一月ほど前に偶然手に入れた本がありましてね。
1つの生地で餃子も、めんも、パンも!というこの本、餃子のルーツ的なものを追求した料理研究家のものであります。
形や具は様々なれど、小麦粉と少量の塩、水で作られる料理の幅広さってのを痛感する一冊でありました。
日本では餃子の皮というのは市販されておりますので、皮から作ることは手間を省くという意味で日本はとても便利ですね。
こちらの国には薄く焼いたユフカというものが売られていて、これを切り抜いて餃子を作っても味はほとんど普通の餃子となること、友人に一度教えてもらったことがありました。
d0183861_2324625.jpg
今回は時間をかけて美味しい焼き餃子を作ってみようと思い、前日から生地の準備をしておりました。
強力粉100g、中力粉200g、塩少量、水150mlでひとつの生地を、更に中力粉300gと塩、水でもうひとつの生地を用意し、合計900g程度の生地が出来上がりました。
皮をひとつひとつめん棒で伸ばして作ります。
作り方は中央を厚めにして端は薄く延ばすというのがコツだそうで、そうすると具を包んだ際に均等な皮の厚さになるとか。
d0183861_2331014.jpg

具は牛ひき肉200g、長ネギ1本、卵一個、生姜1欠け分、塩、醤油、ゴマ油、各小さじ一、砂糖とコショウを少々。臭み消しに日本酒も少々入れております。
具を包み、まずフライパンに並べ下に焦げ目がつくまで3分ほど焼く。
d0183861_2341764.jpg
d0183861_2334484.jpg

その後に熱湯を投入、蓋をして蒸す要領で更に焼く。
熱湯が蒸発しきったら少量の油をさらっと餃子にかけ、弱火で数分放置する。

出来上がりはカリカリの焼き目がついた焼き餃子であります。
d0183861_2343988.jpg
d0183861_235110.jpg

これを炊き立ての白いご飯に乗っけてみるわけ。
d0183861_2353146.jpg

ポン酢にラー油、最高でありました。
振舞った友人は非常に感激しており、食べる前に注意するのを忘れてしまいましたが最初の一口をかじった瞬間に熱さで吐き出しておりました(笑 ヤケドしたようですね、すいません。

時間があるときしかやりませんけどね、今回は大量に作ったこともあり焼いた後で冷凍庫にストックされます。
ユーラシアの旅物語、とサブタイトルのこの一冊。
次は揚げ餃子とかサモサとか作ってみたいと思います。
[PR]
16日からこの国は犠牲祭(クルバン・バイラム)という大型連休となっておりました。
15日も休みとなる企業・お役所関係も多く9連休という大型連休、期待はしておりませんでしたが案の定私はシフトにて仕事、ゆえに大型連休とはならず。
それでも2連休にはなるということで、アンカラからお越しの友人と市内観光のお付き合いという約束がありました。
いつも食道楽となる傾向がある面子でしたが、久々に島観光という企画もあり天候も良かったので非常に楽しみにしておりました。

こういう連休の時には公共の乗り物などは半額、市民は喜んでお出かけする傾向にありどこも混雑しております。
事前にネットで調べたフェリー運行時刻も変更となっており、慌てましたが何とか予定通り12時には大島到着なり。
行きはT女史と共にアジア側のB港より出港、同時刻にヨーロッパ側K港よりアンカラからの2名が出港、携帯メッセージには「黒人とアラブ人がいっぱい、ってそういう俺らもジャポンだけどさ」と。
d0183861_21591551.jpg

こちらは地元の特に子連れ客が多く甲板にて寛ぐことに、赤と青の座敷童を愛でる。
d0183861_21595336.jpg


到着して即、腹減ったと。
ただ、大島はひどくはなくとも混雑しており、大島の隣にあるヘイベリ島への移動を提案する。
大島の中心へ向けてまるで竹下通り、という雑踏に巨神兵を欲す。
d0183861_2202589.jpg

ヘイベリへの移動は10分もかからず、大島の喧騒が嘘のような落ち着きのヘイベリ島。
d0183861_22111353.jpg
この猫は大島でお出迎えでしたか。
d0183861_221081.jpg

まずは腹ごしらえにレストランへ。
前菜はいつものように茄子のペースト、茄子のトマト煮込み、タコマリネ、他。
d0183861_2231398.jpg
d0183861_2233177.jpg
ビールは当然。
d0183861_2245083.jpg

