先週は南の地中海地方A市に公用で滞在。
下手すりゃ1月に海水浴も可能なこのA市、さすがに今年は全国的に三寒四温で肌寒いものの滞在先のホテルのプールサイドには欧州からの強者が甲羅干しをしており、傍から見てるだけで心底冷えました。

束の間とはいえ雨が降り、上がったと思ったら陽射しが照り付け松林の湿った香りが心地よい地中海の春。

d0183861_15233091.jpg

ホテルの庭先にわんさかいる居る猫は人見知りで逃げるばかり、登った木から降りる際に隙をついて立ちはだかったところ、どけてくれ、と目が訴えるような。笑



週末には帰宅でしたが夜中の到着だったので友人宅に一泊。
翌日はせっかくなので友人と海峡沿いの店にブランチへ。

d0183861_15411937.jpg

朝食セットメニュー、友人がご愛用のこの店は席についた瞬間に食べ物が運ばれてくるという腹ペコには最適の店。

d0183861_15411986.jpg

山盛りのパンは種類豊富、且つ友人のようなチーズ好きには堪らない大量のチーズあり。

d0183861_15412065.jpg

オムレツはこの国の朝食定番のメネメン

塩分の多いチーズはこんがりと焼いて。

d0183861_15412022.jpg

お茶は飲み放題でパンはお好きなだけおかわり可能。太

腹がくちたところで海岸沿いを散歩。

d0183861_15233235.jpg

アーモンドの木は日本の桜に似た花を咲かせます。
しかし陽射しに騙された感いっぱい。寒

d0183861_15412045.jpg

ここにはルメリヒサールというお城があります。
(海峡の対岸にはアナドルヒサールあり)
割と冷たい風が吹き付ける海沿い、この時点で友人がショールを取り出し体に巻き付けはじめる。

d0183861_15233018.jpg

その時目に入ったのがちょっと懐かしい地ビールの店。

d0183861_15233189.jpg

この店、違うエリアでの開店が一号店で当時によく飲みに行っておりまして、地ビールのタンクから数種をミニグラスで試飲できてとても美味しい地ビールを堪能した思い出あり。
今回の店はちょっと豪華エリアにあって開店7年目とか。

d0183861_15233154.jpg

自分の居住地はアジア側、頻繁には来ることのないヨーロッパ側ですが久しぶりに来てみると良いなーと感じます。
※2001年当時はヨーロッパ側に居住していたんですけどね。昔

この後、夕方までウィンドーショッピングしつつ友人宅に戻り、案の定すぐに帰宅せず拉致られて友人の顔馴染みの店に。

d0183861_15233193.jpg

リニューアルオープンして2日目。
先回ここで財布忘れたという思い出もありますね。苦
(財布の前はサングラス忘れてるし)
しこたまアルコールを再注入し、午前2時まで豆とイモをつまんで過ごしました。

気が付いたら4月突入。

d0183861_15233058.jpg

花香る季節、温かなそよ風を心待ちに。春


[PR]

花冷えとは
本当ならば花も咲き寒さの厳しい時期も
過ぎたというのに、また寒さが感じられる事。
d0183861_13090836.jpg


そう、陽が照っても吹く風はやはり冷たいのです。

花は例年よりも遅い開花だと思います、とは言えこの日の公園で馴染のコーナーへ行くと

d0183861_13090830.jpg

チューリップ
今年のスターターは赤。
来月はチューリップの催事もあります、どこもこれから沢山の種類が多く咲き始めます。

この日はいつもより遅めの時間帯に訪れたので、公園はピクニック目的などの家族連れ多し。
そうなると猫は全く見かけることがありません、ピクニック客のおこぼれ目当てに居なくなります。凹

