市内観光

今週の水曜、アメリカ帰りで帰国前ドサ中の友人が実に12年ぶりにこの国を訪れました。
私が彼女と最後に会ったのは東京、それもかれこれ5年前と思われます。
着いた途端にロスバゲで、大変不自由な思いをしてしまった彼女ですが懲りずにまた来てくださいまし。
お陰様でこういう機会がないと滅多に重い腰が上がらないわけで、彼女のお付き合いで市内観光となりました。
一日で見れる限界に挑戦です、体力が特に問題視されるわけなんですねぇ(老)

到着日は疲れとロスバゲショックもあったので軽く我が町観光を。
庶民の下着販売店でカルチャーショックの彼女ではありましたが、12年経っても変わらぬこの国のセンスを肌で感じて頂きたいな、と。
翌日は新市街のタクシムなどを散策いたしました。

で、観光最終日は仕事休んで一日中観光に費やしたわけですが、ここから先は流れるように画像でご覧あれ。
己を観光客と化してまずは最初にこの一枚、背景にアヤソフィア。
d0183861_17322493.jpg
d0183861_17324574.jpg
ここに入るのはなんと98年以来です。
d0183861_17334823.jpg
有名どころはモザイク画、これは聖母子。
d0183861_18315054.jpg
聖母子と皇帝家族。
d0183861_1737778.jpg
キリストと女帝ゾエ夫妻。
d0183861_17382613.jpg
ここでは最新発見の熾天使、楽園の番人で最上位の天使とか。
d0183861_17432524.jpg
ひたすら尿意の為に立寄った感が否めないトルコ・イスラム美術博物館。
d0183861_17535975.jpg
d0183861_17544795.jpg
d0183861_17551212.jpg
やぁ、久しぶり、といつも思うアニマル・ブロンズ。
d0183861_17555227.jpg
羅針盤とか可愛いすね。
d0183861_17565923.jpg
コーランは豪華金箔使用。
d0183861_17575944.jpg
ここからのブルーモスクの眺めは人知れず素晴らしいわけ。
d0183861_17584745.jpg
昼はこの地域で食べとかないといけません、肉団子と白インゲンのサラダなり。
d0183861_1803852.jpg
トプカプ宮殿。
d0183861_1812117.jpg
とにかく観光客でいっぱいでして、流れるように見て回ったので何がなんなのかの分かってません。
まぁ、当時のオスマン帝国時代の豪華絢爛さは分かっていただきたいな、と。
d0183861_1844446.jpg
d0183861_1851735.jpg
d0183861_1853998.jpg
d0183861_1861198.jpg
d0183861_1865391.jpg
d0183861_1872377.jpg
タイルもモチーフの種類がとても多いんですがどれも青が基調となってます。
d0183861_1885785.jpg
d0183861_189156.jpg
d0183861_189464.jpg
この後はスレイマニエ・モスク。
d0183861_18134632.jpg
d0183861_1814187.jpg
d0183861_18144312.jpg
d0183861_18151691.jpg
イズニック・タイルで有名なリュステム・パシャ・モスクは喧騒の真っ只中、エミノニュにありました。
d0183861_18164475.jpg
さすがタイルが有名なだけあって、こじんまりとしたモスク内はたくさんのブルーのタイルでいっぱいでした。
d0183861_1818232.jpg
d0183861_18185759.jpg
d0183861_1819296.jpg
d0183861_18201178.jpg
d0183861_18204148.jpg
d0183861_18212173.jpg
d0183861_18245484.jpg
この辺りで体力的に限界が近かったような。笑

しかしこの街の観光スポットを網羅するには少なくとも三日間は欲しいところです。
ということで、流れ見で終わった感じもあります。
トプカプ宮殿などは観光客が列をなしており、入れなかった見所もあり残念でした。
それでも、気分だけおのぼり観光客ということで幕。
観光番外編はまた後日公開いたします。
[PR]
by efendi | 2011-06-04 18:48 | 生活 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/13713288
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by makikoai2005 at 2011-06-04 23:18
久しぶりに貴地を訪れてみたくなりました。本当に。なにせ7年ぐらいおうかがいしてません…。
Commented by タカ at 2011-06-05 01:11 x
アヤソフィアは99年に1度行ったっきりだったので、天井がこんなにきれいに正教の聖堂に復元されているとは知りませんでした。(当時は櫓を組んでゴソゴソ工事していました。)
また、トプカプ宮殿のハレムはすごい人だかりで結局入らずじまいになりましたが、ドルマバフチェにもハレムがあったので「まあいいか」と満足した覚えがあります。それ以降、イスタンブルには7、8回は行っているのですが、この超有名観光地は素通りするばかりです。
Commented by efendi at 2011-06-05 02:23
makikoai2005さん、私も本当に久々にメジャーな博物館を訪れましてね、この国がいかに観光で稼いでいるか痛感しましたよ(笑
でもそれだけの価値のある国であることも再度認識しましたね。
Commented by efendi at 2011-06-05 02:27
タカさん、そうそう、私が十数年前に訪れたときも足場が天井まで組まれていたし、照明も暗くて陰気だったのに今じゃとてもゴージャスな雰囲気で驚いたんですねぇ。トプカプは宝物館が長蛇の列で諦めました、でっかいダイヤとかいろいろあるんでしょうがあまり興味なく。逆に庭園や衣装の展示が良かったです。
しかし、また次回は10年後とかになりますね、いつでも行ける、と思うとそういうもんですね、ははは。
Commented by びとー at 2011-06-07 08:34 x
アヤソフィアとか行ってみたい。
北海道に住んでるとさ、歴史的建造物とか無いからねー、こんな写真みると実物みたくなる。
Commented by efendi at 2011-06-07 16:21
びとーくん、同じ業界出身者として憧れる気持ちは分かります。
我が地元のアイヌ記念館も結構好きだけどね、土着ってのがなんかこう、たまらんのね(好
Commented by patronistaT at 2011-06-11 18:54
こんにちは、そちらの天気はいかがでしょうか。
地中海こちら側、ひどい天気、寒いです。
モスクって異教徒立ち入り禁止だとばかり思っていました。
そしてキリストの像があるっているのも不思議というか納得というか。
こちらにもイスラム、キリストのミックスのムデハル様式もあるし。
それにしても毎回ご飯がおいしそうです。
Commented by efendi at 2011-06-12 03:10
patronistaTさん、こちらは昨日から夏の雨でしっとりしてます。気温は下がったんですが25度はありますかね、さすがに今週の32度に比べると寒く感じます。
イスラムという宗教は異教に対し寛大な宗教、というのが特徴です。昨今の宗教紛争は現代人の心の狭さの現れでしょうね。今回観光したモスクは地元で普通に利用されていると同時に観光に値するモスクですが、外国人観光客の中には礼拝を邪魔するような輩もあり、礼儀がなってないなぁと感じることも多くありました。
土耳古飯、肉料理以外の家庭料理は世界三大料理として個人的に認めております(笑