メインはアジの唐揚げ。
d0183861_2251092.jpg

くちたところで早速の島観光。
まずは街角の案内板より目指すはHüseyin Rahmi Gürpınar博物館へ。
d0183861_2283081.jpg

上り続ける町の坂道、4人が4人とも汗だくで虚ろになっていく。。。
d0183861_22121089.jpg
肝心の博物館は祝日のため休館で撃沈。
d0183861_22184314.jpg

せっかく高台まで上ったこともあり、最近新しいカメラご購入で写真部所属の友人おびっしゅ、被写体を選び撮影の腕を上げるが如く撮影開始。
d0183861_22192484.jpg

(ブスも可愛く写すかのような魔法の高性能カメラであります)
下は私のデジカメにて、でもこれもSANYOでおびっしゅのお下がりです(笑)、被写体と構図、そこのところどうでしょうねぇ、素人の自分には勿体無いくらいのデジカメでありますが。
d0183861_22181569.jpg
d0183861_2219544.jpg
d0183861_22201839.jpg
※今気付いたけど犬の背中が人面、ではなくフンドシ女体みたいじゃ、、、?
d0183861_22204169.jpg
d0183861_22212771.jpg
おびっしゅの作品はそのうち顔本に公開されると期待しつつ。
d0183861_22224824.jpg

本当は、この後ヨーロッパ側に渡り水タバコ吹かしたり、売春宿付近を社会見学したり、ペラ・ホテル周辺のお洒落なお店を覗いたり、昼飯が消化されてなく満腹にも関わらずタイ料理を食べたり、と大変楽しく闊歩いたした我々ご一行。

またこういう楽しい散策ができること、楽しみにしております。
[PR]
小鳥のことが忘れられずに3週間が過ぎ去り、ある天気の良い土曜の正午。
もともと行きたいと思っていたのは中古屋、アンティークショップでありました。
何か味のある一品でもないものか、と退屈しのぎ企画ではあったものの頭の中にある小鳥とどう直結したか、探し物は「とりかご」ということになってしまいました。
ただ、市販の真四角な鳥篭じゃありません。
昔ながらの趣のあるもの、日本だと昭和初期あたりを髣髴とさせる木製のものとかですね。
こういう感じが日本風ですね。
d0183861_4492599.jpg
夏目漱石の小説にも鳥が登場するんです(永日小品)、なんとなく勝手に想像していた木製のカゴというものが脳裏にありまして。
果たして、この国でそういったアンティークがあるのだろうか、と。

アジア側の買い物通りにある古物屋仲通りへ。
一軒一軒回ってみることにしました。
この店の店主は親切にいろいろ話を聞いてくれましたが、鳥かごはない、と。
d0183861_4502181.jpg
ミシンとか大道具もかなり多く。
d0183861_4512127.jpg
どこの店にも多いのは陶器の花瓶やグラスの類ですか。
d0183861_452767.jpg
隣の店の店主もとても親切に話を聞いてくれ、今は無いけど調べてくれると言ってくれました。
d0183861_4531795.jpg
d0183861_453454.jpg
シャンデリアなどこの国のアンティークに多いキレイな物がありました。
d0183861_4545683.jpg
アンティーク、というよりは古道具屋という店も何件かみましたが、すごい量のガラクタに驚愕。
d0183861_4572693.jpg
可愛い真鍮のトレイがあり、5TLくらいならと思って聞いたら店主が15TLと言い張るので舌打ちしてみる。
d0183861_4582365.jpg
これなんて、小学生の粘土遊びじゃないの?と(笑)売り物とは信じたくない一品なり。
d0183861_4594125.jpg
リキュールグラスもなども多いんですが個数が足りなかったり、傷ものだったり、と。
d0183861_505070.jpg
d0183861_514246.jpg
店主の話によるとグルジアやアルメニア、はたまた中央アジア方面から仕入れるものも多いとか。

最後の店が割りと高級そうなアンティークショップ、SAH GALERI
ここは日本のガイドブックにも載ってたりするそうで、昨年オープンとはいえ品数も多く店も広く。
店主に鳥かごはないですか?と聞いたら意外なことに「あるあるある」と(笑
出てきたのがコレ。
d0183861_561437.jpg
オスマン朝時代の品物とかなんとか。
d0183861_5719.jpg
シンプルなものを求めていただけに、大きさも形もちょっと意外でありました。
(デカイのね、高さだけでも80cmはあったかと)
こういうのが好み、という人は絶対にいると思うんですが私の夢見た小鳥が馴染むかどうかは謎す。
d0183861_594291.jpg
しかもさ、気になったのはオイルペイントされててガビガビになってるってことですか。
店主は何度もこういう風に色を塗り直されて今日に至る、とか。
こういうところがこの国の国民にありがちなセンスの無さってやつですけど。

