<   2017年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

田舎の友人が第二子を出産して早くも半年が経とうとしております。
距離的にはさほど遠くはないんですが、交通手段がちょっと厄介でなかなか訪ねられなかったんですね。
3月頃に航空券を購入、週末に弾丸で訪ねて参りました。

ここで何度も記事にしておりますが、この田舎の友人一族とはかれこれ20年来のお付き合いとなります。
この国でいくつかの家族と懇意にさせて頂いておりますが、この田舎のご家族ほど古き良きこの国の民らしさを失っていない人たちは見たことがありません。

自分自身、このところ鬱蒼とする出来事に凹んでいたので丁度良いタイミングでの気分転換となりました。
仕事後のフライト、到着したのは22時近くで空港から更に1時間ほどの移動がありますが、友人一家が乳飲み子連れて迎えに来てくれておりました。

d0183861_17073316.jpg

田舎の一軒家、広い庭は果実の木と家庭菜園で新緑が眩しい限り。
大粒のサクランボは今が食べごろ、この他にイチゴも実に香り豊かな小さな実をつけておりました。

d0183861_17073340.jpg

リンゴは収穫が追いつかないほど、まだ青い実ですが来月末くらいには大量に収穫できそうでした。
(まだ青い実を子供は好んで口にしてましたけど、酸っぱい味が好物らしい)

d0183861_17073415.jpg

家の周囲には葡萄が生い茂り、母上がこの若い葉を摘み取ってお土産に持たせてくれました。
通常市販のものは塩漬けされますけど、新鮮な葉もペットボトルに押し込んで長いこと常温保存が利くというから驚き。

d0183861_17271065.jpg

参照画像ですが、上が新鮮な葉で下が塩漬けされたものです。
近いうちに調理に使いたいと思います。

畑には新鮮なパセリ、葱、ヒヨコマメもあり。

d0183861_17073400.jpg

ヒヨコマメ、初めて乾燥前のものを見ましたよ。

d0183861_17073433.jpg


さて、このお宅にはもうすぐ4歳になる長女がおり、弟の誕生で若干嫉妬に悩んでいる様子。笑
肝心の弟はこのご家庭でいうと婿に似ており、ルーツ的にはブルガリア系の家系ということでタイプが別物。
色白の金髪、なんともブス可愛い愛嬌のある御顔つき。笑
2日目になるとこれ以上可愛い赤ん坊などあり得ない、というくらい可愛く感じるヤク的な可愛らしさでした。
あまり弟にばかりかまっていると、速攻で長女が乱入し手荒く弟を愛そうとしますので優しく制止。

d0183861_17073580.jpg

まだ彼女も幼いですからね。愛

土日のみでしたが、気持ち的に本当に癒されて帰宅しました。

d0183861_17073502.jpg

(帰りの日は長女発熱、見送りは遠慮したものの母上と婿が空港バス停留所まで送ってくれる)

この小さな町に友人一族の大半が暮らしています。
伯父さん、伯母さん、お嫁さん、イトコたち、ご近所も含め知り合ってからの長い年月本当に御世話になってます。
欲のない、ホスピタリティだけしかないような純粋な人たちです。
いつでもこうして迎えてくれるこの田舎は、私にとってこの国での実家という感じでもあります。

d0183861_17073537.jpg

また元気をもらいに訪ねたいと思います。






[PR]
お題とは裏腹に、実は今モーレツに凹んでます。
でも今ここで書き記すにはまだ心の整理がついていないのでまた落ち着いたら書こうかな、と思ってます。
手酌しながら、先日の市場の様子など書いてみましょう。酔
d0183861_00123231.jpg
市場はこの時期とても目に眩しい青物野菜や果物が多いです。
イチゴは値段も手頃となりつつ。
(バナナは万年あるんですが)
d0183861_00123223.jpg
アプリコットも来月にはもう少し値が下がるかと。
d0183861_00123258.jpg
パセリ、ミント、ディル、小ネギは一束30円ちょっと。
アーティチョークは葉を剥いたものと葉付きで売られておりますが、肝臓にとても良いお野菜です。
d0183861_00123327.jpg
調理への意欲が湧くとちょっと手のこんだ料理もしようと思うんですが、このところ忙しくあまり購入意欲が湧かず。
買ったのは剥かれたもの、これを刻んでお醤油で味付けて洗ったお米と炊き込みご飯にしております。
出来上がったものはどことなく食感がタケノコのようで炊き込みに合いますね。
(出来上がったものの画像がなくてスイマセン、アイディアは異国の友人Patronistaさんより)

