いやぁ、このところ書き出しや内容は「不調」。
ここ数日ずっとだるくて気管が苦しいというか、咳が出ます。
早めの就寝を心がけたり、いいのか悪いのか分かりませんがモーレツな肉食になってみたり、いろいろです。
体温調整がうまくできないんですねぇ、寒かったり発汗したり。
寒いときにふと思いついたのが「お茶」、日ごろからハーブティーを飲む習慣はあるんですが先日ネットで見かけ気になっていたのがこの印度チャイ
本場ではマサラ、と呼ばれているこのミルクティー。
素焼きのカップがなかなかいいですね、でもそういう位置にしゃがまないで欲しいですが。
d0183861_22242144.jpg
本場のチャイにはいろいろな香辛料が使われるようですねぇ。
d0183861_22291062.jpg
まぁ、自分が作る限界として、いま自宅にある香辛料はカルダモン、生姜くらいですが。
シナモンは嫌いなので省くことにしますけど。

大抵の香辛料は簡単に手に入る国であります。
クローブはお菓子に使われたり、この国のチャイを煮出す際に使用する人も多くおりますね。
d0183861_22382746.jpg
特徴
バニラに似た甘く刺激的な香りが特徴のスパイスでフトモモ科の常緑樹。
現在はザンジバル、マダガスカル、スリランカ、東南アジアなどで生産されている。
スパイスとして使用されるのは花のつぼみの部分であり、このつぼみを乾燥させたものを使用する。

歴史
クローブの原産地はインドネシアのモルッカ諸島、使用されたもっとも古い記録は紀元前200年頃に書かれたインドの叙事詩「ラーマーヤナ」に見ることができる。
また同時期の中国にも記録が残っている。
日本への伝来は8世紀頃、正倉院の中にこの頃のクローブが保管されている。
髪に塗る鬢付け油や日本刀のさび止め油にも使われていた。
クローブは古くから交易品として世界各地に伝わっていたが、その産地や製法はあまり知られていなかった。
これは、産地から直接仕入れているアラビアや中国の商人が利益を独占するために産地を隠していたためと言われている。
例えばアラビアでは「クローブは精霊から仕入れている」と言われていた。
また、中国ではマレー産のクローブを「中国産」として売られていた。


カルダモンは香りが好きでコーヒーによく投入しますが、効用について調べてみたところ;
発汗作用、興奮作用、駆風作用、去痰作用、健胃作用など、とありました。
ちなみに駆風作用(くふうさよう)とはお腹に溜まったガスを取り除く作用だそうですね、ふ~ん。

で、早速作ったマサラ・チャイ。
自分のうちの材料はクローブ、カルダモン、黒コショウ、ローリエの葉、生姜。
まずは香辛料全てをコップ2杯の水で煮る。
d0183861_21544396.jpg
沸騰したらティーバックを1個投入、これは特にブランドにこだわらず。
d0183861_21552722.jpg
5分ほどして牛乳コップ1杯と黒砂糖をお好みで投入(基本的に甘めの方が美味しいと言われる)、煮こぼれしないように鍋を動かしながら沸騰を何度か繰り返す。
d0183861_21575524.jpg
んで、出来上がり。印度の場末の雰囲気たっぷりなグラスはこの国にも沢山あるわけね(笑)
d0183861_21584749.jpg
クローブとカルダモンの香りが効いていて美味しいです。
量の調整はお好みで出来るでしょう、個人的にはカルダモンたっぷり入れることをオススメしますが。

行ったことないですけどね、印度。
こういうスパイシーな飲み物は本場で飲むとものすごい印象に残るでしょうねぇ。
ちなみに、今住まう国のチャイはカフェインがキツイので胃にきます、よってあまり飲まないんですがマサラ・チャイは牛乳使ってるので胃に優しいすね。
今後も時間があったら作ってみたいと思います。
[PR]
先週末から再び体調に違和感を感じるようになりまして、いやはや、体力の衰えでしょうか(老)
食べ物はきちんと食べてますので、間違いなく運動不足かと思われますが気力がございません。
ま、自宅ヨガでも再開しようかと思案中。

