この一週間、長かったような短かったような。
d0183861_19532206.jpg
カンタに始まり、カンタに暮れた一日。

朝は日の出前の6時に起床、自分が出掛ける準備を整えてからカンタの朝食を準備します。
パウダー4種を混ぜて練り物にします、それをスポイドに取り口を開けた瞬間に喉にぐっと押し込む方法。
ところが、初日こそ成功していましたがなかなか口を大きく開けてくれず。
日中は殻付き、剥き餌の2種をついばんでいる様子ですが、果たしてお腹いっぱいになってるのか?

当初はカゴから取り出す際は手でぐっと握って(上記画像)いましたが、数日経つと指や手の甲に飛び乗るようになりました。
試しに晩ご飯の後、カゴから取り出しても逃げ惑うこと無く、じっとしていられることが判明。
d0183861_19533667.jpg
自称大人の餌(殻付き)を食べる練習を重ねています。
なんとも不器用に、殻を口の中でプチっと割るんですが同時に中身が外に落ちてしまい、なかなか飲み込めていない様子。
d0183861_20404841.jpg
朝晩、このような練習を繰り返してくうちに
d0183861_20385762.jpg
手の平で食べ始める。
こういったスキンシップが功を奏したとみえ
d0183861_20304854.jpg
今じゃ腕や肩に飛び乗って来ます。愛
d0183861_19540737.jpg
文鳥ベッドにも慣れてもらいたい。暖

週末はベランダで入浴を試みましたが、やはりまだ早いようで脚を入れてくれず断念。
日曜は薄曇りで気温がなかなか上がらず、ちょっとした日差しの中にカゴを置いてみたところ
d0183861_19542243.jpg
割と嬉しそう。(と感じるのは親心)
d0183861_19552169.jpg
よく食べ、よくする。(糞)
d0183861_19550613.jpg
このスサー、は文鳥の代表ポーズ。
すっかり幼鳥らしく、日々成長が垣間見え母は嬉しい。

来週から夜だけ様子を見て餌付けしようと思ってます。
この一週間、何かあってはと毎日心配ばかりしていたんですが、今は握った手の中でスヤスヤと眠るまでになりました。愛

今後は寒さと野良猫対策(窓の外には十匹以上の野良待機)を怠らないよう気をつけねば、です。
d0183861_21222565.jpeg

[PR]
秋深し
d0183861_19191008.jpg
このところ、日に日に日照時間が減っていくのを感じます。凹
これから先、暗いうちに家を出て、暗くなってから帰宅する日も間近です。冬


引っ越し前ギリギリになって、再び会いに来てくれたこの方。
d0183861_19193581.jpg
いつの間にか補助輪無しで乗れるようになっていたのねぇ。
d0183861_19195173.jpg
ひたすら広々とした公園を走り回り、その間に友人と近況報告がてら談笑。
d0183861_19201536.jpg
すっかり秋、心地良い日和が続いています。
d0183861_19203264.jpg

実は、今月に入ってからバタバタと動きがありまして、喜ぶべきことなんですが希望していたことが次々と実現しております。
5つの望みのうち2つが実現し、3つ目は月末の予定ですが上手くことを祈るばかり。
実現したものの中で、特に切望していたのが
d0183861_19213771.jpg
この度、再び良縁に恵まれて里子を迎えるに至る。
今回もSNSの恩恵ではありますが、人伝で希望の月齢の子を探して頂きました。
d0183861_19213017.jpg
今年の4月の一件で、非常に辛い思いをしましたが、弔うつもりでこの子は立派に育てなければ!という気持ちであります。
d0183861_19220899.jpg
この子を探してくれた方は自称鳥バカらしく、初めてお会いした時の挨拶が
「6歳の頃から鳥飼ってます!」
でした。笑
なんでだろう、今まで会ったことのある自称鳥バカは大半が巨漢、大柄な男性ばかりです。
マイク・タイソンも鳩飼ってるくらいですからね、心優しいという印象です。笑

まだ産まれてひと月ほどの幼鳥です、以前飼っていた子が2ヶ月を超えていて懐くまでにちょっと苦労した(結果はそれでも手乗りになりましたが)こともあり、今回は自分の手で餌付けできる幼い子を求めました。
初めての餌付け、初日の夜にしてみましたが上手く食べてくれました。
それでもお眠だったので、即就寝。