今週は雨が多い予報。
この雨が上がれば初夏の始まりと思います。
天気と一緒に気分も晴れたらいいな、と思います。願

買った果物は冷凍庫に保管、焼き菓子に使う事が増えてます。
d0183861_00123405.jpg
日曜は割と焼き菓子を作ることが多いこの頃。
先週末はチョコ・パウンドケーキにイチゴと黒桑の実を使い、美味しく仕上がりました。
果物は熱を加えると更に美味しくなりますね、今のうちに旬の果物を多くストックしたいと思います。

早く心が晴れますように。祈



[PR]
じわじわと夏が近付くこの中途半端な時期、初夏というにはまだ早く、春というには花も散り。
束の間のこの時期に出回る果物があります。
d0183861_19211852.jpg
この国ではErikといい、李の一種。
ただ、この果物の食べごろはこの緑色の時期となり、日本で言う甘い李とは違います。
食感はしゃりしゃりと、酸味が特徴です。
この国では一般的に塩を付けて頂きますが、水分が多くとても瑞々しい果物です。
この果物が店頭に並ぶと夏はもうすぐそこ、となります。
d0183861_19211828.jpg
ちなみに、我が庭の春菊が咲いてました。
背丈が高くどうしたものかと思案中、花が散ったら短く切りそろえようかな。

夏も間近になるとスニーカーを買いたくなります。
この日も某ショッピングモールへスニーカー探しに午前中に出掛けまして、外に一歩でて日差しの強さに「おや?」と思い、気温を確かめると本日の最高気温30度とありました。驚
モール内は涼しいし、と散々気に入ったものを探し続け気が付いたら2時間近くうだうだしてたところ、さすがに疲れを感じ始める。
d0183861_19211785.jpg
結局決めたんですけど、手入れの面倒な真っ白いスニーカーを買ってしまいちょっと反省中。
(たぶん疲れが原因です)

師匠の店に寄る為バスを乗り継ぎ、着いた途端ものすごい眠気に襲われテーブルに突っ伏して約1時間。zzz
足が痺れて目が覚め、なんだか帰宅の道のりが異常に遠く思えて長く居続けてしまう。
ここまで来たら公園にも寄らずにはいられません、重い腰を上げて公園へ。
d0183861_18575700.jpg
いつ来ても花盛り。
猫コーナーに行くと新生児ぬこがたくさんおりまして
d0183861_18575776.jpg
1ヶ月くらいの幼児ぬこに関しては遊びたい盛りで飛び跳ねまくって撮影不能。
毎回律儀に顔を出してくれる旧・妊婦ぬこ。

毎回関心なのは撮影しようとするとしっかりポージングしてくれる、ような気がする。笑
d0183861_19131605.jpg
しばらく側を離れません、こういう会話の無い関係に癒されてます。
見かけた事の無い子が近付いて来て
d0183861_18575861.jpg
ふと気が付くと
d0183861_18575757.jpg
産後のぬこでした。
来週は確実に子ぬこ用に何か持参します。
d0183861_19432060.jpg
母の日おめでとう。和

帰り際に花壇脇で見つけたこの子は、自分が猫なら絶対にやりたい花のベッド寝転がるというはしゃぎぶり。
d0183861_19135105.jpg
倒れた花を元に戻し、ふと見ると良い子にしてました。
d0183861_19142817.jpg
さんざん遊んで、我が家に付くと汗だくになっており、この日は寝るまで水を飲みまくっておりました。
おかしい、、、どんなに飲んでも喉が渇く。。。
疲れ、だと思いますが軽い熱中症という話もあり。
d0183861_18575959.jpg
これからの季節、暑さに弱い体質なので要注意。
熱中症の予防、いろいろと調べたいと思います。

d0183861_18575687.jpg
我が家の周囲にも猫いっぱい。
何かと賑やかで和みます。





[PR]

