バイラム休暇~市内観光

16日からこの国は犠牲祭(クルバン・バイラム)という大型連休となっておりました。
15日も休みとなる企業・お役所関係も多く9連休という大型連休、期待はしておりませんでしたが案の定私はシフトにて仕事、ゆえに大型連休とはならず。
それでも2連休にはなるということで、アンカラからお越しの友人と市内観光のお付き合いという約束がありました。
いつも食道楽となる傾向がある面子でしたが、久々に島観光という企画もあり天候も良かったので非常に楽しみにしておりました。

こういう連休の時には公共の乗り物などは半額、市民は喜んでお出かけする傾向にありどこも混雑しております。
事前にネットで調べたフェリー運行時刻も変更となっており、慌てましたが何とか予定通り12時には大島到着なり。
行きはT女史と共にアジア側のB港より出港、同時刻にヨーロッパ側K港よりアンカラからの2名が出港、携帯メッセージには「黒人とアラブ人がいっぱい、ってそういう俺らもジャポンだけどさ」と。
d0183861_21591551.jpg

こちらは地元の特に子連れ客が多く甲板にて寛ぐことに、赤と青の座敷童を愛でる。
d0183861_21595336.jpg


到着して即、腹減ったと。
ただ、大島はひどくはなくとも混雑しており、大島の隣にあるヘイベリ島への移動を提案する。
大島の中心へ向けてまるで竹下通り、という雑踏に巨神兵を欲す。
d0183861_2202589.jpg

ヘイベリへの移動は10分もかからず、大島の喧騒が嘘のような落ち着きのヘイベリ島。
d0183861_22111353.jpg
この猫は大島でお出迎えでしたか。
d0183861_221081.jpg

まずは腹ごしらえにレストランへ。
前菜はいつものように茄子のペースト、茄子のトマト煮込み、タコマリネ、他。
d0183861_2231398.jpg
d0183861_2233177.jpg
ビールは当然。
d0183861_2245083.jpg

メインはアジの唐揚げ。
d0183861_2251092.jpg

くちたところで早速の島観光。
まずは街角の案内板より目指すはHüseyin Rahmi Gürpınar博物館へ。
d0183861_2283081.jpg

上り続ける町の坂道、4人が4人とも汗だくで虚ろになっていく。。。
d0183861_22121089.jpg
肝心の博物館は祝日のため休館で撃沈。
d0183861_22184314.jpg

せっかく高台まで上ったこともあり、最近新しいカメラご購入で写真部所属の友人おびっしゅ、被写体を選び撮影の腕を上げるが如く撮影開始。
d0183861_22192484.jpg

(ブスも可愛く写すかのような魔法の高性能カメラであります)
下は私のデジカメにて、でもこれもSANYOでおびっしゅのお下がりです(笑)、被写体と構図、そこのところどうでしょうねぇ、素人の自分には勿体無いくらいのデジカメでありますが。
d0183861_22181569.jpg
d0183861_2219544.jpg
d0183861_22201839.jpg
※今気付いたけど犬の背中が人面、ではなくフンドシ女体みたいじゃ、、、?
d0183861_22204169.jpg
d0183861_22212771.jpg
おびっしゅの作品はそのうち顔本に公開されると期待しつつ。
d0183861_22224824.jpg

本当は、この後ヨーロッパ側に渡り水タバコ吹かしたり、売春宿付近を社会見学したり、ペラ・ホテル周辺のお洒落なお店を覗いたり、昼飯が消化されてなく満腹にも関わらずタイ料理を食べたり、と大変楽しく闊歩いたした我々ご一行。

またこういう楽しい散策ができること、楽しみにしております。
[PR]
by efendi | 2010-11-20 21:25 | 旅行 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://efendi.exblog.jp/tb/12301019
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mipotta at 2010-11-21 15:38
ふんどし女体・笑った!
(日本だったら騒動になってそうだw)

連休に公共運賃が安くなるってすごくない!!?
日本ならガソリン代の果てまで値上がりしそう。

今回も食に酒に観光。
見てる私も楽しゅうございました♪
Commented by efendi at 2010-11-21 18:16
mipotta、カメラってはまると大変底なしに金が飛びそうな高尚な趣味ではないかと、自分にはなんでもオートマなデジカメが一番向いてる、と思った次第です(笑)子持ちの方やお金に余裕のあるセンスある方のカメラへのこだわり、納得できるような素晴らしい写真も沢山拝見いたしました。

やっぱりこういう旅行の楽しみは「食」ですね。お金はこういうときケチると旅行の楽しみが台無しですので多少の出費は飲んで忘れることにしております。
しかし、公共運賃が値下げの影響で田舎っぺがたくさん町に繰り出し、挨拶回りの家族連れでとんでもない大混雑になるので困りものです。