.jpg
オジサンは「ポンポン布」と呼んでおり、それはこのようなポンポンが所以。
d0183861_2465235.jpg
テーブルクロスとして売られておりますが、これはソファなどに掛けると大変
かわゆいかと。
d0183861_248271.jpg
d0183861_2483962.jpg
同じポンポン布の小判、1.2m×1.2m。
d0183861_3211352.jpg
d0183861_3195847.jpg

縁もなかなか可愛らしいです。
d0183861_3181476.jpg

さて、自分の買い物はこの程度として、友人は夏の海辺にどうかということでタオルではなくこのところ大変流行りのコットンの布を物色。
どのビーチでも薄過ぎず厚過ぎない大判の布地を利用する女性を多く見かけます。
ちなみに、初めてのイタリア旅行で驚いたのはホテルで用意されるバスタオルというのは薄手の布が多かったことです。
ふっくらとしたタオルではなくベットシーツのような薄手の布。
洗うのも乾くのも早いでしょう、吸水は別に悪くなかったのが不思議でありましたか。
1枚15TL(約900円)程度でいろいろありました、素材はコットン100%からバンブーとコットンのミックスまでいろいろ。
こんだけでは物足りず、バザール内を右往左往した我々ですが結構小洒落た店が多く喜び勇んで物色しました。

Bozyak。(残念ながらWEBは工事中)
ここはもう、このタオル見つけた瞬間にあまりの可愛さに我々思わずシャウトしてました。
d0183861_2584871.jpg
d0183861_2593429.jpg
フェイスタオルと大判のバスタオル。
確か大判が75TLでフェイスが30TLと記憶してますが勢いで買ってはいけない、と心の中の声に従う。
割と金額はどこの店も似たり寄ったりで、タオル業界に悪徳商法はまだ浸透していないような感じもしました。
連れが買った薄手の布はここでも豊富。
d0183861_303988.jpg
d0183861_312233.jpg

次のお店は10年ほど昔から知っておりますが、割と高価な商品ばかりなのは相変わらず。
ただ、値段が高いだけの価値はあり店主がどこぞかの女性に編ませた特注の商品などは金額に見合ったものではないでしょうか。
製作期間4ヶ月というヘンプと呼ばれる麻の繊維で編まれたバスローブやブランケットは素朴で味わい深いものあり。
d0183861_372374.jpg
d0183861_374530.jpg
他にも珍しいチャイ・グラスや(一個30TL)
d0183861_384719.jpg
石鹸の詰め合わせなどもあり。
d0183861_392485.jpg

次の店はdervis
古着もあり。古着のほとんどは内陸アナトリア地方の村から買い取った衣類が多く、デザインはこの国の民族衣装にとても似たもので大変可愛いものが多かったです。(高額も多かったですが)
ここにも手編みの垢すり布や、バスタオルが多く売られておりました。
d0183861_310048.jpg
d0183861_3103399.jpg
d0183861_3105443.jpg
ここにもあったこのタオル、先の店よりもちょっとお安かったです。
d0183861_312139.jpg

最後はね、この店で再会のこの方。
名前はムスカ(御守という意味です)
d0183861_3132182.jpg
うちのチェリーの方が可愛い、と思うのは親バカだからじゃないもんね。
※↓の2枚は先週来訪の友人が撮影してくれたもの、大変上手に撮れていますのでご紹介したいと思います、Mちん、いい腕してるわ。
d0183861_1355238.jpg
d0183861_1357089.jpg


間違いなく近日中に買ってしまう予感。
タオルか、布か、はたまた。。。。(欲)
[PR]
by efendi | 2011-06-09 03:25 | 趣味 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/13741345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by fusk at 2011-06-09 05:23 x
布製品の好きな私にはこれらのタオル。
羨ましい限りの品々です。
薄手で横縞なんか棚に並べて置くだけでいいなあ。と思う位。
何かこれらで他の物も作れそうだし。
身体が一つしか無いのに、こんなに大量のタオルを持っていて
どうしようかと既に悩んでおりますが。それでも欲しいなあ。
Commented by びとー at 2011-06-09 08:28 x
バスタオルって厚手でフワフワしているほうがいい感じもするけど、薄手のシーツ見たいのも以外とよさそーだね。