翌日は起きると一人でむき粟を頬張っていたんですが、栄養価の高い餌を今後一週間朝晩餌付けする予定です。
日曜の今日、日当りの良いバルコニーで放鳥しましたが、やはりまだ幼子ということで上手に飛べてない感じ。
d0183861_19233221.jpg
ひたすら眠そうなんで、とにかくカゴの中でゆっくりしてもらってます。
d0183861_19235778.jpg
本当に、嬉しい出来事だったこのご縁。
d0183861_19234582.jpg
これからの生活に張り合いが持てそうです。愛

[PR]
すっかり秋を感じる今日この頃
d0183861_01434705.jpg
雨が降って朝晩ちょっと小寒く感じるようになると、夏と違ってぬこ達も寄り添ってスーパーの店頭に並んでいたりする日常。

先週は仕事で遠出しておりました。
d0183861_01431664.jpg
観光メッカのカッパドキア。
通り過ぎただけですが、早朝の静かな茶屋で眺めだけを堪能。
d0183861_01433146.jpg
野うさぎが走り回るひと時。
d0183861_01440491.jpg
次回はぜひ観光で来たいと思います。願



週末は、20年前にこの国に暮らしていた旧友が訪ねてくれ、友人と2人で彼女を迎えに行きました。
d0183861_01441854.jpg
夕暮れ時の旧市街。
彼女の泊まるホテルへ行く前に、友人と茶をしばきに老舗の甘味屋で
d0183861_01461172.jpg
友人はドライブルーツたっぷりのアシュレ
d0183861_01451566.jpg
自分はスターチの練り菓子であるムハッレビ(上に粉砂糖とローズウォーターをたっぷりかけたシンプルなプリン系)

日も暮れて、彼女の滞在先であるホテルに辿り着き、屋上からの絶景を堪能。
d0183861_01464252.jpg
アヤソフィア
d0183861_01463110.jpg
ブルーモスク

港沿いのケバブ屋で肉。
d0183861_01471409.jpg
昔の懐かしい話に花が咲き、近況も交えて長く語らいました。

20年、お互いにいろいろと経験を積んだと実感し合いました。
歳はとれども素敵な大人女子になっていた彼女は、尖ってた20代前半と比べどこもブレてないことに彼女らしさを感じます。
今は日本をベースに頑張って仕事をしてる彼女、次は日本で会いましょう。


ようやく焼き菓子が恋しい季節となりました。
d0183861_01475020.jpg
たっぷりのホウレン草を使ったケーキ。
ドライいちじくと栗の渋皮煮がよく合います。

もう10月。
今月はいろいろと忙しいスケジュールとなってます。
このところちょっと自己投資的なことに夢中になってます。
穏やかに、充実出来る生活を心がけたいと思います。



[PR]
公私ともに多忙な初秋です。
週末は長く付き合いのある古い友人の結婚式でありました。
d0183861_02331529.jpg
この国の結婚式事情、一言で言えばカオスです。笑
何事も親族友人知人一同がてんやわんやで祝うんですが、万国共通結婚「式」となると準備が大変であります。
当日、花嫁は美容院に行くことからてんやわんや開始です。
d0183861_02333173.jpg
美容院から戻り、衣替え。
親戚が地方からもどんどん集まって新郎一族の迎えを待つことになります。
式は16時開始、14時半に迎えが来るまで女性陣はメークと衣装、その後は身内で写真撮影などで盛り上がります。
d0183861_02334526.jpg
この時期、土日はどこの結婚式場も大混雑です。
加えてこの街の渋滞は時間を読むのが大変難しいわけで、とにかく新郎一族が大渋滞を乗り越えて新婦宅に迎えに来てから数台の車で列をなして結婚式場へ向かいます。
案の定、宣誓式の会場にギリギリで間に合い、滞り無く式は終了。
d0183861_02354564.jpg
メインはこの宣誓式が終了してから。
お楽しみ会場はこの街の歓楽街メッカと言われる新市街某所。
d0183861_02343492.jpg
衣替えした新郎新婦と身内・友人知人一同で飲み屋へGO。
渋滞もあるので、割と式場の近くで店を決めたのが幸い、徒歩で10分ほど練り歩く。
d0183861_02342043.jpg
歓楽街とは言え裏通りは下町風情たっぷりです。
d0183861_02364187.jpg
d0183861_02365784.jpg
どこ行っても猫は自由気侭です。
d0183861_02371452.jpg
おされな店も多く実に楽しい裏道散策のあと
d0183861_02384338.jpg
テーブル席5つを満席にし、新婦の交友関係がかなり広く、よくよくみると大半が飲み友達でした。笑

