オネエ

d0183861_22492083.jpg
お題と画像には特に何の関連も無いんですが、このところ「オネエ」と呼ばれる方たちと仕事上お付き合いがありまして。
最近は人生に一区切りつけた感じの否めない私にとって新たな目線で見て大変面白い人材であり、自称人間ウォッチャーとして今回のお題にしてみたいな、と。
※基本的に自分の性別は生態的に♀ですが、中身はどうかと聞かれたら♂に近い部分が多いことは認めますよ。

何が面白いかって、過去にもゲ◎と呼ばれるいろいろな人間と知り合いましたが、身分証明書に性別「♂」とあるオネエの方たちには自分には無い、大変お勉強になる素晴らしい素質があるなぁ、と感じるわけ。
物腰の柔らかさ、服装や身だしなみの清潔感、自分よりもはるかに女らしい彼らの、ふとした瞬間に垣間見られる「やっぱ男じゃん」と現実突きつけるような底力というか(重い荷物を持つ、もしくは硬い蓋を開ける際は彼らに気兼ねなく頼みましょう)もう、とにかくなんらかのギャップを感じると自分の中の笑いのアンテナに触れるわけね。

最近ご一緒したIさんはこの業界きっての名の知れたオネエであります。
大変イライラする人物と仕事するはめになり、電話を受けた時は既にご立腹な感じが口調に出ておりましたか。

「もう、ごめんなさいね、こんなことで電話して。でもね、この子、バカよ、バカ。もう、信じられないくらい無知なのよ!!!」

ま、結局私もこの件ではいろいろ面倒を見ないといけない羽目になり、Iさん曰くちょっと無知な某女性と面談することになりました。
当然Iさんも同行であり、その際のIさんの激昂ぶりがとんでもなく「オネエ」であったこと、笑いのストライクゾーンど真ん中の直球でありました。
女が普通に激昂してもこうはならんぞ。

で、この数日後に更に面白いものを発見したわけなんですが。
俗に言う人事評価ってやつですね、評価という硬いもんじゃないですね、子供の愚痴にも近いような拙い文章で更に笑ったのですが。(作成者は日本人)

I さんの評価;

あまりにもドライ。クール過ぎる。社内での説明会でのスピーチもほぼ棒読み状態。店内ではお客様が気に入り、買おうとしていた商品を「そんなの買うな。100円の価値もない!」と発言。5日目は宿泊先が自分の家から遠いらしく、何も言わずにフェリー乗り場近くで降り、お客様の送迎業務を放棄。


オネエは怒らしちゃいかんな、とつくづく感じてしまいました、と同時に
「いいぞ、オネエ!更年期を恐れずにこれからも人生謳歌してくれ!」とエールを送ってしまう自分です。
[PR]
by efendi | 2010-12-11 17:17 | 生活 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/12471640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by sympa at 2010-12-11 21:57 x
PC復活したんですね。
たまに開いてみた飛び込んできた画面が白いマツコって、
結構衝撃ですが(爆)
何の躊躇もなく直球トークができるのでオネエの皆様、好きです。
Commented by efendi at 2010-12-12 07:21
sympaさん、お陰さまで復活です。サーバー故障修理完了。
オネエってのは女以上に女ですから、そういう意味で怒らしてはいけない相手でしょうか。
直球過ぎてちょっと困るときもありますね、特に拗ねると手に負えません(笑
Commented by patronistaT at 2010-12-15 02:58
オネエさまとの最初の接近遭遇は高校の頃。
それ以来、周囲の男性はほとんどオネエさまたちばかり。
海外に住んでも、なぜかよってくるんですね。
同じ匂いがするんでしょうか?
私としては思いっきり雄な奴に近寄られるのが苦手なので、
とても居心地がいいですが。
Commented by efendi at 2010-12-15 16:11
patronistaTさん、こちらも同じくオネエから親近感を持たれますね、意地悪されることは絶対にありませんけどね、基本が♂なんで。
海外のオネエ事情として、パリの友人に紹介されたオネエは繊細な、でもあくまで男性としパッと見てオネエとは判断できないお洒落さんでありましたか。
私の周囲にいるオネエたちはですね、しゃべるとバレますね(笑)イスラムの国でオネエはかなり迫害される存在ですが、都会はいろんな意味で寛容であります。
Commented by mohariza6 at 2010-12-17 21:47
はじめまして。
「オネエ」への男の道は、女の感覚への<象徴的表現>の道か?と思います。

男が、皆が皆、その道へ、向かうと、陳腐になり、<男への道>へ、回帰するのでしょうが・・・。
Commented by efendi at 2010-12-17 23:46
mohariza6さん、はじめまして。随分と難しい、詩的な書き方をされるのですね。それはそれで実に美しいと思います。
ただ、私は単に「笑って」頂きたいのみです(笑)世の中、笑ってなんぼ、という生き方が好きなだけです。
ただ、人種差別や偏見はまったくございませんので、そこのところご理解頂けてると幸いです。
男はどっちかというとかなりの確立で「女」な部分が強いのではないでしょうかねぇ。あくまで内面、ですが。