で、肝心のお値段は?
店主 「これはね、2千ドル以下じゃ売れないよ、お嬢さん」
撃沈です。欲しくないけどね、別に。
友達にこの話をしたら「お前の観点が鈍ってる」と鳥なのかカゴなのかはっきりせぇよ、と頬を打たれたような気持ちになりました。
ってことで、もう少し味のあって懐の痛くない金額で鳥かご探します、はい。
[PR]
いい歳こいた大人なので、いい加減ハリネズミを自然に返そうと送別会の後、束の間のお別れをいたしました。
20時、まだ子供にとっては眠い時間帯でしょう、背中を向けて超連れない女、みたいな。
d0183861_491482.jpg
抱きしめちゃいけません、そこは衝動的&感傷的にならないように、血を見ます。
d0183861_495391.jpg
しかし、どんなに突付いてもひたすら寝てました(呆)
d0183861_4102645.jpg
今回、どうしてハリネズミを拾ってしまったか。
先回も書いたように映画の影響ってのもありますけど、実はかれこれ3週間ほど前の出来事が発端でした。

朝、仕事に向かう通勤路での出来事。
いつも黙々と歩いているので目線はいつも足元付近に注がれております。
まず先に足が反応したような気もしましたが、足元に小さな緑色の小鳥が落ちておりました。
これも咄嗟に「拾った」わけです。
※死骸じゃないことは一目瞭然であり、決して拾い食いしたりする人間じゃないことは述べておきます。
この画像にそっくりなんですね、目の縁が白く全身が黄緑色の大変キレイな小鳥でありました。
d0183861_4183063.jpg
手に持っても大人しく、愛でながらその瞬間に思ったのは
「これから仕事なのに、どうしよう。。。」という迷い。
目の前にたむろするオジサン連中がおり、私を見て「そのうち飛んで行くだろうからここに置いておきなさい」と、車道沿いにある電気の配線BOXみたいなのの上にちょん、と乗っけたんですね。
なぜかこの時、素直にそうですね、じゃ、とすぐに建物の中に入ってしまった私ですが。。。
自席に着いた後、どうも落ち着かない、と。
もしかしたら飛べないかも、車道に飛び出て車に轢かれる、などなど頭の中にいろんなことがよぎり始め1時間後に鳥の置かれた場所に戻るも、既に鳥の姿はなかったんであります。。。

飛んで行ってくれたことを祈るも、どうしてあのような大人しい小鳥を持ち帰らなかったのか、嵐のような後悔に数日悩むことになりました。
未だに、足元注意で歩いてるんで今回のようなハリネズミに遭遇したわけで。
ご縁、そう思うと拾うものが今後は大変増えるでしょう。しかも生き物ね。
犬や猫は飼わない主義です、いや、とても好きだからこそ仕事を持つ身としては避けてるんですが。
鳥、そしてハリネズミ、、、小動物に心のスイッチ押される今日この頃であると実感中。

ご縁は拾い物にあり、と決して金払って買うことはないんですが、この小鳥の一件で非常に自分が危うい行動に出そうだ、と。
危ういと思う行動はまた次回、書きたいと思います。
[PR]
唐突ですが、拾いました。
d0183861_20331889.jpg
ご覧のとおり、ハリネズミです。
我が家周辺は割りと住宅街で区民公園なども多く緑豊か、まさかとは思いましたが8年以上暮らしている今の住居周辺には多く出没する小動物です。
一度、死骸はみたことありましたか。亀の子たわしのデカイやつ、かと思って近づいてまじまじと眺めたら小さく細い手足がついていて驚いたもんでしたが。
仕事帰りが遅くなった夜道に、歩道隅にのこのこ歩く物体を発見したときは思い切り走って追いかけた自分です。
※これにはちょっとした経緯がありますがそれはまた後ほど書きましょう。
子供、とはいえ割りと育ってしまった感じの子です。
ハリネズミというのは大変臆病な動物です、だからこそ針のむしろで身を守るんでしょう。
カバンの中にあった書類の束で巻き寿司の要領で抱きかかえて帰宅しました。
d0183861_20395089.jpg
靴の箱に入れましたが、蓋が上になってる構造はお嫌いのようで脱走を何度も試みる。
d0183861_2041064.jpg
ネットで調べる前にまずベランダに放置して様子をみることに。
d0183861_2041505.jpg
まず、何をお食べ頂くか。~ネズミ、というだけに雑食であろうと予測しつつ、こういったサイトを発見。
(なに、日本じゃこういうペットも流行りなわけ?)
動物性のエサ、というのはこの日適当なものが見つからず、リンゴとキャベツを試しに差し上げてみようかと、バルコニーに出てみると箱の中は空っぽ。。。あぁ、夜行性だったのよね、とその暗闇の中の行動力に感心するわけ。
d0183861_20454358.jpg
しばらくしてまた様子を見に行くと、捨て忘れていた古いハーブ用のプランターに鎮座間しておりました。
d0183861_20482642.jpg
その日は「いいもの拾った」くらいの気持ちでおり、数日滞在して頂いてから公園に返そうと思っておりました。