個人的に言うと、あまりこの国の結婚式というのは得意じゃありません。
踊りまくる、ひたすらそれだけの式が本当に苦痛であります。
今回は新婦が特にこの手のお楽しみ企画好きでして、昔からの飲み友達&身内的な付き合いがあるので慣れ親しんでいたこともあり、人生至上ここまで楽しんだ式はありませんでした。
もちろん、帰宅は午前様でしたが気持ちよく帰宅、茶をすすっていると
d0183861_02385545.jpg
このところ、常に訪れる3匹がいるようで、一番最多がこの顔です。笑
d0183861_02391962.jpg
翌日も同じ顔。笑



翌日の日曜日、この日は近所の友人宅へ。(実際には友人の実家)
そしてこの方。
d0183861_02393464.jpg
友人の息子、この秋からピカピカの一年生です。
今月、南の地方の某市に引っ越しとなる予定で、今日がお別れの日でした。
d0183861_02403525.jpg
今回久々の再会だったんですけど、髪も背も伸びて、何より驚いたのが実に滑舌良く会話ができること。
ぐだぐだと絡むのはいつものことなんですけど、理路整然と質問・応答ができることに感激しました。
引っ越してしまったら、1年に一度会えるかどうか、です。
今日は一緒に夕ご飯を食べ沢山話しました。
沢山というのは、まじで超おしゃべり君になっておりこちらの脳の減りを感じました。凹
d0183861_02401885.jpg
とは言え、もうこのおしゃべりもできなくなる、と思うと感極まってしまい目頭が熱くなりました。

「思い出したら、いつでもお父さんに頼んで連絡してね、学校でたくさん友達作るんだよ」

子供らしい照れ方で、ふざけながら聞いてましたけど、最後にぎゅっと抱きしめてお別れしました。
地方とは言え、国内外観光客の多いリゾート地です。
寂しくなりますが、都会で暮らすよりもこの子にとっては良い環境であることは確かです。
いろいろな門出があった今週、皆には幸多かれと祈っております。

d0183861_02390695.jpg
アシュレ、ノアの方舟を起源とするこの国特有の甘味です。
10月初旬までこのお菓子を食べる習慣があります。
これを食べると秋だなぁ、と感じるようになりました。

本当に過ごしやすい良い気候です、しばらくは猫のようにこの心地良さを堪能したいと思います。









[PR]
残暑とは言え気持ちのよい季節です。
d0183861_19213221.jpg
うちの子はこの時期とても元気。
d0183861_19222177.jpg
いつもミャー言いながら駆け寄ってきては爪を研ぐ。
d0183861_19215586.jpg
先週は雨が多く、その雨が止んだ途端にすっかり秋の香りです。

この時期は我が町内の公園で、例年行われる催事があります。
d0183861_19231326.jpg
金土日の3日間、南東部はガズィアンテップという街からたくさんの業者が露店を並べます。
d0183861_19235724.jpg
この地方はピスタチオの産地、今が収穫時期とのことでロースト前の生ピスタチオ。
d0183861_19241549.jpg
テレビ局の取材も多く
d0183861_19250792.jpg
南東部地方料理は割とスパイシー、赤唐辛子もこの地方のものはかなり辛味が強いです。
d0183861_19272374.jpg
オリーブも名産
d0183861_19252525.jpg
牧畜もありバターやチーズの乳製品も豊富
d0183861_19254137.jpg
d0183861_19264938.jpg
手作り麺、短めですけど保存食として多く作られます。
d0183861_19275648.jpg
個人的には大好物、ムンバルという腸のご飯詰め。
d0183861_19274181.jpg
パイ菓子であるカトゥメル。
中身はピスタチオの粉末、砂糖、生クリームたっぷり。
d0183861_19314106.jpg
隣のオバちゃんもかなり大柄でしたが、このパンの大きさは筆舌難く。巨
d0183861_19312468.jpg
白ザクロ、これだけは毎回絶対に買います。
ほんのりとした甘さが素晴しい、エーゲ海から地中海地方にかけて割と多い果物です。

d0183861_19315360.jpg
この他にも新鮮なカルダモンを少量購入しました。
コーヒーには本当に合う香辛料、数年前に友人に教えて頂いてから欠かせない一品となってます。

