長靴の季節

この週末はアンカラより友人が遊びに来ておりました。
この日は遂に雪、無事にフライトができるか案じておりましたがすったもんだで取り合えずイスタンブールに到着した様子。
(アンカラの降雪はイスタンブールよりもひどかったようですがね)
まず、お互いに買い物目的がありまして、お洒落エリア・ニシャンタシュへ行くことに。
雪混じりの雨と風が強く、絶叫しながら数店の靴屋を襲撃してみました、今回の目的は長靴、です。
昨年辺りから妙に流行ですね、この長靴。ただ、間違ったデザインも多く単なる畑仕事用にしか見えないものを装着してるお嬢さんも多く見かけられますか。
機能的にはこういった雨や雪の日には絶対に必要、と思います。
なぜなら、今まで何足の革靴をダメにしたことか、、、しかも水が滲みてしまい濡れた足で体が冷え辛い季節を何度も経験しております。

最初の店はいかにも畑作業用な形であり、金額は129TLと。
試着してもしっくりとこないため、次の店へ。
かなり豪奢な店構え、と思ったらやはりブランドでありました。
自分のセンスを疑わないのは、いつも気に入ったものの値段が高額であること、575TLという諦めざる得ない金額。(約3万円ってとこね)
で、ちょっと意気消沈しながら隣の店へ。
天気も悪く人通りも少ないせいか、ヒマそうな店員の兄ちゃんに長靴あるか、と聞くとドアの横を指差す。
おや?と意外にもまともな長靴のデザインに3分も考えることなくお買い上げ。
d0183861_123768.jpg
99TLでありました。(約5千5百円ってとこね)
友人とお揃いで買ってみました、これでこの季節はようやく寒い思いをしないで済む、とお互いに目的達成を祝いました。
幼少の頃以来ですか、このようなゴム長靴を履くのは。
で、久しぶりに思い出したのがこの密着感っていうか、要は簡単に脱げないわけ(圧)
通勤のみに使用ですか、でないと何気に苦しいかもしれませぬ。
[PR]
by efendi | 2010-12-13 19:45 | 生活 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/12492401
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mayu at 2010-12-14 06:50 x
そうそう簡単に履けなくて脱げないんですよねぇ(笑)。
私はこの時期、完全防水フリース内張りのブーツが手放せませぬ(こっちはパタゴニア安い)。インフラ問題ありありのNY、みぞれ状のぬかるみが街のあちこちに出現するのも時間の問題だす。
Commented by efendi at 2010-12-14 15:28
mayuちん、NYの冬は相当厳しいよね、って北国育ちの私が言うのも何ですが。基本は水が滲みない、ってことなんだけど革はどうしても縫い目あたりからじわじわ滲みてくるのよ。
しかも防水が甘いのでいくら高いブーツ買っても長靴には敵わないのよね。
長時間履いてると足がしっとりしてくるのが不快で職場では履き替えてますがこれもまた面倒だけどね。
Commented by mipo at 2010-12-15 23:02 x
こちらも数年前からお洒落長靴は定番よ。
子供達はその波に乗ってるのだけど、
先日の芋ほりでおっさん長靴を履いてるのはわたしだけで、
その場で穴を掘りたい気分になりました。
こちらも4千円くらいで、思いのほかお洒落感があるのは手に入るのだけどね~。
しかもブーツよりは絶対に重宝しそうな予感もあるのだけどw
Commented by efendi at 2010-12-15 23:48
mipo、確かに保温はばっちりよ。でも通気が良くないのが難点かしら。日本でもそういう金額なのね、ちょっと安心したわ。ちなみに私が買ったものはイタリア製となっておりさすが欧州、と感心したわけね。