さて、日曜は雨。
寝倒そうと決めておりました、体もだるく感じてたので嫌でも寝っぱなしとなりましたが。
先週作った白餡が残っており、使い道を調べていたところ御題の菓子にたどり着きました。
浮島。なんと情緒あるネーミング。
d0183861_1201792.jpg
作り方
材料;
白餡  約200g
卵黄  2個分
卵白  2個分
薄力粉 大さじ2
上新粉 大さじ2
砂糖  大さじ3

1.卵黄・白餡・薄力粉・上新粉を混ぜ合わせる。
2.卵白に砂糖を少しずつ加えながらメレンゲを作る。
1に2を加え、さっくりと混ぜ合わせ容器に入れて蒸し器で15分~20分蒸す。


一口食べて、その食感に驚きましたが一言、軽い、です。
餡の食感がとてもいい感じでして、サラリとした舌触りが不思議な感じ。
d0183861_1261576.jpg
お菓子で風邪は治せませんから。
ってことで昨日買っておいた立派な根セロリ。
風邪、というと必ず食べてますか、この根菜
d0183861_1273319.jpg
香りがねぇ、たまらなく良いんですよ、アロマです。
d0183861_1282577.jpg
さて、体にいいものをもっとたくさん摂らないといけませんね。

他に何か体にイイモノあったらぜひ教えてくださいませ。
[PR]
まだ1月なんですねぇ、正月明けからの日常生活は一定のテンポで過ぎて行きます。
生活にテンポができる、というのは体には良い事でしょうか。
朝の起床時間、出勤時間、帰宅時間、就寝時間、週の6日間は同じ時刻で行動しております。
たまに友人知人と会ったり、外食したりもありですが基本は同じ、特に変わらないのが出勤・帰宅時刻。

毎日の通勤はこのところメトロビュス、という渋滞の多いこの街ではちょっと画期的な公共交通手段利用です。
これはですね、幹線道路のど真ん中に2車線と停車場を確保、一般車両の立ち入りを禁止してるので渋滞知らずの移動可能という便利な乗り物であります。
d0183861_15564174.jpg
3~5分に一本の間隔で流れるようにやってくる&朝は始発駅から乗車なんで座れる確率が高いわけ。
今まで下手すりゃ2時間かかっていた朝の通勤がなんと20分+地下鉄乗り継ぎ+ミニバス+徒歩の合計40分で可能となりました。
帰りはそれでも家路を急ぐたくさんの乗客がおり、しかも始発駅乗車じゃないので間違いなく立ちっ放し、終着駅の2駅手前くらいでようやく座れるという具合。
それでも、以前のように市バスで渋滞の中を長時間立ちっ放しでいることはないので楽なんですが、このメトロビュスはえらい暖房を効かせており地獄の様な暑さで体温調整できずに大汗かいて風邪ひく、というパターンですか。
背中にタオルでも入れて汗かいたら取り出す、という子供の頃にやっていた方法でも試そうかとマジ思案中だし。(これって子供の頃のスキー授業でよくやっておりましたね)

かなり前置き長くなりましたが、お題について。
この国の人には日本のマナーが通じない、という場面によく遭遇するんですがイライラしたら負けです(笑
それでも疲れのせいで時々イラっとするのが「カバンの持ち方
高校生とかのリュックの持ち方、オバサンとしては注意したくなるんですが邪魔くさいったらありゃしない。
混んでる時にリュックが一人分の立ち位置を無駄にしていると。
あと、OLのショルダーバッグね。
肩に掛けるとちょうど隣の人間の肘下部分に当たるのでこれも場所を取る、と。
ま、隣に息の臭いオヤジが居る際は距離を保つ為に役立ちますが、あくまでも場所を無駄にしているのは確か。
さて、かくいう自分のカバンは肩にも掛けられる四角い手提げタイプ。
混雑する場所では肩に掛けず手提げで使用してます。
日本のサイトで「カバンの持ち方」で検索すると健康関連のサイトにヒットすることが多いですが、これはあくまでもマナーの問題ですからねぇ。
マナーという面と健康という面でも一番良いとされるのがこのような持ち方だそうですよ。
d0183861_17524710.jpg
これよ、これ。
ふくらはぎに当たって痛いとか言ってるOLもいるようですが、股に挟め、股に。