この催事が終わると、本格的に秋を感じるんですねぇ。
d0183861_19320526.jpg
この夏は本当に暑かった。。。

体力を取り戻していろいろと楽しみたいこと目白押しです。
d0183861_19225950.jpg

[PR]
残暑、ですね。
d0183861_17501289.jpeg
ぬこは相変わらず昼間は溶けてます。
早朝は涼しげに眠り込んでいる姿が至る所で見られますが、これから秋にかけて猫にはよい季節でしょう。
日本は今年、大きな台風が多いようですね。
わが町は湿度が例年よりも高く、長く続いているような気がします。

とはいえダラダラしてばかりもいられず、昨年マイブームだった米サワーを作ってみました。
d0183861_17550189.jpeg
今回は戴き物の日本米を使ったので風味がかなり本格的。
これを作ると必ず酒粕が残ります。
これも無駄なく消費するんですが、今回はパン作りの種にしてみました。
この気温だと発酵も早いですね。
(その分、焼き工程でのオーブンの暑さで死にますが)
d0183861_06452345.jpg
ちぎりパン、です。
中にはチョコレートを入れてます、しかもGODIVA。
(11年前に買収されて今じゃふるさと企業ですけど)

15分ほどで
d0183861_06454326.jpg
ふんわり。
d0183861_06455776.jpg
本当はですね、酒粕酵母はアンパンに合うんです。
かの有名なK屋のアンパンは酒粕系を使用してると聞いてなるほど、と思ったんですが、残念ながら今年の帰省で餡を買い忘れました。凹

小豆は持参したんですが、この暑さで煮炊きをする気力なし。
冬まであん作りは無理です。汗

予報だと今週いっぱいで30度超えは終わりそうです。
d0183861_06464627.jpg
涼しい秋を待ち望んでいます。。。


[PR]
休暇も終わり、すっかり元の日常です。
d0183861_19521397.jpg
日常=ぬこ
季節はもう秋に向けて涼しく、と言いたいところですが気温はまったく下がっていません。汗
d0183861_19522145.jpg
猫たちがぐったりと昼寝する姿ばかり多く目につく中、活きの良いのが飛んだり跳ねたりする姿は微笑ましい限り。
d0183861_19522919.jpg
あまりやんちゃだと首根っこ掴んで可愛がってやりますけどね。


週中に祝日があり、この日は友人のMさんとお出かけする予定を立てておりました。
場所はアジア側の某所、ボスフォラス海峡の黒海側入り口に近い場所で移動にはかなり時間がかかりますが、冷房の良く効く市バスで移動することにしました。
d0183861_19523706.jpg
若干油断してました、やはり猛暑は猛暑。汗
着いて早々、腹ごしらえに海沿いの店へ。
d0183861_19524531.jpg
アジのフライ
d0183861_19532182.jpg
友人は鯛の開き(なぜか開いてた)
猛暑なのに熱々のデザートをサービスされる。汗
d0183861_19532956.jpg
これはゴマペーストのお菓子、ドロドロ熱々です。
嫌いじゃないんですが外気温30度以上の屋外で食べるものじゃないですね。死

腹が満たされ、正午の炎天下に怯えながらも近くの城へ。
坂道を上ること20分程度、距離的には大したことないはずですが暑さのせいで死ぬほど汗かきました。絞
d0183861_19534820.jpg
静かな田舎、って感じです。
d0183861_19533979.jpg
眺めはサイコー
d0183861_19550241.jpg
曇ってますが、日差しがないとかなり楽。

ようやく見えてきた城はローマ時代のもの。
d0183861_19543958.jpg
ここからの眺め、黒海方面には第三大橋が見えます。
d0183861_19544671.jpg
2016年に完成、昔は広々とした良い眺めだったんですが。
d0183861_19545427.jpg
この辺りは野良天国。
暑すぎて、ヒト科も許されるなら寝転がりたいと誰しもが思ったはず。

下りの途中で水分補給し、市バスに乗って再び移動した先で
d0183861_19551009.jpg
この地区の名産、カンルジャ・ヨーグルト。
この国では珍しくデザート感覚で食べるライトなヨーグルトです。
製造場所で一個、移動したカフェで二個目も食べる。
d0183861_19555496.jpg
夕暮れ時でしっぽりと良い雰囲気。
d0183861_19554916.jpg
欧州側の眺めと雛カモメ。

のんきにお茶してますが、気温はさほど下がっておらず暑いことに変わりなく。
d0183861_19560180.jpg
再び市バスにて帰路に就く。
友人はフェリーで対岸へ、自分はバスを乗り継ぎ帰宅しました。
痩せていないはずがない、そのくらい汗かきました。
(実際には体重変化なし)

秋か春先の涼しい時期がおススメですね。暑
d0183861_19535454.jpg
とはいえ、友人は20年ぶりの再訪ということで感慨深いご様子。
私も数年ぶりの再訪でした。
次は涼しいときにまた来たいなと思います。

さようなら、8月!!!