気温は徐々に上がりつつも、猛暑にはまだまだ遠く。
今が一番良い季節、我が町内には街路樹にリンデンの木が多く、リンデンの花は葉と共にハーブティとして常飲されるこの国。
今がお茶っ葉の収穫時期となります。
d0183861_20214794.jpg
この花が咲き始めると、吹く風に乗って町中が爽やかな香りに包まれます。

この時期を過ぎると、次第に夏が近づき気温がぐんと上がります。
気温が上がり服装は軽くなり、女性は特に持ち歩くバッグや小物、靴も軽やかな夏仕様に変わり始めるわけで。
この軽やかな季節を、今年は雪がまだちらついてる時期から待ち望んで作り続けているわけで。
d0183861_06092231.jpg
今年も再びクラッチバッグ
d0183861_06024294.jpg
毎度のコンビが夏を目指して再結成の時期となってます。
うちの師匠、腕前には100%の信頼があります。
目下両親・親戚に次いで長生きしてもらいたい老人No.1ですから。
d0183861_06092213.jpg
昨年から大切に保管しておいたオリエンタルな刺繍リボン。
今年はフリンジがちょっと気になる素材となっており組み合わせています。
d0183861_06125352.jpg
内布もちょい派手に。

赤ボーダーとゴールドの組み合わせ。
d0183861_01233935.jpg
これはもう、カジュアルに決めてもらいたい。(誰?)
d0183861_01240402.jpg

いつも作るときに思うのは、こういう小物を持って出かけるというシチュエーション。
割と近所にある公園とか、カフェとかにふらっと夕方出かけたりする機会が多いんですけど、そんな時に持ち歩ける小物。
持ち物なんて小銭(財布すら要らないとか)や鍵、携帯とかティッシュ程度。
持ち物が割と多い場合はトート的なバッグも編んでます、でも最近は大きなものよりも小物の完成で達成感を味わうことが多いかも。

効率的なことよりも、持ち歩くというシチュエーションを楽しめる。
そういう目的で、ひたすら楽しんで創作しようと思います。


[PR]

今年の3月に日本の某友人から、お仕事でこちらに来られるとご連絡をいただいておりました。

d0183861_06024382.jpg

本当に、この一報に心弾みました。
2年前に日本のF市で会って以来、再会をとても心待ちにしておりました。

当日は天気も良くどこにお連れしようかと色々と考えていたんですが、ついうっかり下車駅を間違え旧市街まで行ってしまう。
再開発でおしゃれに変貌したカフェ通りにてブランチ。

d0183861_06092321.jpg

猫カフェ。

d0183861_06092306.jpg

朝食セット、何のこともないピザトーストが2枚も出てきた。笑

d0183861_06125273.jpg

猫カフェ、とはいえ日本のそれとはちょっと違って屋外の野良ネコを常連客並みに入店させる、実に日常的によくある光景の店です。

このエリアは今もスラムっぽい雰囲気が残っておりますが、歴史的にはキリスト教徒も多く暮らしていたこともあります。
近くにはギリシャ正教会のヴァルソロメオス1世総主教がお住まいである聖ゲオルギオス教会があります。

d0183861_06092357.jpg
d0183861_16154861.jpg

何とも神々しい教会でありまして、厄を祓う気持ちでロウソクを灯し(賽銭入れてロウソク買います)家内安全・無病息災を祈る。

d0183861_16154793.jpg

この後は元々予定していたエリアへ移動。

d0183861_06092417.jpg

週末はどこも混雑する目抜き通りを若干外し、お安い衣料品問屋通りを徘徊した後

d0183861_16154869.jpg

まずは飲酒
この界隈はアトリエ的な店が多く、衣料品・雑貨などを眺め

d0183861_16154845.jpg

決して売り物ではない猫の陳列もお馴染みの光景
海沿い目指して坂を下りきると

d0183861_06092325.jpg

このところ頻繁に通うカラキョイへ
うっかり酒のない店に入ったついでに冷たい飲み物でもと頼んだスムージーが

d0183861_06125304.jpg

全く予期せぬ苺牛乳であることに驚愕。
(しかも氷多過ぎ)
長く暮らしてはいるものの、いつも失敗してしまうパターン。
新しいメニューは挑戦すると必ず負け。

ここから更に海沿いの居酒屋へ移動し

d0183861_06125229.jpg

ここで遅くまで飲み続けました。

あまり万人ウケするコースではなかったな、と反省する一日でした。凹
それでも久しく会っていなかった友人の今後の生活を案じつつ、身近に同胞のいるという心強さも感じております。
住居やお仕事、何かと忙しい時期が続くかと思われるMさんですが、落ち着かれたらまたぜひ遊んで頂きたいと願います。

d0183861_06125219.jpg

これから初夏に向け、我が街はとても過ごし易い時期を迎えます。
Mさん、新天地でのご活躍を祈っております!