個人的には盗難も多い国ですんで、自分の視覚にカバン全体が入るという面でも手提げの持ち方が無難です。
あと気になるのは傘の持ち方。さし方じゃないですから、持ち方。
折り畳みじゃない長い傘をさ、こういう持ち方するアホが多いわけ、これは日本も多いですね。
しかも歩行と一緒に後ろ方向に振るんだな(苛)
d0183861_18494011.gif
こんなんは論外だし
d0183861_18495569.jpg
地面に対して垂直に持て、こら、と。

最近は、口じゃなく行動に出てしまう傾向がありまして、顔に当たるカバンやリュックを思い切り押し返したり、無言の抵抗です。
無言の理由は面倒くさいことと「気付けよ、ボケ」という気持ちがそうさせているわけで。
あと、携帯のマナーモード、ってう言葉の存在すらないので他人の会話を聞きながら乗り物に揺られることも多くあります。
日本の常識はあえてこの国で求めません、しょせん無理ですからねぇ。
ただ、人のふり見て我がふり直せ、という気持ちが高まる一方であります。
[PR]
この国で、怪しい乾物屋やバザール巡りをしてると「民間療法」が気になったりします。
要はケミカルな医薬品に頼らない治癒の方法、ですか。
ここ数年はエジプシャン・バザールに顔なじみの乾物屋などもあり、定期的に訪れております。
先月、風邪をひいた際に使い切ってしまったベルガモットの精油。
d0183861_0144196.jpg

この精油は鼻風邪には大変効果がある、と自分の経験上述べておりますが。
鼻の通じが良くなります、ハンカチやティッシュに2滴ほど垂らしてジャンキーのように吸引しましょう。
頭もスッキリしますので風邪ひいてない時にも時々香りを嗅いだりしてます。

ベルガモットの効用について
心理効果:鎮静と高揚、両方の効果がある。興奮しているときはクールダウンし、怒りの気持ちを和らげる。また、緊張した神経にはリラックス効果がある。陽気な気分になりたいとき、ストレスからくる不安や緊張があるときに用いる。
身体効果:消化器系の不調を和らげる作用に優れている。食欲のバランスを整え、おなかの張り、胃もたれなどの症状を緩和。
肌への作用:殺菌作用があるので、オイリー肌、ニキビのケアに用いる。脂っぽい頭皮の手入れなどにも良い。
その他:防虫効果があるので、ルームコロンとして使用すると、香りを楽しみながら虫よけとしても役立つ。
注意点:強い光毒性があるので、日中の使用は注意が必要。皮膚刺激性あり。



で、新しく精油を買い求めにエジプシャン・バザールを訪れた際、店のオジサンに気になったもうひとつの精油の値段を聞いたところ、これはプレゼントしてあげるよ、と(嬉)
気になっていたのはローズマリーの精油でした。
d0183861_0201848.jpg
これは日本もそうですがこの国はいたるところに繁殖している植物で、庭先によく植えられておりますね。
生は食用に利用したり、石鹸シャンプー後のリン酢に入れております。

ローズマリーの効用について
炎症抑制効果、血行改善効果があり、外用によりリューマチなどの関節炎、内用では消化不良に対して使用されている。
育毛効果:複数のハーブと組み合わせた使用で育毛効果があることが知られているが、これは、5αリダクターゼ阻害作用、血行促進作用、炎症抑制作用などに起因すると考えられる。
記憶力を改善する作用:主成分であるカルノシン酸には、神経細胞の維持に重要な役割を果たす神経成長因子の生成を高める効果があることも報告されている。軽度のアルツハイマー型痴呆症患者に対しては症状が改善する可能性のある報告がされている。
ロズマリン酸には、花粉症の症状を和らげる作用があることが知られている。
カルノシン酸、カルノソールには、生体防御機構を活性化させる作用があり、解毒作用を高める。