d0183861_13090724.jpg

公園内には3匹ほど犬も居るんです。転寝

d0183861_13090857.jpg

パンジーは今月に入ってから多く植えられております。

d0183861_13090953.jpg


寒く感じる気温、登場したこの子は横っ腹をがっつり禿げにされており更に寒い光景。
ボランティア連中に去勢させられちゃったようです。
風邪ひきませんように。

そんな自分も先週ひいた風邪がまだ治りきっておらず、体が何気にグダグダしてるような。
友人Sとアルコール消毒と題して我が街へ繰り出す。

d0183861_13090960.jpg

さすが土曜はどこも老若男女ごった煮の状態。

d0183861_13120990.jpg

一軒目で軽く2杯程度、ちょっと滑舌よくなったところで次へ移動。
移動しながら雑貨屋などを覗き

d0183861_13090926.jpg

まじで買いそうになったデス・ノート。


運命の相手と遭遇。

d0183861_16504687.jpg

d0183861_13121006.jpg

売り物と化した子ぬこ。

d0183861_16424146.jpg

雑貨屋店主♀




2件目でSの愚痴が炸裂し、曜日を跨いだ時点でおひらきとする。酔


土曜、Sを待つ間に寄った馴染の甘味屋で買っておいた茶菓子。

d0183861_13091025.jpg

俗にいうターキッシュデライトってやつですね(この甘さと食感がデライトなんでしょうか)
右はミカン、左は2色になっててレモン&ミント、超爽やか柑橘系。
オマケでオレンジピール。

日曜は通常よりも3時間以上遅くスタートしたこともあり、茶菓子は洗濯の合間です。
この間に仕込んでおいたパン生地で、余っていた練り餡を消費しようと思い立って作ったのが

d0183861_13091024.jpg

サクラあんぱん。(既に夕飯に近い時間帯)
トッピングの桜の花の塩漬けが餡子と最高に相性がよろしく。
焼き上がった瞬間に触って、なんか表面がカツカツと音のしそうな硬さでびびりましたけど、時間が経って食べてみるとそんな硬くはなかったです。安堵
実はオカラを生地に混ぜてるんでこうなったかな、と。
次回は普通の生地でふんわりとしたあんぱんを焼きたいな、と思います。

d0183861_13121076.jpg

庭のマーガレットも開花しました。
週の半ばくらいから、気温は上がる予報です。待



[PR]
ハルウララ。
d0183861_01323844.jpg
雨が続いた一週間が明け、春の日差しに誘われるかのごとく遠出。
週末は延び延びになっていた問屋街への買い出しのため、海を渡り欧州側へ。
d0183861_01323585.jpg
目的地までの道のりにあるのはこのエリアで観光スポットにもなるスィルケジ郵便局。
d0183861_01323615.jpg
この建物は約100年前に建設されております。
以前の記事を参照あれ)
ドラマや映画のセットにも利用されること多々あり。

買い出しを済ませ、荷物の多さに辟易しつつ休憩のための喫茶店を目指す。
d0183861_01323671.jpg
途中、花屋や造園関連の店先を覗くと家庭菜園用の野菜の種が多く目につく。
(苗売りもあり)

さて、このエリアに来ると必ず立ち寄る老舗喫茶店。
d0183861_01323706.jpg
この国特有の中東菓子はもちろんですが、割と欧州の菓子も多いんです。
(ちなみに↑は洋菓子)
d0183861_01323642.jpg
↑プディングの類はスターチが主原料でして、この点はちょっと中東系かなと感じる。
d0183861_01323714.jpg
この店の目玉となるのはこのスターチで出来たプリン(のようなもの)。
本体自体はほのかな甘み、これにローズウォーターと粉砂糖を振りかけてあります。

1時間ほど休憩し、電車の乗り換え途中にある某ショッピングモールへ。
今年はスーツの新調が必要、いろいろと物色中です・・・。
(なかなか良いのが見つからないんですが)
試着5回、この時点で手荷物の多さと外気温の上昇で汗だくとなる。