翌朝。

さすが夜行性、我が家の1.2m×6mほどのバルコニーを大層往復されたらしく、植木鉢はひっくり返され、とどめはシモの躾がなっておらず(野生児なんで当然ですが)至るところに脱糞しており、今晩早速お帰り頂こう、と決め仕事に向かう。
余談ですが、友人に大型連休で実家帰省する前に宿泊させてあげる約束をしていたことをすっかり忘れ、このような珍客を招き入れておりました。
翌日仕事もありますので、とDON'T DISTURBの札を掛けておいたにも関わらず起こされる(苛)
寝ぼけながらも、喫煙者である友人に通常の喫煙場所であるバルコニーの進入禁止を伝えると怪訝そうに「なに?教えてくれないと眠れないぃっ!!!」と騒ぐので
「Kirpi。。。(ハリネズミ)」とだけ言って記憶診断(眠)
※友人は大層なショック状態に陥ったとか

で、実はハリネズミを家に持ち帰る際に近所の友人に電話をかけ、拾ってもいいかな、と問う。
(これは子供の頃からの癖で、訳の分からない状況下に置かれると誰かの同意を求めてしまうというものです)
「それはいい、ぜひお持ち帰りなさい」
この男は何も考えない奴で有名でありますが、このときは大層後押しする言葉であったな、と。
翌日お帰り願おうと心に決めるも、ぜひ歓迎会を行いたいと言い出しましたので、それじゃ、ついでだから日曜の家族とのスカイプの際にも披露しようかと滞在延長していただく。

昨晩は歓迎会ということで食後に就寝中のところをおいで頂く。(箱中にて眠っております)
d0183861_2123699.jpg
アルコールも入り、全員が全員へべれけとなっており、近所の友人が箱から出ていただきなさい、と酔った居酒屋のサラリーマンのような振る舞いを始める。
d0183861_21251748.jpg
気のせいか、ちょっと涙目になっているハリネズミ。
これは歓迎会だから、と強引に撫ぜてみせる近所の友。
d0183861_21263135.jpg
この辺で、歓迎会なのか虐待なのか一線が引けてないような気がしてバルコニーに戻す。

今朝も思い切りバルコニーで暴れたご様子、但し昨晩よりも食欲旺盛でオレンジがお気に召したようなかんじが糞の状態で分かるようになる。
朝からスカイプにて家族に寝っぱなしのハリネズミを箱ごとカメラの前にお連れし生態について講義をたれてみる。
バルコニーの掃除も済ませ、今晩お帰りいただこうかどうか思案中。
飼うとなかなか可愛いんですが、思い切り抱けない辛さってのはちょっとフラストレーション。
そういうことよりもやはり野生に返すのが一番ですよね、反省中。
2日間、大変楽しかったです。
(相手のハリネズミはどう思ってるか、心中ご察しあれ)
今回、たまたまこのハリネズミと遭遇する前に観た映画。My Queen Karo 
d0183861_2215147.jpg

これにも出てくるハリネズミ、もう少し小さかったら飼いたいところでしたね。
[PR]
今年はまったもの、それはヤーンという素材ですか。
これは麦藁帽子などの素材として多いですかね。当然ですが帽子もたくさん作りました。
初夏の当時、いつもなじみの毛糸屋にてこの素材を見つけたときは大喜びで大量買いしたものです。
昨年も売られていたんですが、色があまり好みではなく素材そのままのナチュラルなものが無かったんですが、今年は好みの茶系とナチュラルなものが沢山売られていました。
大人サイズの帽子に250g使用します、今年は子供用の帽子3個、大人用4個、そして手提げバックやショルダーバックを数個作っております。
材料費は合計4千円程度かかったと記憶しております。日本に比べたら安いと思いますが如何に。

