伝言

昨日の東北地方太平洋沖地震、朝職場に着いた際に友人の母上からの電話で知りました。
ネットでニュースを見て、最初は情報が少なかったのに午後になって被害の大きさが明確になり始めるに従って怖くなりました。
日本への電話は不通、ネットで連絡をとった日本の友人に実家に電話を入れてもらい問題がないことが分かりましたが、F市の友人にまだ連絡が取れません。
心配してます、今後も電話が繋がるまでかけ続けたいとは思いますが。

さて、仕事上この国を訪れる同胞と接触することが多く、昨日は何も知らないであろう彼らにどう伝えるべきか思案するところでありました。
こちらでの報道には過剰なものがあり、何も知らない日本人にマイクを向け「どう思いますか?」と不躾な質問をしているテレビ局もありました。
ただ、わたし個人やこの国で暮らす日本人の友人たちも同様、周囲のトルコ人にお見舞いの言葉を多くかけられ大変恐縮しております。
d0183861_18224433.jpg

この場を借りて、トルコの国民の労わりの気持ちを伝えたいと思います。
この国も地震大国、記憶に残るのは99年の大地震でありましたか。
そういう意味で気持ちは同じと思われます。
概して感情的・感傷的な国民でありますが、こういう優しい一面に感謝したいと思います。
[PR]
by efendi | 2011-03-12 18:35 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/13112968
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by zucchini0315 at 2011-03-12 22:44
そうか早く連絡が着くといいね
被爆者が出ました
地震だけで済まない成り行きに
不安を感じます
長野震源の別の地震も活動し始め
今朝4時ベッドがゆっさゆさ
あの津波で飲み込まれる映像をみていたら
屁のカッパだとまた眠って、30分後またゆさゆさ
早く平常の日常に日本が戻るといいな
遠い地にいるとなおのこと不安でしょうね
ご自愛下さい
Commented by efendi at 2011-03-13 00:13
しゅうまま、原発も心配ですねぇ。
もう、あの津波の映像がトラウマになりそうです。
今後心配なのは心のケアだよね、震災後はそういう意味でもボランティア大切でしょう。
祈るしかないんですけどね。。。遠
Commented by ケラリ~ノ at 2011-03-13 01:02 x
日本列島が半分死滅した状態を目の当たりにし本当に地震大国日本ってヤツを理解し、でも半分は悪夢を見ているようだよ。
ただ明らかに今までと違うのは恐いとリアルに思うこと。
仕事柄、今日は...こんなに犠牲者が出てライフラインが断絶されている状態なのにサービスが使えないってだけで損害賠償を要求する心無いヒトに憤慨しまくり!繁忙期に前代未聞の緊急事態を迎えたウチの会社はメデイアに情報が常に流れるのも有り色々大変で今年は繁忙期を乗り切る自信&体力が無いよ...。
Commented by efendi at 2011-03-13 05:33
ケラリ~ノ、本当にこの世の終わりのような惨状だったね。F市の友人に未だ連絡が取れずとても心配してるのよ。。。
実家にはようやく今日電話がつながりましが、国内はまだまだ大変な状況が続くよね。
ただ、こういう状況だけに日本人の底力を信じてる部分もあるの、復興という言葉で団結して頑張ってほしいと心から思います。。。
Commented by びとー at 2011-03-13 19:49 x
旭川に居ると、揺れも少なく直接的な被害も無くテレビのLIVE映像は本当に今の日本?と思ってしまいます。
Commented by efendi at 2011-03-13 20:00
びとーくん、何事もなくてよかったよ。でもさ、防災時に必要な食料とか水を用意した方が良いね。
何かあったらそれを持って逃げるように。って、いつも思うんだけどなかなか出来ないでおりました、今回のことを教訓に用意したいと思います。
Commented by patronistaT at 2011-03-14 20:15
そちらは原発反対デモやってますか?
私は地震以後、まだ家からほとんど出ていないので、不明。
ニュースでもそういう報道はないみたい。
これから、納品なので気持ちを入れ替えにゆきます。
被災地以外の私たちは、できる事を普通にやりましょう。
Commented by efendi at 2011-03-14 22:29
patronistaTさん、今のところ、まだこちらではそういったデモは行われておりません。というか、プライオリティ的に言うと救済・救援が先だと誰もが分かってるのだと感じます。
今日ようやくF市の友人と連絡が取れ、涙が出ましたよ。
海外にいる我々ができること、それは呼びかけであったり声援であったりするのではないかと思います。