御呼ばれした友人宅へ行く途中、ここまで来たなら寄らずにいられない
d0183861_01361922.jpg
馴染みの公園。
案の定、待っていた花が次々と開花しておりました。
d0183861_01323767.jpg
ミモザは長いこと待っておりました、例年よりも3週間近く遅い開花。
d0183861_01323796.jpg
垣根も新緑が実に眩しく。
d0183861_01361936.jpg
遊べ遊べとやって来る顔なじみ。
d0183861_01361930.jpg
サクラに属する木はもう既に4割ほどが開花。
早過ぎた花は先週の雨で散り始めていたりします、散った花びらの上に寝そべるぬこらの姿は実にのびのび。
d0183861_01323860.jpg
この公園の良いところは花壇以外にも雑草が多く、しかも花をつけるとこ、ですね。

この後、約束の時間に若干遅れて訪問した友人宅。
d0183861_01362093.jpg
この小さいオッサンがひましに成長しており、この日は足がオッサンのよふに臭っており抗議しておく。
最近のおっさんブームは
d0183861_01362037.jpg
ソファを解体しテント作り。
婆を筆頭にお呼ばれするんですが、その際は「夫婦ごっこ」しないといけません。

「ボクが夫ですから、面倒見ますから」

未だかつて言われたことのない言葉にときめきました。笑 皇族か。
結局この後、横暴な夫と分かり離縁して家を出ましたけどね。
婆と父は耐え忍んでおりました、さすが身内。





この日はまじ万歩計欲しい、と思ったくらい歩きました。
しかし、春の陽気を侮ってはいけません。
日陰は風が吹くとぜんぜん暖かくありません。冷
d0183861_01362179.jpg
今週のお花。
毎週月曜、職場に新しいものを持参します。
このあと午後から頭がちょっと重くなりはじめ・・・
翌日は風邪の症状で寝込む。凹

軽い風邪の諸症状、ここでこじらせないように十分気を付けたいと思います。
(来週は怒涛の出張コース控え中)






[PR]

寒の戻り、でも気分はどうしても新しい素材を欲している様子。
先日購入した新素材の影響もあり、作りたい欲に駆られております。
先シーズンからのまとまった余り素材で大き目のものも作れました。

d0183861_13290753.jpg


このスクエア・シリーズは今年もゴールドで行こう。

d0183861_18474381.jpg
雑誌や新聞、iPadなどの収容に便利。


手間がかかって指先も痛いけどデザインが好みのこちらサークル・シリーズは黒で。

d0183861_13290648.jpg


内布は深紅でチラ見せがちょっと大人っぽい雰囲気の仕上がり。

d0183861_13290661.jpg

これは定番のシリーズ。

d0183861_19071857.jpg


シンプルで服装を選ばないデザイン。

d0183861_19071939.jpg


これも定番となりつつあるタイプ。

d0183861_19071824.jpg


モカ色の本体。

d0183861_19071853.jpg


内布の色はチラ見せが可愛いスカーレット使用。

今季のお気に入りNo.1はフリンジを初めて使ったこのデザイン。

d0183861_13290549.jpg


ミニ、ですがフリンジと刺繍のリボンがポイントなり。

d0183861_13290647.jpg

ちなみに内布はネイビーです。

こちらは私物。
バルセロナの友人にお願いして、今年検討していたバックの新調はお気に入りブランドのCyanから。

d0183861_15034992.jpg

この深みのある赤がどうしても欲しく、今年思い切って購入させて頂きました。

こういう小物で一喜一憂、ささやかレベルな幸福を味わってます。
自分の創作としては今後もどんどん新作を輩出したく、万年肩凝りも何のその。痛

大好きな初夏を夢見て、インドア生活を満喫したいところです。



[PR]

先週初めのこと、日中突然の携帯メッセージ。
送り主はI市在住のTから、内容は
「今週の土曜、B宅集合。飲みまくろう!」

ということで

d0183861_13244274.jpg
            お久しぶり、ほじゃ。

土曜に降り立ったE市駅、残り僅かな空席、ビジネス席にてなんとか辿り着けました。
(週末は新幹線も混むのだよ、せめて2週間前には予定立てなさいよ、とTに噛みついておりました)