まず、自分用に作ったショルダーバック。
No.1 ;この夏は大変重宝したものです、割とたくさん物が入ります。
d0183861_216171.jpg
d0183861_2164486.jpg

NO.2 ;これは友人の誕生日に贈ったものです。
色はとてもシックな朱色です、厚みがないので物はたくさん入りませんがコサージュを後で付け足してお洒落小物にしてみました。
d0183861_2171896.jpg
d0183861_2173660.jpg

これまた友人への贈り物。円形なのでたくさん物が入ります。
d0183861_2182479.jpg
d0183861_2185276.jpg

No.3 ;これは自分用に作ったNo.1の小型版。色は日本から持参した染色剤を使用してますが、非常に発色の良いブルーで友人の好みに仕上がりました。
d0183861_2195868.jpg
d0183861_21102672.jpg
d0183861_21104998.jpg

No.4 ;これまた友人への贈り物。
ちょっとしたお出かけに最適な大きさです。
d0183861_21112352.jpg
d0183861_21114482.jpg
d0183861_21121041.jpg
d0183861_21124399.jpg

No.5 ;これは自分用の縞模様バック。まん丸なので物を入れるとちょっと形が崩れてしまうのが難点かと。
d0183861_21131521.jpg
d0183861_21133990.jpg

No.6 ;これはまだ手渡せていない友人への贈り物です。
スーパーなんかで買い物したときにエコバックのような感じで使ってもらいたいと思います。
d0183861_2114612.jpg
d0183861_21142037.jpg

この素材、まだまだ作りたいものがあります。
時期的にもう来年用となりますが、現在はちょっと一息ついてるとこですね。
素材が毛糸に比べると硬いんで、マイケル・ジャクソンみたいに指にテーピングして作ってましたから。
何事も没頭する性質です、そういう意味でこの夏は非常に楽しかった創作でありました。
[PR]
11月、まだ冬というよりは秋深しというこのところの天候はまさに秋晴れなり。
d0183861_58366.jpg
我が家周辺の木々は色づいており紅葉とまではいかなくともすっかり秋色です。
d0183861_59223.jpg
いつも買出しに出かける線路脇の道は蔦が這い紅色がまさに秋、であります。
d0183861_18592297.jpg
こう遊びながら歩くのも楽しい秋の日和であります。
近所の庭には柑橘類が多く、レモンやオレンジ、はたまたカリンがうらなりだったりします。
d0183861_5135371.jpg
この季節、磯野家のカツオの如く近所の庭先になる梨やオレンジの実を失敬することも多く、付き合わされる友人にはいつも嫌な顔をされるんですが。
そんな折、遊びに来ていた某友人とスーパーに行った際に「これ、食べたことある?」と聞かれ、首を横に振ると「じゃ、ぜひお食べなさい」と薦められたのがこれ。
d0183861_5185040.jpg
こちらではMusmula(むしゅむら)と呼ぶこの果物。
大きさはピンポン玉ほどで表面は梨のような表皮に包まれております。
袋に入れレジに向かう際、隣に居た買い物客のご婦人に、「あなたたち、これの食べ方知らないでしょ」と声をかけられる。
袋のまま常温でしばらく放置してからお食べなさい、と。
そうすると甘味が出て美味しくなるから、でも決して袋から出して放置しないこと、そうすると乾いて美味しくなくなるの、と教えてくれました。

さて、帰宅後早速の試食。
皮ごと食べるよう言われ、一口かじって。。。うぁ?
d0183861_533375.jpg
渋いじゃねぇか、と(笑)
こちらの言葉で、ムシュムラ食べたような顔をする、という表現があり日本語で言うとまさに「渋い顔をする」という使われ方があるほどで。
中には小さな種が6~8個あります。
d0183861_535136.jpg
しかもこのように小さなくせに一個食べるのに飲み物が必要という。
でないと喉に詰まるわけ。