金額は日本よりちょっと安め、ですがこちらでも安い商品ではないですねぇ。
(10mlで約800円弱ね)
d0183861_0254449.jpg
大量に使用するものではないので、少量を効率良く利用してストレス解消してみるのが宜しいかと思います。
[PR]
今年に入ってから更新滞ってましたか。
別に忙しい訳じゃなかったんですけど、こうPCの前に向かって書き連ねることがなかったというか。
年末年始はバタバタしてましたし、気持ち的にまだ落ち着いていなかったという感じもしますが。

友人Eには昨年末に一緒に晩御飯を、と誘われていたんですが風邪ひいてしまったことが理由で延期してました。
金曜の朝、いきなり電話がありまして「今晩どうよ?」と。
特に予定も無かったし、週末ということもあり(土曜も仕事あるんですが)承諾、職場がかなり繁華な場所にあるのでこういう時は飲みに行くのも億劫ではなくなりましたか。
Eは某日本食レストランで利用できるタダ飲食クーポンが手に入ったそうで、初めて訪れてみました。
d0183861_3225369.jpg
こんなんで約2千円ちょいですもんね。
食事に関しては自腹で行くような店じゃないです(笑)それでも取り合えず飲んでみました。

で、Eと一通り語り合った後、次はどうする?と聞くと、この日はEのはとこの誕生会があるということで一緒に行こうと誘われました。
場所はお洒落でセレブも多いNisantasi。ここはセレブも多いだけに飲食はちょっとお高いので敬遠しがちでありますが、年に1度か2度くらいですね、訪れる頻度と言うのは。
とあるバーにて誕生会を開催、50人くらい集まると言う話でしたので紛れるつもりでEと、もうひとりEの従姉妹にあたるTと一緒に参加してまいりました。
d0183861_15203671.jpg

d0183861_15204842.jpg
d0183861_152123.jpg
DJブースあるけど狭い店なんで、久々の騒音(音楽)と酒で声がニューハーフになりました。
そのときEが、

「あそこのカウンターに座ってる子、Hatirla Sevgili(数年前に終了した人気ドラマ)に出てた子じゃない?」

その瞬間、自分のボルテージが一気に上がったことは言うまでもなく。
このドラマ、当時ものすごく夢中になっておりました。
特にこの日、偶然居合わせたこの俳優に関してはとんでもなくファンになってましてネットでいろいろと調べた時期もありまして。
DJブースからの音楽に負けないくらいシャウトしましたね。
この時点で誕生日の主賓が誰か分からないような状況となり、EとTの腕をすごい力を込めて握っていたようです、自分。
同じく誕生会に呼ばれたB君というのがカウンターにいる俳優に声をかけ、笑顔で声をかけて頂きました。
d0183861_327262.jpg

この時点で自分が自分じゃなくなっていたこと、申し上げときます。
この俳優、Berk HAKMANという若者で過去に主演映画もあります。
冒頭に述べた人気ドラマで注目を浴び、その後もテレビドラマに出演してましたが(主演じゃないけど)このドラマは何かの理由で途中打ち切り、その後消息がわからなくなっておりました。

写真を一緒にとってもらった後、俳優は一人で来てたらしく外で喫煙しており周囲の人間と普通に会話しておりました。
EとTに「行って話して来い!!」と何度もせかされ、一瞬にしてチビった町の子供みたいになる。
気持ちは女子中学生よ、まじバレンタインのチョコ渡すのに四苦八苦した14歳当時にリターンしてましたか。
Eは好きだと告白して来い、Tはタバコくださいって口実で近づけ、とすごい勢いなわけよ。
まずは落ち着くためにビールをぐいぐい飲み、何を話すか頭でまとめて勇気を持って近づいてみました。