何度も訪れると郷愁の念さえ感じるこの街。

B宅に着くといつものようにB母から手作りのマントゥでお持て成し頂く。
d0183861_13244354.jpg
この国のマントゥ、ミニ餃子のようなものです。蒸

昼過ぎに到着したTは幼馴染のOと一緒に登場。
E市訪問デビューのOを連れ市内へ
d0183861_13244329.jpg
市内中心部に走る市電も懐かしい風景なり。
一通り歩いた後、最近できたというカフェに連れて行かれ
d0183861_15404503.jpg
チョコレート屋、なので甘味はどれも美味しゅうございました。
d0183861_13244315.jpg
自分はチョコとまったく無縁のケーキを選びましたが
d0183861_13244482.jpg
俗にドイツ・ケーキと呼ばれるこちらの甘味。
一般家庭のお母さんも良く作る馴染の甘味です。
(パン生地にカスタードとイチゴ挟んだだけというシンプルさ)

腹がくちたところで突然のゲーセン
d0183861_13244426.jpg
連れたちと離れ、なぜかこの血眼なウサギと交信中。
30分待ちだった隣のボーリングに連れて行かれ
d0183861_15034875.jpg
20年ぶりくらいで1ゲーム、最低のスコアを叩き出し
Tのストライク連投に野次を飛ばす。凹

Bが予約した馴染みのワインバーに入店。
d0183861_13244544.jpg
ここで一気に昇天。
こんな時間にピザも食べてしまった罪悪感からか、記憶寸断。

気が付いたらビール・バーで飲んだくれ
d0183861_15520441.jpg
帰宅後、深夜2時過ぎに床に就いたらしく
気が付いたら
d0183861_13290550.jpg
隣のOの布団の上に乗ってたBの愛猫。
(Oは身動きがとれないのと暑さでうなされててわろた)

昼過ぎまでダラダラとしゃべり続け
d0183861_13290599.jpg
再び新幹線で帰宅となりました。

いつものように弾丸でしたけど、ちょっとした気分転換になりました。
何度も来ると自分もすっかり馴染んでしまい、今じゃこのE市に望郷の念すら抱いてしまってます。
d0183861_13244407.jpg
暖かくなってからまた来たいな、と思います。



[PR]
寒さが舞い戻ってきました。
d0183861_17172577.jpg
それでも、2~3日続いた20度近い気温で一気に開花した木々が多い今日この頃。

花だけではなく
d0183861_17172524.jpg
至たるところでみゃーみゃーと騒がしく。春

このところ週末は所要が多く、なかなか全部の用事が済ませ切れません。
なので平日に済ませようと、この日はコラボな仲のH爺の店を訪ねることに。
先回訪ねたのは引っ越し祝いがてら、ひと月くらい前になります。
その時に持っていったお花が未だ散らずに咲いており驚愕。
(たぶん、あまり暖房入れてないので花には快適な涼しさと思われます)

夏に向けての創作は先月から開始してます。
今季は新しい素材をに入手したこともあり新境地開拓ということで
d0183861_17172503.jpg
爺には残業となりましたが、気の良い方なのでお付き合いくださいまして計4点完成。
帰りは暗いから、と爺の気遣いでいつも送り迎えしてもらっているというご近所の方も外の車で待っており
今日は(残業)どうもありがとう、と言うと
「娘、(我が子扱いな呼び名です)ちょっと待ってちょうだい」と

お祈り開始。笑
d0183861_17224578.jpg
旧店舗にはロフトがあって、そこで人目につかぬようお祈りできてたんですが新店舗は1フロアですからね。

こういったご老人は多くおります。
以前は靴の修理屋のオジサンも日に5回のお祈りをきちんとこなす方でして、コンニチハー!と勢いよく入店した目の前でめっさ真剣にお祈りしてて、入店の勢いと同じ速度でドアを閉めた、ということも頻繁にあり。