調べたところ、日本名でムシュムラをセイヨウカリン(西洋花梨、学名:Mespilus germanica)と言うそうな。
大変栄養価の高い果物として知られているようで、これぞまさに良薬口に苦し。
カリンは割りと食べ慣れてきたので苦じゃないんですが、これはちょっと、、、体に良いと思って無理して食べるという感じ。
ま、そのうちまた違う方法で美味しく頂くことを検討中です。。。
[PR]
毎日とにかく海、ビーチでゴロゴロして夜は海岸通のレストランで飯、というのも単調すぎではないか、とTさんに異議を申し立てる。
わたしゃどうでもよいよ、どこか行くなら連れてって、という方です。
企画・担当を必然的に担うわけですが、そこは長年調べていたこともありまして観光場所は当然の如く調べてありました、はい。
この島の中心から4KMの距離にあるギリシャ人村、Zeytinli。
d0183861_432346.jpg
かつてギリシャ人たちが暮らした多くの家屋が残っている村であります。
実際に未だ島に留まるギリシャ人も多く、カフェなどにはこの島で特産のサクズという、木の樹脂を使った甘味が有名であります。(アロマです)
宿から島の中心まで4KMの距離はバスにて移動、そこから村へは歩こうじゃないか、とビーチサンダルにてテケテケと歩き始める。
d0183861_4302332.jpg

間違いようのない一本道、道路わきには野苺がたくさん実っており、時間があれば摘んで持ち帰りたいところでしたが歩きながらつまみ食いするに終わる。
d0183861_4325090.jpg
d0183861_433632.jpg
村との境界線は石畳なり。
d0183861_4333547.jpg

こじんまりとした町並みはところどころにギリシャな感じが漂っておりました。
d0183861_4351338.jpg

水飲み場にはギリシャ語でその由来が書かれています。
d0183861_4363274.jpg
d0183861_4364714.jpg

時々耳にする村人たちの会話はやはりギリシャ語であり、今はギリシャに移住した島民の身内が夏に身内訪問に帰ってきているということを後々知るわけです。
小さな村ですから、15分も歩けば全体を歩きつくせるわけ。
d0183861_4372874.jpg

d0183861_4380100.jpg
d0183861_4383691.jpg
で、以前CNN TURKにて取材されていたカフェを見つけ感極まる。
d0183861_439255.jpg

いかにもギリシャな雰囲気のこのカフェは普通のトルコ人のオジサンが経営しておりました。
d0183861_440616.jpg
d0183861_440501.jpg
(この店を引き継いで30年くらい経つとか)
この店でトルコ・コーヒーとサクズアロマ入りのプディングを食べる。ま、普通に美味しかったですけど。
d0183861_4421487.jpg
(甘からず辛からずですか)
店内にあるお客の残したメモ書きや写真を眺める。
d0183861_4425167.jpg
d0183861_4431682.jpg

この村には他にもいくつか甘味処があり、生粋のギリシャ人老夫婦の店では、爺さんが婆さんに叱られながら注文取りとお給仕しており、足元のおぼつかない爺に客が気を遣う店(笑)
d0183861_4434621.jpg
どっちかが亡くなったら終わりの店であること間違いなし、来年も食べられるか、老夫婦の甘味(乞)
村に残る、活気ある時代の公共洗濯場。
d0183861_4441143.jpg
未だに使用できる状態ではありますか、趣があります。

実はTさんとの島旅行の3週間後、友達と3人でこの島を再訪しております。
近所の友達に話したら即決、自家用車にてリベンジの再訪となりました。
この村では3人で空き家に不法侵入したり、爺と婆のギリシャ語会話を同行のギリシャ人に通訳させ仲の良い口喧嘩を盗み聞きしたり、「うちの庭を羊が荒らすので現行犯で捕まえた際は罰金もらうから」という和やかなギリシャ語の貼り紙に笑い、車のナンバープレート裏に引っ付いたサソリを突いて遊ぶなどして楽しみました。
バスでは行けなかった全てのビーチを網羅、最終的に気に入ったLaz Koyuビーチを最終日のメインとして長居する。
d0183861_4445610.jpg
大層日焼けしたのですが、ビーチに寝そべって、とか泳いで焼けた、ではなく魚釣りに没頭して焼けた、という感じでした。(結果は雑魚も釣れない、のお馴染パターン)
頭に毛髪がないため頭頂部黒焦げの近所の友、偏った肥満でソマリア難民体系につき腹部が黒焦げのギリシャ人、魚釣りに夢中で日焼け止め塗り直しを忘れ両肩黒焦げの自分、とそれぞれが不本意な日焼けに終わる。
最終日では自分のおごりでレストランで暴飲暴食、テーブルクロスに隠れながら隣席ギリシャ人の足元で大ゲロし、不覚にも店員に顔を覚えられてしまうという良い思い出も作ることができ感無量。
長年憧れた島に2度も訪れることができ、もう二度と来れないような思い出も作ったという果報者です。

