<   2017年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お暑うございます。汗
d0183861_16533487.jpg


このところの暑さで、残念ながら食欲に衰えはないものの、こういったつるっとしたものが食べたくなるわけで。
最近は種無し葡萄もおいしい季節。

それでなくても暑いのに、更に熱い地方へ赴くことが2度ほどありました。
まずはエーゲ海地方の街、着いた途端の熱風に若干弱る。

d0183861_16512613.jpg

頭が痛くなるよなキンキンに冷えた飲み物で熱を下げる。
この街の最高気温は38度、長居無用であります。汗

その数日後、南東部地方へ。

d0183861_16533515.jpg

ここはちょうど一年前に訪れておりますが、その当時は生まれて初めての気温と湿度にみるみるうちに弱った記憶あり。
この日は昼前に到着、乾燥してはいますが日差しはかなり強く嫌な予感。

移動の車両に乗り込むと
d0183861_16533525.jpg

ヤケド注意です。
(乗る前に冷やせよって若干イラつく)

この後の移動では

d0183861_17042531.jpg


まじキツイ。汗

それでも昼はエアコンの効いた店内でケバブ。

d0183861_16533509.jpg


この地方は肉料理しかないです、食欲が衰えないのが幸い。

業務終了後、空港に向かう時点での気温は未だ高く

d0183861_17140821.jpg


早々に立ち去りたいとフライトを待っていると友人からの連絡があり

d0183861_16582131.jpg


我が町は大変なゲリラ豪雨に見舞われており

d0183861_16571907.jpg
d0183861_16580840.jpg


どデカい雹が降って車のガラスが割れたり車両がぼこぼこになったとか

d0183861_16573206.jpg

道路が川になってた様子。

案の定フライトは遅延。凹
帰宅は午前様となりました。

朝起きて窓開けようとした際、我が家の窓に大量の木の葉が張り付いており驚愕。
庭のオリーブの木も倒壊してました、どんだけの強風よ。
正味30分程度でこんだけの破壊ということは、相当なゲリラだったと思われます。

帰宅した深夜、庭先で野良猫の点呼。
いつもの面子は生存確認してましたが、一匹確認できなかった臆病な子猫がいて心配してたんですけど

d0183861_16533559.jpg


翌朝に確認できました。
きっと怖かっただろうなー、と思うだけで不憫。

このところ、なんだか日本もこの国も自然災害が多いですね。
気をつけようもないんですが、最近こちらは立て続けに大雨になってて怖いです。





[PR]

暑中お見舞い申し上げます。

d0183861_18345035.jpg

アガパンサス

この花はご近所の庭に咲いていたのを朝見つけました。
雨上がりの翌日にしっとりとした色合いが実に美しく。

平日は毎朝、建屋の裏通りを抜けるんですが、その細い路地にいつもいろんな子が出没します。
この夏は毎朝この子に待ち伏せされているんです。

d0183861_18345291.jpg

先回も書きましたが、結子と呼んでます。(理由は先回記した通り)
小さいので子供かと思ったら、お乳があってどうも産後の様子。
夏痩せかと思い、先日の朝はちょっとリッチな朝飯をご馳走しておきました。

この界隈にもヒト化のマダムがよく猫の餌付けしてるんですが、敷地内で餌やりされるとご近所中から集まってきてしまい被害にあってます。
暑いので窓を開けて換気してる際に入浴し、さて寝ようと窓を閉めに行くと窓際の多肉の鉢植えが全部床に落とされ散々な目にあいました。凹(不法侵入したのはヒト化ではないと信じてますが)
ゆえに餌付けは敷地の外で、いくら呼びかけてても自称・猫好きマダムは未だ我が家の窓際にエサを置いていったりしますね。苛
(マダム達は確実に地上階ではなく高層階にお住まいです)

いつもの通りにいる横綱級の野良がおります。

d0183861_18345175.jpg

もふもふ
見た瞬間に「みーちゃん」と呼んでしまう。愛
ただ、見た目通りというか、渡辺直美のビヨンセ的な迫力と相乗効果で若干ワガママ、鳴き声はちょっと酒焼けしたようなハスキーボイスの持ち主。
ぬこ大好物の魚の残り物を差し入れても気に入ってくれないんですね。
今朝などは不覚にも猫パンチくらい朝っぱらから血を見ました。凹

d0183861_18345152.jpg

なんだろう、ご近所ではちょっと顔の知れた野良として紹介しときます。笑





ここ数日は毎日自家製のどぶろく、いや、米サワーを頂くのが至福です。
余った酒粕で作ったのは白パン。

d0183861_18345181.jpg

まじふわっふわ、です。
桑の実ジャムなどを添えて、米サワーと頂きました。
パンはしっとりとしてかすかに米麹の発酵した香りがします。

このブームは当分続きそうです。



[PR]
週末が待ち遠しかった今週。
d0183861_18245490.jpg
平日帰国だったので、休み中に溜りまくった雑務に追われ記憶寸断。眠
我が家の庭にいる猫たちに、いつも通りに迎えられております。
(この子、鼻の穴に添って黒い毛が生えているせいで鼻穴がデカく見え竹内結子のような面持ち)