[PR]

皐月
d0183861_06024356.jpg

既に5月突入、新緑が目に眩しい爽やかな季節。
ハナズオウが散り、公園の水辺には散った花びらが再度美しく地面・水面を彩っております。

d0183861_06092277.jpg
日本の桜の花吹雪に似てますね。
(風に舞うことはないんですが、ボタボタっと落ちてます)
馴染みの公園には猫の隠れ家とする垣根があるんですけど、そこにもハナズオウが散ったピンクの絨毯が大変美しく。
d0183861_06024359.jpg
この場を立ち去り際にふと振り返ると、ピンクの花びら絨毯を踏みしめて
d0183861_06015718.jpg
のし、のし、のし・・・
d0183861_06015742.jpg
ぬっ

ヘビー級な新顔登場。
落ちたタバコの吸い殻がちょっと似合う感じですが、大変巨漢でありました。
体格の割に懐くと腹を見せて甘える、見た目とのギャップがハンパないです。
d0183861_06015759.jpg
横綱に対抗するように、いつものようにべいべーもプレイボーイ風のポーズで甘えます。
d0183861_06125355.jpg
(実に可愛ゆす)




さて、この時期の青空市場には珍しい食材がお目見えします。
d0183861_06024210.jpg
最近、テレビ番組(午前中の主婦に人気の健康番組)で紹介され人気の山菜とか。
こちらの国ではIŞKUN(ウシュクン)もしくはUÇKUN(ウチュクン)という名です。
色々調べて、どうやらルバーブの一種であることが判明。
但し西洋で普及した食用ではなく、野草として繁殖する大黄という方が近いかも。
d0183861_15064173.jpg
(参照画像)
ルバーブに関してはこちらの国では全く売られておりません。
d0183861_15045939.jpg
最近のブームで一般家庭に普及しつつありますけど、市販用に栽培されていないまったくの野生繁殖のものが売られているようなので、季節ものと思っていいでしょう。

ちなみに市場のお兄ちゃんは「皮を剝いて生で食べて」と言ってました。
味は酸味が強いようですので、まずルバーブと思って間違いないかと。
葉には多少なりとも毒性もあるようなんで気を付けないと。
ジャムに加工するのが一番良いかと思います、次回また売ってたら試してみたいかなと思います。

この日の購入品はこちら
d0183861_06024209.jpg
Çiriş(チリシ)と呼ばれてます。
数年前に初めて食した時、香りと歯触りがどこか日本のニラに似てるなー、と感じまして。
余談ですが、日本はニラと水仙を間違って食べてしまって食中毒とかよく聞きますけど、このチリシもどことなく水仙っぽい感じするんで若干食べる勇気は必要かも。笑

基本的にこのような季節ものは茹でてお浸し、カツブシにお醤油というのが定番の我が家。
素材の味を感じる手っ取り早い和食の一品です。
ニラほどの強い臭みはなく、噛みしめて何気にニラっぽいという味わい。
調べたらやっぱりニラもチリシもユリ科に属するようです。
茹でたものを翌日は卵と調理してみる。
d0183861_06092268.jpg
実に美味しく頂きました。
この手の春の草にはいろいろとありますが、過去を振り返りなんとも色んな山菜をマウス的に食したなー、と感慨深く。

イラクサ
ルリジサ
アオイ科の和名不明の草
アカザ

この国の草、俗に山菜と呼ばれる類のものは日本のそれと類似したものも多く、市場で見かけ最初は売り子に質問するだけで通りすがり、二度目には購入するというパターンです。笑

日本にあってここにない、今もっとも恋しいのは「よもぎ」です。
旬の時期に食べる山菜、アクは適度に摂ると薬になると感じます。
(逆に摂り過ぎは毒なので要注意)
束の間の春の食卓を今しばらく楽しみたいと思います。
d0183861_06125219.jpg





[PR]