この白猫ちょっと怖いw
Commented by efendi at 2011-06-09 13:51
fuskさん、2、3回洗わないとちょっと繊維がついてポロポロしますが、柔らかくて手触りは最高です。
大判は子供にはブランケットとしても使用可能な大きさです。
こちらの水は石灰分が多いので、長年使用するとガビガビになってしまうので、タオルの類は定期的に取り替えないといけないのでどんどん購入したいところです。
こういうものは沢山あると楽しくなりますね、デザインもいろいろあると更に楽しいかと思います。
Commented by efendi at 2011-06-09 13:53
びとーくん、夏は厚手のタオルより薄手のタオルでヒラヒラしたい気持ちになるわけ。
特に日本は湿度が高いのでこういう薄手のタオルは使い心地が良いかと思われます。
白猫、友達から送られてきたものも追加しますが、実際には大人しくて可愛いのよ、目も宝石のようで美しいわけ。
Commented by mayu at 2011-06-09 14:07 x
いやー私もタオル使うの超たのしみよ。布も!このポンポンのはあの時買った?んじゃなくて次に行ったときか。私もまたこのちっさいナザルつきシリーズ物色しに行きたいす!
Commented by efendi at 2011-06-09 17:59
mayuちん、ポンポン布は先日買いました。暖色系と寒色系がありましてね、物欲が久々に頂点に達しそうでした。こういうものはいろんな色で揃えたくなったりと物欲を刺激する要素が沢山あって要注意です。
Commented by eyvallah at 2011-06-10 06:35 x
efendiさん、タオルフェチでしたか~。
私もダンテル屋さんにハマってます。トルコ、まだまだ認知されていない、かわいいもの一杯ですよね。
dervisとか高いけど、センスいいのでつい買ってしまいそうになり、やっぱりいつも思いとどまっています。。
グランドバザールは日曜日こそopenしててほしいところです。ストレス溜まる~。
Commented by zucchini0315 at 2011-06-10 11:24
日本で商売を考えてしまった!私もタオルとか布とか大好き♥
でもさ対のリゾートホテルなんかで、ヨーロッパ人が持参しているふっかふかのデーっかいカラフルかつ上品なBeachタオル。ずっと探してるんだけど、日本だとえらい高い。
Commented by efendi at 2011-06-10 15:42
eyvallahさん、タオルというよりも薄手の布とかいいですよね。柄も豊富で素敵です。
ダンテルもいいですよね、でも高価だわ(貧)
バザールは平日に行くに限ります、週末の混雑振りはこの暑い季節地獄、です(汗
Commented by efendi at 2011-06-10 15:45
しゅうまま、タオルってのは高いという感覚がありますよ、私も。
こちらでもそれなりの金額はしますが日本に比べると安いですね。でも、何度か洗濯しないと繊維がくっついてイライラするものも多いんですよね、あと水を吸わないタオルとか(笑
Commented by makikoai2005 at 2011-06-13 00:51
おお!さすがカパルチャルシュだけあって、すごい品揃えですねえ!それにしても、トルコにいたころは(大昔ですが)どこへいっても日本の感覚からすると、厚ぼったいタオルばかりだったので、日本に持ち帰ったものは、どれも乾きが悪く、やっぱり日本のタオルが薄いのには理由があったんだなあ、と思ったものでした。最近では、トルコのタオルも薄くなったんですね。
 それにしても、すごいおしゃれ!テーブルクロスにしたり、ソファーにかけたり色々用途が広そうですね。ああ、ホント、最近のブログを拝見すると、久しぶりに貴地を訪れてみたくなります。
Commented by efendi at 2011-06-13 01:18
makikoai2005さん、このところのカパルチャルシュは店がお洒落で驚きましたよ。久しいこと訪れていなかったこともありますけど、カフェとかもお洒落、しかも偶然見つけたチャルシュ内のG銀行の支店に驚いたもんです、きっと支店名もカパルチャルシュのはず。
日本に比べたらやはり安いですね、日本円稼いでるわけじゃないので恩恵に授かってるわけじゃないんですが観光客ならばんばん買いまくりますね(笑