[PR]
夏休みも終わりに近づいております。
d0183861_13050130.jpg
盆を過ぎると夏は終わりと言われており
d0183861_13091418.jpg
朝晩は涼しく時差ぼけ以外大変快眠。
d0183861_13081152.jpg
秋の収穫は間近
休み前半にS市を訪れ
d0183861_13065987.jpg
カニも恒例、あざーっす。
身内友人知人、今年もお世話になりました。

地元はまだしばらく観光シーズンが続きます。
d0183861_13051238.jpg
今年訪れたカフェは落ち着いた雰囲気
d0183861_13052505.jpg
混雑も行列も無く良かったです。
道中立ち寄った直売店で
d0183861_13065159.jpg
d0183861_13063613.jpg
安く新鮮な野菜と果物いっぱい

地元パワースポットと言われている神社参拝
d0183861_13082651.jpg
d0183861_13083045.jpg
実に涼しげな風鈴の音に癒され
d0183861_13084454.jpg
赤トンボ
d0183861_13081574.jpg
大雪山
d0183861_13071041.jpg
雨が多く今年はどこも大変です。
d0183861_13092576.jpg
実家最後の朝食は若干作り過ぎ。
d0183861_13092912.jpg
都入りした現在、残り数日を友人巡りしています。
d0183861_13044773.jpg
d0183861_13043446.jpg
さよなら、地元。
また来年。








[PR]
夏休み、開始です。
d0183861_22274436.jpg
ものすごい猛暑続きで典型的な夏バテでやられてますが、長ーいフライトも無事クリア出来ました。
d0183861_22292895.jpg
出発日は友人が空港まで付き添ってくれたので、家を出る前に公園で朝食。
d0183861_22305810.jpg
d0183861_22312380.jpg
朝の公園のカフェはいつもこんな感じです、ギャルソンがイタズラ子ぬこを追いかけてサザエさんのよう。
d0183861_22324501.jpg
反省の色、無し。笑

今回の休暇は前半と後半が忙しい予定。
中盤辺りにまったりしたいと思います。

地元はさすがに涼しく感じます。
寝て食べて、夏バテ回復を目指します。
d0183861_22360033.jpg


[PR]
暑中お見舞い申し上げます。
今年は日本も異常に暑いと耳にしますが、気象状況はこちらもリンクしてるかのように暑い毎日です。汗
週末に寄ったスーパーの入り口で
d0183861_03311061.jpg
おや?
d0183861_03313637.jpg
何、ここ・・・

違うスーパーの入り口にも
d0183861_03362440.jpg
野菜の脇に
d0183861_03391114.jpg
ぬこもぐったり

で、帰宅した我が家には
d0183861_03301781.jpg
暑くて節操なくしてます
d0183861_03325447.jpg
逃げるとか、避けるとかの気力もないんでしょうけど、こっちも暑くて構ってる余裕ないわ

家に入ると
d0183861_03333510.jpg
ここは雨避けの他に涼む場所にもなってるようです

とはいえ、馴染みの公園には
d0183861_03372944.jpg
うわ、ちっさ
d0183861_03382781.jpg
こういうのがわらわらとおります
d0183861_03445407.jpg
3兄弟の取っ組み合いとか実に賑やか
d0183861_03430104.jpg
ヒト科もぬこ科も子供は一緒


こう暑い日が続くと若干寝つきも悪く、夏風邪ひいてから体力温存で行動は日没近い時間帯です。
今年は珍しく湿度も高いので、除湿器欲しいと探しているんですけどなかなか良いものがないので今年は断念します。泣

さて、上階のご近所からの差し入れ↓
d0183861_03400332.jpg
今が収穫時期のヘーゼルナッツ
この国は世界の8割近い生産量を誇ります。
生は今時期、これを乾燥させたものを剥いて中身だけで良く売られていますね。
こういうものをボリボリ食べつつ、この暑さを乗り越えようと思います。。。

[PR]