大変気さくな人でありました(愛)
話した内容として、現在は次の出演ドラマについて検討中であること。
昨年打ち切りになったドラマは主演俳優が放送途中で突然辞退を申し出たことでシナリオがぐちゃぐちゃになってしまい、3ヶ月間ほど放送停止してる間に視聴者を失ったことが原因、などなど。
打ち切りになったドラマの撮影場所であったEskisehirという町に行った際、撮影してないか探したことを言うと、
「本当?ぜひ撮影場所にも来て欲しかったなぁ。」
とおせいじでも嬉しいことを言ってくれました。
Adapazarというイスタンブール近郊に家族と暮らしていること、Mimar Sinan大学在学であったことも知ってたので、そこら辺について聞くと現在は大学も無事修了しイスタンブール市内に在住であることを教えてくれました。
次のドラマ、楽しみに待ってます、頑張ってください、と月並みなファンとして激励し何度も握手してもらいました。
TとSはおせっかい婆のように横から「タバコもらっていいですか?」とか「Efendi、ケーキ食べなさい」とかすごい勢いで加勢してきました(笑
しかし、この俳優Berkくんは大変気さくな人で終始笑顔で飲んでおりました。
憧れの人だっただけに、今自分の置かれている状況を誤解してはいけないと飲みながら考えていたわけで、24時も過ぎていたこともあり泣く泣く帰宅することにいたしました。
帰りのタクシーの中で、EとTに話したのが

「すごい好きなんだよね、あの俳優。すごいネット検索しまくっていろいろ知ってるんだけど、お父さんが有名なギタリストでお兄ちゃんは素人だけどもっと格好良いってことも知ってるんだよね。んで、乳首に毛が密集してることも知ってるって話したらストーカーと思われたよね?良かった、話さなくて」

EとTが自分の本気さをここで改めて知ったことは言うまでもなく、外国人が許される範囲のファンぶりであったということで反省会終了。
この晩はまじ眠れなかったです、興奮。
っていうか、出歩かないと出会いはない、とE、T、共に痛感した一日でしたか。

自分としては行き過ぎた行動厳禁ということで、携帯番号を相手に聞く・教える、遠くから追いかけて付きまとう、ひつこくプライベートを聞き出す、という行為はOutだと思っております。
ここまで行ったらストーカーかと。
ただファナティックとストーカーの一線というのは非常に微妙だ、とも思います。
Berkに嫌われないように、次回も偶然な出会いを夢見つつ、また同じ店に張り込みはしないように気をつけます、はい。
ただ、今とんでもなく幸福です(笑)彼らの仕事が夢を売る仕事、とはT曰く。
(しかもこのTが興奮する私の横で俳優に「大変ですね、芸能人ってのは」と言い放ちやがりましたね)
俳優にもファンに対する対応が横柄な人間もたくさんいる中、この子は大成する、と勝手に太鼓判押させてもらってます(笑)
d0183861_1192891.jpg個人的には、これでエレカシの宮本に会えたら間違いなく昇天できると思ってます。

















何事も夢見ることから始めましょう、いつか実現することができるかもしれません。

※余談として;
オタク
おたく(オタクとも表記する)とは、1970年代に日本で誕生したサブカルチャーのファンの総称。独特の行動様式、文化を持つとされる。元来はアニメ・SFのファンに限定した呼称であったが明確な定義があるわけではなく、現在はより広い領域のファンを包括しており、その実態は一様ではない。かつてはおたくという言葉に否定的な意味合いがあったが、現在は肯定的な評価もされるようになった。また、趣味に熱中している人物を指して、その趣味の分野に関わらずおたくと呼ぶこともある。

ストーカー
ストーカー(stalker)とは、特定の他者に対して執拗につきまとう行為を行なう人間のことをいう。その行為はストーカー行為あるいはストーキングと呼ばれ、典型的には特定の人間に対して好意または怨恨を抱いてつきまとい等の行為を繰り返す者のことである。

ファナティック
({英}fanatic )《ファナチック》〔名〕狂信者。熱狂的支持者。*煤煙〔1909〕〈森田草平〉二七「自分も禅学の狂信者(ファナティック)に用はない」〔形動〕熱狂的なさま。狂信的なさま。

[PR]
正月という気分も通常の土日とあまり変わらなく終わった2010年でありました。
(仕事の都合で大晦日も元旦もその翌日も電話の応対に追われっぱなし)
大晦日と元旦に見る顔ぶれもここ数年、まったく変わっていないことに気付く。
まぁ、それはそれで良いことではありますけどね。

今年の正月は風邪が治りかけだったり、通勤時間が長くて疲れていたこともあって特別な調理はなかったんですねぇ。
お客用にきちんと調理はしましたが、正月らしいものは特になし。
そのうち週末に時間を作って自分のために何か作りたいとは思います、はい。