通常だと15分くらいはかかると思われますが、この日は5分程度で終了。アッラー御免。
なかなかいい仕事してくれる方なので、今後のコラボ継続を期待しつつ持ちつ持たれつで頑張りたいと思います。
ちなみに、腕はピカいちですがデザインの細かな指示は私がしないと、縫い方によって形が崩れる難しい素材ばかりで爺には苦労かけてます。

次回はなるべく週末にお邪魔したいなー、と思います。
(週末でもお祈り時間中は待たされるけどねー)





[PR]
先週後半から気温は一気に20度近くまで上昇。
d0183861_18381555.jpg
新芽の緑が眩しい季節。

土曜は旧住居でお世話になった隣人と会う約束がありました。
この方、気風の良さと髪型がどこかチータを彷彿とさせます。
d0183861_15400281.jpg
古いなー。

彼女とは入居して5年後くらいから仲良くなりました。
娘さんが結婚して家を出てから彼女がひとり暮らしとなり、家庭の事情がイマイチ良く分からなかったので時々見かける白髪のオジサンと、巨漢な若者が旦那と息子であることを数年かけて知ることとなります。
d0183861_02095078.jpg
彼女、チータと呼ばせて頂きますが私と同様に都市開発が理由で退居、現在娘宅に居候です。
この娘宅が現在の我が家にかなり近いことも有り、電話でのやり取りはたまにしておりましたが今回久々にご拝顔となりました。

若かりし日にスイスに移住、20数年後夫婦そろって母国に帰還。
息子はスイスに残り、娘と3人で戻ってきたチータ。
旦那は根っからの自由人、別荘のあるA市で悠悠自適に暮らしているようでチータの元には年に2度くらいしか来ません。
チータも年の半分を旦那と別荘で過ごします、孫二人が夏休みに訪ねてくる6月までに旦那が荒らした別荘の掃除をするため、4月には別荘に移動。
今回も、旦那の破天荒な生活ぶりについて聞かされました。酒

毎年毎年、何らかの家電をぶち壊すという破天荒・旦那。
先回は洗濯機が故障したそうで、故障原因は旦那の衣類のポケットに入ってたモノらしい。
チータが洗濯機を使うため、電源を押した数分後に洗濯機後方から火花が散ったとか。爆
修理を呼んで中を開けると小銭とかボルトとかネジとか、とにかく両手いっぱいの「ゴミ」が出て来たとチータ怒り心頭。

チータ:「それよか何が一番腹立つと思う?」
抗議するチータに、旦那の返答はいつも
オレじゃない


あんた以外に誰がいるのよ、とチータ益々激昂。
70代と高齢な破天荒、冬場にボヤ騒ぎを起こしたらしくチータが新しい台所換気扇に不信感を抱き調べたところ、台所回りのタイルが煤で黒く汚れており、問い詰めるとさすがに逃げ切れないと思ったか
お前、刑事コロンボだな!

チータ曰く、子供じみた真似ばかり、と更に怒り心頭の様子。
トムとジェリー♪仲良く喧嘩しな♪
いつ会っても100%酔っぱらってる破天荒、長生きして欲しいぞ。





話題は先週のひな祭り。
職場の偉いオジサンが春の人事で更に偉くなったらしく、お金のある人に買わせる主義を貫き、たかってみたところ
ケーキを出前注文。
d0183861_14441513.jpg
毎度、食指の動かないこの国のケーキ。
ただ色が桃の節句にぴったりでいい感じでしたので、職場の女子(どうしても食べたがった腐れ男子数名含む)に配ってみました。
※ちなみに自分は食べてません、味覚はまだまだ日本人。

週末に、遅ればせながらのひな祭りとして
d0183861_02095013.jpg
蒸しパン
食紅でほんのり桃色、冷凍保存中の干芋をトッピング。
d0183861_02095184.jpg
日本人、ですから。
この国の民はほんのりとしたこの甘味が理解できんだろうよ。