この島は観光ズレしてないという表現よりも、まったく手入れがされてないという国の怠慢も垣間見られます。
しかし、島には大きな高校があり都会で荒れた不良少青少年が送り込まれる島でもあり、ここでの生活で更生するらしいすよ、すごいなぁ。
熱中時代では利尻・礼文島でしたね、あぁ懐かしいな、みねっこ。
島の風土で子供の心が癒される、なるほど。
レストランでバイトしてた子も今年から大学進学で島の高校卒業したとかいうイスタンブールの子でしたか。
島での生活は本当に楽しかった、と言っておりました。
(別に不良少年だったわけじゃなく、高校受験で島の高校に来たという子です。トルコはこの手の入試で自身の希望ではなく受験合格点数で国に学校を指定されます)

さて、来年も行くかどうかは分かりませんが、イスタンブールから割りと近場という点と安上がりな旅行ができたという点では満足です。
ゲロした店のオジサンが自分のことを忘れてくれていたらぜひ、また来年に行きたいと思います。
※バケツ一杯は吐いといて言えることじゃないんですが。笑
[PR]
我々が滞在した宿のある場所、この島では一番賑やかな場所であったらしく、レストランも港沿いに6件ほど横並びにあり、取り合えず値段とメニューを見比べて大差なかったので全て攻めてみるつもりでおりました。
ビーチから戻って一風呂浴びて、20時くらいに歩いて5分ほどの港へ。
夕暮れ時刻、観光客は21時くらいに食事に来る様子で、我々は早めに店に入り一杯煽る。
d0183861_3354744.jpg
前菜は欠かさないわけ、というかメインは不要な我々でありましたが、島特有の香草とかお馴染みの茄子のサラダなど。
d0183861_3373280.jpg
毎日違う店を攻めたわけですが、どこの店も基本的に味に大差なし(サービス料金には差があり憤った店もあり)
d0183861_3393859.jpg
タコは時価ってやつでしたが、イカとタコには満足しました。
d0183861_3402143.jpg
Tさんを取り合えず酔わせてみようと思うが元々弱いということで勝手に酔われておりました。
d0183861_3421649.jpg
気がつくと真横で子猫が狙っており威嚇して追い返してみる。
d0183861_3432484.jpg
酒が入ると勢いがつき、レストラン裏の住宅地を住民の暮らしぶりを探るべく暗闇の中まるでコソ泥のように徘徊。
今時は防犯システムなのか近づくだけで照明が点灯し仰天して逃げ惑うという結末で幕なり。
この港沿いは日没後に露店が並び、アクセサリーや小物が多く売られておりました。
(写真は日没前ね)
d0183861_18555560.jpg

Tさんはアンニュイな巻き毛のお兄さんが売るアクセサリーを2個ほど購入。
僕が拾った石に細工してるんです
タダ材料で荒稼ぎしやがって、と思うがTさんはお気に召されていた様子、が後から思うとお兄さん自体をお気に召されたのでは、と思うわけですが彼女の好みはアーティスト系である、と決して自分とかち合わないであろう事に安堵する。
ちなみに自分が買ったのはこのような軽石魚ね、しかもでっぷりとしたオバちゃんから購入。
d0183861_455939.jpg


全体的に、この島の食事情はレストランに関しては短い夏のかき入れ時にめい一杯稼がねば、という島民の気持ちがひしひしと感じられ、特にお安いと感じることはなく。
逆に島の中心にあるカフェや大衆食堂での飯は安いこと間違いなし。
島で有名なお菓子などもあり、アーモンドクッキーなどはお土産にもよろし。
d0183861_4361721.jpg
Tさんとは最後の日に島特産のワインや石鹸などを土産に買いました。
フルーツワインは1本800円程度ですから、お安いですね。ちなみに普通の赤ワインで有名なのはこれ、Barba Yorgo。
d0183861_4191636.jpg
チーズたっぷりのパイのようなピザのような食品、名前はジジリアといいます。
※結局は食べられなかったので某サイトから拝借画像なり。
d0183861_4264817.jpg
石鹸は島のハーブを使用したもの多し。
オリーブ、タイム、ローズマリーそしてアーモンドはオススメなり。
d0183861_420436.jpg
オリーブのジャムなどは珍品。
d0183861_439293.jpg
とにかく、旅の楽しみというのはその地方特産のものを食すということであり、自分に限って言うと味はどうでもよろしいわけ。
五臓六腑が満足したということだけで十分であります。