正月明けにロンドン旅行帰りの友人を迎え、美味しいお土産頂きました。
まずは手始めに渋いHarrodsのアヒル。
d0183861_3521644.jpg
マカロンと生チョコ。
d0183861_353257.jpg
グラスウォッカ、大変香りの良いお飲み物で。
d0183861_3542067.jpg
画像としてはありませんが、臭美味のブルーチーズに豚生ハム、なども頂きました。
この国にない美味しい食べもの、アンカラのおばってぃ、いつも戴いてばかりで恐縮です。
今日もブルーチーズに癒されましたよ、ってか昼過ぎ辺りからモーレツに腹が空いてきて頭の中は昨晩のブルーチーズでいっぱいでありました。
癖になりますな、この青カビチーズってのは。
しばらくは晩酌のお供として楽しませて頂きたいと思います。
※ちなみに、Tescoというメーカーのチーズでありました。
(訂正;スティルトンチーズっていうそうです)
[PR]
日本はすでに新年を迎えましたが、こちらはあと2時間で2010年が終わろうとしております。
d0183861_455978.jpg
今年は生活が一変し、結果的には良い一年であったと思い返します。
出来事には理由があるということ、そしてあるべき結果を得る為に必要な一年であったと思うわけです。
ただ、まだまだ志半ばであり、2011年は最良の結果が待つ年であるような気がしてます。

一年の計は元旦にあり、毎年勢いはいいんですけどね(笑
どうか今年も宜しくお付き合いくださいますよう、この場を借りてご挨拶とさせて頂きます。

efendi

追伸:画像はDivanホテルのケーキですが、ここのチョコレートは美味しいですね。
ちょっと年越しの祝いに奮発してみました。

[PR]
土曜は結局、仕事に行けるような状態になく自宅でテレビ観ながらソファの上で朦朧としておりました。
完全に風邪、喉の不調が2日間続いた後、土曜の朝はモーレツな鼻水とくしゃみへと症状が変わり、昼頃には発熱開始。
何気に歯が浮いてるような感覚と骨が痛み出しましたのでじっとしておりました。
運良く買い溜めしてあった食材があり、すっかり存在を忘れていた野菜が今回の
Kerevizという根菜であります。
これはセロリの根の部分にあたり、この国ではとてもポピュラーな根菜のひとつであります。
自分の好みは前菜としてよくある調理方法で、オリーブ油を使ったものであります。
このKereviz、こういう感じです;
d0183861_544421.jpg
d0183861_545116.jpg
なんで買ったかと言うと、スーパーで見かけたときに葉の部分が割りと残っていたのでビーフシチューのブーケガルニに使おうと思ったわけで、肝心の根の部分はあまり興味なく放置しておったわけ。

風邪ひいて、何か栄養のあるものを食べないとと思い、重い腰を上げてレシピをネット検索。
この国では主に暖かい肉料理と野菜だけで冷たくして頂く2つの調理法方があり、今回は後者の調理法を試してみることに。
d0183861_5512210.jpg

材料;
Kereviz  2個
ニンジン  2本
玉ねぎ   1個
ジャガイモ  1個
砂糖    大さじ1
塩     一つまみ
オリーブ油  大さじ3

まず、野菜は玉ねぎ以外は全てサイコロ状に切る。
玉ねぎはお好みですが他の野菜よりも小さ目に切る。
Kerevizとニンジンを少量の油で炒めておく、鍋にオリーブ油と玉ねぎを入れ炒め、しんなりしたらジャガイモを投入、2~3分強火で炒める。
鍋にKerevizとニンジンの炒めたものを投入、水を200ccほど投入し砂糖と塩を加え蓋をして10分ほど中火で煮込んで出来上がり。