気温も上がり、創作活動は冬物から夏物への切り替え時期。
我が街の問屋へ行くと、おばはん連中が湧いておりました。啓蟄。
なぜ平日に来ない、、、そんな中いろいろと物色し
d0183861_02095028.jpg
1mで約300円の刺繍リボン
d0183861_02095024.jpg
今年度はフリンジを使ってみたい、と新境地目指してます。

この週末の陽気で公園は開花した花が多いと思います。
我が家の庭には花が乏しく、ひたすら猫が置物のように佇んでおります。
d0183861_02095103.jpg
春、です。和





[PR]
もう2月も残り僅かとなりました。
d0183861_18404952.jpg

今年は本当に冬が長かった、と感じる。
その理由はサマータイム導入がなくなり、朝晩暗闇の中で動くことが多かったせいですけど、このところようやく朝焼けを眺めることができるようになりました。
(帰りは日没前の帰宅が既に出来るようになってます)

このところ週末忙しく公園に行くことができてなかったので、久々に足を運ぶことに。

d0183861_18404956.jpg

ところどころ、春の花が咲いており和む。
オオイヌノフグリ、大群。

d0183861_18381400.jpg

それでも、まだ時期としては早かったようです、花は少なくあと1-2週間後には多くが開花するんではなかろうか。
目的の花はまだ蕾も硬く、一等先に咲くはずのミモザもまだ咲いてませんでした。凹

とは言え、いつも行く芝生は賑やかなことこの上なく

d0183861_18381569.jpg
d0183861_18381386.jpg

いつもの顔ぶれに加え馴染じゃない子も多く

d0183861_18381472.jpg

遊べ遊べと寄ってきます。

d0183861_18381411.jpg

基本は日向ぼっこ、なんですけどね。

d0183861_18404868.jpg

猫友Aさんの愛猫も久々に登場。
(なかなか懐かないんですけどね、いつも元気なやんちゃ坊主です)

d0183861_18404896.jpg

春の陽気、まだ肌寒く感じますが日中は15度近く上がる今日この頃。





この時期、お安い野菜としてほうれん草がありまして先日の市場で500gほど購入。
(500、と言ってもデカいスーパーの袋にいっぱいです)
取りあえず足の早い野菜として、全部を軽く茹でてから何に使おうか思案するわけで。
旬の野菜のせいでしょうか、割と灰汁が強いような気もします。
せっかくなので今回はおかずとしてではなく、パウンドケーキにしてみては、と思い立ち

d0183861_18381501.jpg

文明の利器の少ない我が家だけに地味にペースト作り。
出来上がった際に感じたのは

d0183861_18381659.jpg

レシピ通りの分量なのに、ほうれん草が多過ぎと感じる。凹

d0183861_18381680.jpg

ラムレーズンとクルミも入ってますが、食べた感想として
ちょっと甘目のほうれん草入り卵焼き、みたいな。負

決して不味くはないんですけど、食べる前に心構えとか必要。
「これはパウンドケーキ」と思って食べた時と「甘味はあるけどおかず」と思って食べた時に勝敗が分かれます。笑
次回があるとしたらもう少しほうれん草を少な目に、もしくは徹底的にすり潰すことにしたいと思います。
(結局は負けってことですか)

周囲では風邪にやられてる人が多いこの頃。
健康管理をしないと、と思うと同時に重い身体に危機感感じてます。凹

d0183861_18404975.jpg



[PR]
週末はぐんと気温が上がって小春日和の我が街、日曜は15度を超えました。
d0183861_01380461.jpg
(参照画像)
どこもにわかに人が溢れたようです、人気スポットは常に海沿いエリアなんですけど、こう市民が溢れる様子に
啓蟄、という言葉しか思い浮かばないです。
寒くてじっと家の中で縮こまることが多かった冬、だからと言って気温が上がっても人ごみの中にわざわざ出掛ける気がしないのは自分が老いたせいかもしれません。凹