週末は友人と馴染みの公園で待ち合わせ
d0183861_18245409.jpg
気温は30度弱、湿度が低いのでサラッとしてるのが幸い
待ち合わせ時間より早めに到着
d0183861_18102786.jpg
夏の花が盛りです
d0183861_18102738.jpg
割と今季はいろんな花が植えられており色とりどり。
d0183861_18393725.jpg
犬並みの忠誠心か、この子はすぐに飛んで現れます。
案の定、夏痩せしてましたので差し入れしました。
d0183861_18102892.jpg
食後はひとしきり花壇の周りを散策し
d0183861_18102985.jpg
知らない子も増えてまして
d0183861_18102858.jpg
この白い紫陽花が満開で
d0183861_18392083.jpg
そんな中にある青紫の紫陽花が暗がりでとても美しく
d0183861_18412199.jpg
ひと時の逢瀬を名残惜しみ
d0183861_18102972.jpg
至る所に子猫も多かったり、いつも通りの賑やかさ。



過ごしやすい、とは言え暑いものは暑いわけで。
実はこの夏に飲んでみたいある飲み物がありまして。
d0183861_19022239.jpg
リトル・フォレスト 夏・秋

この映画の中で主人公が真夏の暑さの中、すっきりとした美味しい飲料として作った米サワー
この映画を観た後、どーしても飲みたいと夢見ておりました。

米麹を使います、分量的にはアバウトでも良しということで、あくまで映画の中での作り方を再現。
d0183861_18102661.jpg
いい具合に沸き(発酵)ました。
前の晩に仕込み、翌日にイーストを加えて数時間後、この原液を濾して
d0183861_18102765.jpg
米一合に麹を150gほどでこの分量。
d0183861_18102831.jpg
たぶん、沸き過ぎたようでどぶろくになってました。
これはこれで美味しいです、ただ映画の主人公のようにぐびぐびは飲めません。酔
ちびちびと、毎日楽しみたいと思います。
ちなみにサイダーのような甘い発泡水で割ったらかなり美味いです。

今回はあまり無駄な買い物しないで帰ってきましたが、米麹は「よくぞ買った!」と自分を褒めてます。笑
ちなみにこの米サワーを作る際にできる酒粕、冷凍庫に保存してるので今後の料理に使う、もしくは美容として酒粕パックで自分磨きに利用します。



[PR]
今年の長い夏休みを終えて、今はまたかの国に戻って今日から再びいつもの日常に戻りました。
d0183861_18253140.jpg
昨年よりも1週間だけ早い地元到着。
たったの一週間ではありましたが、着いた途端に

寒いな。凹

ついつい薄手のコットンセーターを買いましたが、案の定疲れもあったのか風邪をひいてしまいました。

とは言え約束のあった友人知人を訪ね、話に花が咲きました。
今は食べたものを思い出します。

食い溜めのようにいろいろと食べ続けた豚肉料理。
d0183861_18253268.jpg
いつもお高いカニをご馳走してくださるK先生。
(いつまでもご馳走になってばかりでお恥ずかしい)
d0183861_18253370.jpg
中学生当時からよく行っていたファミレスでのハンバーグ。
d0183861_18290422.jpg
自宅から程近い場所にあった怪しげなカフェ、でもなかなか味のある内装の美味しいソーセージドリア。
d0183861_18253497.jpg
帰りに寄った東京での美味しいタイ料理。
(いつもMちんにはお世話になってます)
d0183861_18290409.jpg
d0183861_18290569.jpg
夏に身に纏う贅肉はお土産のひとつと思うように、友人Mからの救いの言葉あり。
風邪が治ってから、いきなり猛暑となった故郷ですが日が暮れ始めるとさすがに過ごしやすいので自転車で散策。
d0183861_18290320.jpg
川辺にはアオサギが多く
d0183861_18290582.jpg
田んぼは碧々と実に清々しい風景。
d0183861_18290535.jpg
巨大なトビが多く舞っていて、子供の頃は見慣れていた気もしますが今となっては雀とカラスばかり見慣れて、忘れていた記憶彷彿。
今年の帰省は思い切って押し入れの中身を断捨離するつもりで掻き出したところ
d0183861_18253219.jpg
二十代当時に行ったコンサートのチケットとか
d0183861_18253239.jpg
映画や美術館のチラシが出て来たり
さすがに写真は処分に躊躇しますが、ピンぼけのものは容赦なく処分。
ただ、子供の頃のアルバムにあった小学1年生当時の遠足の写真に見入り
d0183861_18253346.jpg
当時の担任の先生は実は大変なお洒落さんであったなーとか
d0183861_18253381.jpg
今は取り壊されて無くなった中学の校舎、教室からの懐かしい眺めとか
d0183861_18253433.jpg
身内で一番年長の従兄弟の子供の頃の写真など、懐かしいものが沢山ありました。

こういうものに見入ってしまい、なかなか衣類の始末まで完了できなかったわけで。凹
また次回にでもこの続きの作業はしようと、気長に取りかかるつもりです。


休暇の後半は身内の事情で病院通いが多くなってしまいましたが、これもまた避けられないことですし楽観的になりたいとは思うんですけど、その実情はやはり厳しいわけでして、備えあれば憂いなし、という言葉しか浮かびません。笑

今回は地元の友人知人に時間を割いて頂き感謝してます。
10代後半の学生当時から長い付き合いの友人3人組は子供がそろそろ手を離れ、いつも会うたびに元気をもらいます。
高校、中学当時からの友人達は仕事にも一生懸命で、お互いに近況報告が楽しいです。
親戚宅にも久しぶりに寄り、従姉妹や伯母とたくさん話ができました。

帰りの日はF市の幼なじみ宅で家飲み。
d0183861_18290496.jpg
結構、いろんな種類飲んだなー、と。笑

暑い中、空港行きのリムジンバス乗り場まで見送ってくれたMちん。

いつも会うのが楽しみな人たち、また来年会いましょう。
d0183861_18290361.jpg
まだまだ暑い日が続きますが、皆さんバテないように気をつけてくださいねー。



[PR]