初めてにしては上手にできました。
d0183861_5573848.jpg
いつもなら米食ですが、今日の料理に米は合わないと思い、クルミ入りのパンを添えてみました。
まじ、熱下がりましたね(笑
ちゃんと食べないとやっぱり風邪は良くならないもんだなぁ、と実感中。
にしても、今回の風邪は数時間で症状が変わる典型的な風邪の症状でして、夜には鼻水も割りと出なくなってきてますので回復は早いかと思います。
来週はまた寒気で気温が下がるようなので、今のうちに養生したいと思います。
[PR]
一昨日からノドがモーレツに痛いんです。
d0183861_2324579.jpg

これはもう、典型的な風邪でしょうね、このところ通勤で汗かいて冷えたりしたかもしれません。
熱はないと思いますが、あっても病院行くわけじゃなしと計ってないし。
このノドのモーレツな痛み、なのに昨晩は思いつきでキムチ・チャーハンをこしらえてノドを焼きました(辛)
しゃべるのも億劫な今日、日本だとすぐにコンビニでノド飴とか買うんですけどね、こっちでは薬局にちょっと高めの飴が売られております。
d0183861_2355472.jpg
350円くらいですか、なんとなく効きそうにないけど気休めに。
ま、この国の人は大概にして風邪をひくとリンデンのお茶を飲みます、こちらの言葉ではウフラムルと言います。
d0183861_2381487.jpg
このお茶は非常に効きますね、特にノドの痛みは和らぎます。
お茶として、一掴みの乾燥した葉を500ml程度の水を入れたヤカンに入れて沸騰させます。
乾燥した葉は乾物屋やスーパーでお手軽に手に入りますけど、この時期は風邪引きが多いんで特に売れるそうで、昨年の豚インフルが流行った際は店頭から消えました(笑
d0183861_23161034.jpg

10分くらい煮出して飲むのが宜しいかと。
この国の人はこれにレモン垂らして砂糖を入れるんですね、効き目を殺すよな甘味ですが。

徐々にノドから鼻に移行しつつある症状ですが、週末は忘年会まがいの集まりもあり、無理しないといけません。
今晩は早めに就寝したいなぁ、と思います。

※ちなみに、最近病床に伏していた友人が秋野暢子のオススメという風邪の治療法を教えてくれたけど、絶対に何かの間違いだと思ってたら本当らしい。。。
って、試すわけが無い、と思ったけど友人は何日もの発熱に弱りながら座薬程度でメソメソしそうだったので、ネギなんて挿した暁にはビリーミリガンになっちゃうんだろうな、とふと回想中。

[PR]
今日は冬至です。
日本でなら南瓜と小豆を食すところです、でも今年は私も日本から持ち帰ったゼンザイのレトルトにて、こちらで一般的な水っぽい南瓜を美味く煮付けてみました。焼餅も一緒にいただくと更に美味しく。
d0183861_1744731.jpg
これでこれからの一年も健やかに過ごせるよう、祈っております、はい。

梅が丘のMちんから昨日このようなものが届いておりました。
(玄関のリースに乗ってた 笑)
d0183861_17444419.jpg
上から見ると難解な黒い物体。。。
d0183861_17455356.jpg

まじ心和みました、我が家に2泊ほどして頂いた来客のハリネズミのミニチュアです。
加えて思わず唸ったのがこのミニカード。我が手からこぼれ去った緑の小鳥(涙)
d0183861_17463193.jpg
んで、キットカットね、懐かしいなぁ。

Mちん、本当にどうもありがとう、こんなにも今の私の心をぎゅっと掴むグッズはありませんよ。

このところ、本当に何かしら心が晴々しい気がしてます。
夏に(長文)ファンレターを出しだ梨木香歩先生からもメールにてお返事を頂き、この辛い夏を乗り切って今ようやく新しい人生歩んでますぅ、と叫びたいような気持ちで感極まったし。
(ファンレター投函オタクとしては、返事をもらってようやく成就するもんでさ)

今日が誕生日、なんとなく気持ちの切り替えをしてまた頑張る気持ちでいっぱいです。

※この後、雛2匹に祝っていただきました、日本の続に言う影膳ね。
しかし、ケーキを平らげるその姿にちょっと胸焼けが、、、。
d0183861_19105540.jpg
d0183861_1911734.jpg
d0183861_19111972.jpg
d0183861_19113951.jpg
d0183861_19115331.jpg
d0183861_19121344.jpg

[PR]