さて、こんな陽気の中、今年始めに友人Bから結婚式にご招待されておりました。
彼女との付き合いは17年前になります、初めてこの国で学生として生活を始めた当初のルームメイト。
バツイチのシングルマザー、娘は6歳で小学校に入ったばかりの頃です。
約1年間の同居でありましたが、それ以降も彼女とは頻繁に会っており家族的なお付き合いです。

今回の結婚話、実は電撃だったということもあり(出会って2ヶ月)誰もがサプライズ報告として驚いたようです。
d0183861_00315954.jpg
宣誓式の会場は海沿いにあり予定の時刻まで写真撮影。
d0183861_00320064.jpg
会場には親族始め友人知人がお祝いに駆けつけておりました。
16時半開始、約30分ほどで宣誓式は終わります。
この後に夕食会、2次会まで準備されておりました。
d0183861_00320090.jpg
典型的ですけど、食事の最中も生演奏で踊る国民です。
(隣の爺さんがよぼよぼで心配)
d0183861_00320164.jpg
赤ん坊は飛びます。笑
なんとも和やかに宴は続く。
何の心配もない熟年婚、安定感が半端ないわ。
どうぞ末永くお幸せに。祈

この日は知人宅(某友人のご両親宅、このお宅との付き合いの方が実は長いです)宿泊ということもあり、一次会で失礼させて頂きました。
翌日も昼一のフライトで帰宅という事もあり、朝食をたっぷりご用意頂きましてリクエストしたのはこの街の名産品であるボヨズ。
d0183861_00320061.jpg
このボヨズ、この街の名産として主に朝食に食べます。
謂れとしては;
1492年以降、スペインからイズミルに移り住んだセファルディ(中世にスペインやポルトガルに住んだユダヤ人の子孫)によってもたらされた。
という記述があります。
作り方は心の師匠の番組から;


父上が朝の散歩の帰りにパン屋で買います。
週末の朝食、こちらの家庭ではたんまりゆっくり頂きます。
あまり時間に余裕がなかったんですけどね、そのまま手土産に持たせてもらい冷凍庫で保存し食べたい時に楽しみたいと思います。

こうして若干24時間の弾丸訪問終了。
帰宅して、掃除洗濯を済ませ休憩すると時刻は16時。
d0183861_00320121.jpg
このクッキーはドイツ生まれの友人が持たせてくれたもの。
(結婚式前に寄って2時間ほど歓談)
理想の厚みと硬さ、未だに分量通りに作ってもこうはうまくいかない夢のクッキーです。
シンプルな材料のみなのに、実に難易度が高いのだなー。

宿泊先の母上からも持たされました、白チーズ入りのボレッキ。
ボレッキとは、調理法は様々あるんですが一般的に小麦粉使ったパン系の食べ物、です。
d0183861_00320108.jpg
皿の向こう側にあるもの、今年久々に新調した財布、です。
実は宿泊先の母上が日本に滞在していたので持って来てもらったものであります。
母上は昨年末から娘の出産のために日本に行っており、3ヶ月の滞在を終えて先週帰国したところでした。

ここで自分の験担ぎ的なこの財布に関するお話を。
財布の買い替えは常に「春」と物心ついたときから教えられていたような。
他には赤い財布は赤字になるから良くない、とかいろいろと巷にはこの手の験担ぎ話が多いと思います。
気に入って長く使っていた財布がありました、それは祖母の時代のもので使っていない新品を母からもらいました。
大きながま口に取っ手がふたつ、中身は中央に小銭入れがあり同じくがま口になってます。
革製の赤、赤字という験担ぎも気にさせない可愛らしさ。
道行く人に何度か「どこで買ったの?」と聞かれるほどでありました。
それでもやはり寿命がありまして、内部の内布と金具がちょっと怪しくなってきたので今は修理に出す予定で使わずに保管してます。
その後に買ったものは布製の長財布、友人のお手製でありますが、これもまた寿命。。。
ということで今回の新調となりました、前置き長くてすまん。
買い替えのタイミングとして吉日と言われているのが天赦日。