この次は島観光として見所のギリシャ人村について書きたいと思います。
[PR]
2010年も残り2ヶ月を切る今頃になってですが、この夏は本当にいろいろと旅をしてまして。
ちょっとこの場を借りて一気に回想してみたいと思いました。

お題にあるこのギョクチェ島、かれこれ8年近く旅行を計画しては実現していなかったという場所でした。
今年初めて行くことが出来たのもご縁かな、と思います。
我が家に遊びに来ていたTさんが、いきなり会社に夏休みを取れと言われ困ったもんだ、という話がきっかけで「それじゃ、近場でどこかご一緒に」と、翌日には夜行バスに乗っていたという早急さ。
勢い、それだけであったと言えばTさんはそうでしょう。
しかし自分にとっては長年の希望ということもあり、3泊4日の予定で宿も勝手知ったるサイトにて検索、電話した1件目で即決という、今思うとカンだけが頼りの旅であったかと。
夜行バスにはジュースの瓶にアルコールを入れて持ち込むというオヤジぶりを発揮。
久しく乗っていなかった夜行という乗り物に何かしら浮き足立っていたことは否めず。

島の全体はこのような形であり、イスタンブールから陸路でEceabatという町へ到着したのは午前5時半頃であったと記憶してます。
d0183861_312065.jpg

そこで朝7時までカバテペ港行きの乗り合いバスを待つ。
15分ほどの移動にて港へ、そこからフェリーに乗り込み約1時間半。
見えてきた島は予想以上に大きく高く・・・。
d0183861_3113621.jpg
(行きは日によって違うんだと思いますが、帰りのフェリーは確実にこのようなタイムボカンな感じの最新式フェリーなり)
d0183861_3203457.jpg

前日に手配した宿のご主人が車にてお迎え。
(宿は一泊35TL、3泊で7千円弱なり、島全体の物価も超お安いわけね)
宿に荷物を置き、早速宿に一番近いというビーチへ歩いて行くことに。
しかし何もないエリアです、木が少ないというか、建物も少ないわけ。
d0183861_3275796.jpg
着いたビーチはとても小さく、無料パラソル(半分以上が壊れかけ)が10個ほど有り。
d0183861_3293268.jpg
d0183861_3331098.jpg
ビーチ横にある茶屋にてトルコ・クレープと飲み物を注文、全部で200円弱という金額に驚愕する。

この島はまだまだ未開拓であることが物価と島の風土から察せられるわけ。
ここは昔ギリシャ人の島として栄えていた歴史があります。
1960年当時まで5千人以上あったとされるギリシャ人の人口は現在では300人にまで減少、多くはトルコ人の暮らす島となっているようで。(ちなみにギリシャ語でこの島はIMROZ島と呼ばれております)

Tさんと、この島では取り合えず思い切り海水浴、とビーチ開拓から始めることに。
2日目に行ったのは乗り合いバスで30分程度の距離にあるAydincik(アイドゥンジュック)というビーチへ。
後々気付いたのがここにある建物はウィンドサーフィンを主とするマリン・スポーツ学校であったようで。
d0183861_3321479.jpg
d0183861_3323398.jpg
d0183861_3331425.jpg
d0183861_4494156.jpg
ここはもう、海もキレイで波も穏やか。
風があるんでマリンスポーツに非常に向いており、目下エーゲ海地方の混雑を逃れてこの島へサーファーが流れ始めている様子。
レンタルサーフィンは先生の指導付きなり。
ビギナーは行きたくない方向に突進しがちなので轢かれないようにご用心。
d0183861_4485170.jpg

ちなみに、このビーチの向かい側には塩湖があり泥風呂でも有名なり。
(鳥の巣窟とあって、死んだフナのような異臭がたまらなく美肌相乗効果あり、一歩足を踏み入れた途端に小学生の頃に死なせたメダカを思い出す)
d0183861_3373717.jpg
d0183861_4465186.jpg
このビーチには翌日も乗り合いバスにて通いました。
なんせ足がなかったもので、公共の交通機関で行くならこのビーチが最適であったかと思われます。

取り合えず日焼けしとけ、という感じでしたか。
食と買い物は二幕へ続く。
[PR]