天赦日日本の暦の上で最上の吉日、新しい何かをスタートさせたり躊躇していたことに挑戦するにはもってこいの日
らしいです。

ウィキペディア(暦注下段 - Wikipedia)によると、
この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。そのため、天赦日にのみ「万(よろづ)よし」とも注記される。』と書かれており、年に5~6回しかない貴重な開運日のようです。


財布以外にも結婚・結納・入籍とか引っ越し・開業にももってこいらしい。

ちなみに今年の天赦日はこちら↓ ちぇけら

2月20日(月)

4月21日(金)

5月7日(日)

7月6日(木)

9月18日(月)

12月3日(日)


験を担いで幸せに。


[PR]
気温が10度以上に上がったのも束の間、週末からまた寒さが戻りまして日曜から霙混じりです。
d0183861_03461852.jpg
また調理熱が再炎の今日この頃。

市場で小ぶりの鯛を一匹買ったので
d0183861_03424846.jpg
鯛飯

鯛は買ったが小ネギを忘れ、ドライ三つ葉を振り掛けてしのぐ。
奥のは蒸しキャベツ、カツブシと醤油で充分美味しい冬野菜。

気温がちょっと上がった先週始め頃、汁物ばかり続けて作っていたのでさすがに飽き始めまして
肉屋で鳥手羽を買い、いつもなら簡単に焼いてしまうところなんですが実は冷蔵庫に長いこと寝かせていたあるものがありまして。

それはコーラ
d0183861_03583061.jpg
自分、絶対に口にしない飲み物のひとつです。
なんで我が家の冷蔵庫にあるかというと、友人が遊びにきた時に出前を頼み、注文したにも関わらず飲まずに放置されて行ったものであります。
いかんせん、この国の多くの人はコーラは水、的な暴飲が多く、お出かけにコーラを小脇に挟んで出掛けるご一家とか、カフェでケーキ+コーラ、とか、どんだけ甘党なのさ、という光景は日常的です。
(しかも冷えてなくても平気という強者も多し)

そんなアンチ・コーラの自分でも、これには食指を刺激されたという一品があります。
それは
d0183861_03401973.jpg
鳥手羽のコーラ煮

簡単さが魅力の一品、甘いだけじゃなく赤唐辛子入りでかなり辛めに作ってます。
d0183861_03401976.jpg
コーラを投入した時は「うぇぇ、毒かも」と思えたくらいにじゅわじゅわっとしてましたけど
ぐりぐりと煮詰めて出来上がり、一口たべて
「こりゃ酒のツマミ」と思う。
次は飲まずに煮込み用としてコーラ購入ありよ。

週末はなんだかんだ焼き菓子、面倒な時は買ってしまいますけど
この度は、間近に迫ったバレンタイン用のガトーショコラ作りの為に買ったチョコが余っていた事もあり
d0183861_03402042.jpg
チョコレート・シフォンケーキ
(+栗の渋皮煮で彩りの無い茶色づくしで凹)
d0183861_03402069.jpg
甘さはちょっと控えめに、理想には程遠い膨らみでしたが。凹

肝心のガトーショコラは明日オフィスに持って行く予定ですので画像なしです。
(まー、明日は職場の子達に感想を聞いてみますよ)


そろそろ素材を変えようか、と思って数日間はカギ針を握っておりませんでしたが
d0183861_03402026.jpg
またかよ、の雄鶏完成
d0183861_03402052.jpg
気温も下がりましたので、また再開してます。編

でも、ちょっと体が重いような感じもしており、早く気温が上がって体を思い切り動かしたいと思う今日この頃です。
(週末のお茶に焼き菓子も食べ過ぎた)
d0183861_04170404.jpg
蕾を多くつけた花が多い公園、早くまた行きたいなー。


[PR]