カテゴリ:食( 139 )

このところ、良い日和が続いております。
d0183861_22200704.jpg
土曜は友人の付き合いで子猫の養子縁組でありました。
行き先はヨーロッパ側、1年間ほど暮らした事のある懐かしいエリアです。
d0183861_22192997.jpg
繁華街の裏手、坂道なので階段が多く、見た目は素敵な通りであります。
(住居環境としては作りが古く、冬は凍えましたけどね)
d0183861_22192232.jpg
生後二ヶ月目という子猫2匹、友人の息子くんが気に入ったのは
d0183861_22191436.jpg
この黒猫です
来週に引渡しということで話が決まり、紹介してくれた友人夫妻と養子縁組決定に胸を撫で下ろす


お題の件ですが、渋皮煮リベンジを誓い週末に奮発して若干高めの金額で栗を1キロほど購入し下準備しておいたのですが
虫喰いは1個のみ、非常に立派な栗を剥きながら渋皮煮の成功を確信したものの、灰汁抜きで茹で始めた2回目のこと、渋皮が剥けてしまい惨敗となってます。悔

なぜだ、なぜなんだ・・・

ということで今回も煮くずれた栗の実をマッシュし、栗餡が大量に出来上がってます。凹
食欲があるとかないとか無関係に、こんなものを作る事にしました。

ざ・栗饅頭
d0183861_22190884.jpg
これはこれで美味しい出来上がり。
心の底から喜べないのは渋皮煮の敗北のせいですが、どうして上手く出来ないのか・・・
懲りずにリベンジを試みたいと思います。

秋の味覚として魚もお安くなってます。
d0183861_22201371.jpg
アジをフライにして南蛮漬け
d0183861_22202049.jpg
イカも大きい新鮮なものが多く、今回は醤油で煮付けました。
(大量のショウガで香り良く)

何となく目を引いたリンゴ、ものすごいミニサイズで可愛いなー、と
d0183861_22193767.jpg
食べて消費が難しいこともあり、今回はリンゴのジュレを作ろうと大鍋でぐりぐりと煮込んで、濾したものを更に砂糖を入れて煮詰めたところとてもキレイに発色しました
d0183861_22455111.jpg
しかし、冷蔵庫に入れて翌日取り出したところ、、、ぜんぜんジュレになってない・・・
さらっさらな液体のままで撃沈しました。凹
リベンジ食品が多いこの頃です、何かが不足してる事は間違いなく、どうも自分の腕がなかなか上がらない事に不満が募ります。

とはいえ、こっちの方は日々順調で
d0183861_22203594.jpg
クリスマス帽子の第二弾、ホワイトクリスマスってちょっと洒落た感じにしてみた。
順調とはいえ、なんとなくこのところ達成感がないっていうか、モヤモヤしてます。
これにも何かしら不足を感じてしますわけで。

満たされてないんですかね 笑
d0183861_22202750.jpg
なのでこういう時は猫に癒してもらおうと思います、はい。
我が家の庭の子もすでに3ヶ月目、ずいぶんと大きくなりました。

まだ数日は良い日和が続くようです、元気に遊ぶ姿に癒されたいと思います。







[PR]
雨が降ったりやんだり、まさに秋の空。
しかしながら味覚の秋ということで、美味しいものがいろいろと出回る季節でもあります。
今週は絶対に買おうと思っていたものがあります。
それは
d0183861_23002802.jpg

路上でも焼き栗売りが多い国です、若干金額は高めですけど。
d0183861_23004553.jpg
実に奇麗な黄色の実、この季節になると食べたい&保存したいと思う食材のひとつです。

最近では市場に行ける時間が日没間際と薄暗く、今回も若干薄暗い中で栗を購入。
1キロ約350円、店頭で一番お安い奴をチョイスしたわけですが。。。
早速週末に渋皮煮を作ろうと砂糖を大量に購入、最初の作業は鬼皮を剥く事。
ところが、何個か剥いてる際に気が付いたのは虫食い。
10個中、5個は虫食いという、、、安く買ったことが敗因か。
ここまで虫食いが多いと、実を割って中身を確かめない事には怖くて口にできないわけで。
で、取りあえず全部煮て、その際に確認したところ全く生き残りがなく渋皮煮は諦めました。凹
次回はもう少し良い栗を見極めたいな、と。
ただ見た目で栗の善し悪しを見分けるのは難しい、、、売ってる人間で判断しようと思います。

で、少ないけど生き残った栗は潰して砂糖+蜂蜜+ラム酒を加えてペーストに。
d0183861_22503901.jpg
これはこれで悪くない仕上がり。
これを伸ばしたパン生地に塗りロールにしてカット。
d0183861_22512638.jpg
日曜のおやつとなりました。
d0183861_22471705.jpg
栗とコーヒーは相性が良い、と思います。
栗、に関してはこの先まだまだ美味しい栗が出回るはずなんでリベンジしたいと思ってます。


冬に向けての創作、まずはマフラー
d0183861_22464671.jpg
お頭付きの定番アニマルシリーズ。
d0183861_22465401.jpg
ドットの素材は太め素材なのでしっかりとした編み上がりで防寒度抜群。

星の編み方を覚えたんで
d0183861_22470195.jpg
クリスマスツリー
d0183861_22471008.jpg
もうちょっとキラキラ感が欲しいと思う。
いろんな種類のビーズをランダムに縫い付けたんですけど、まだまだツリー感が乏しいのが反省点。
これまたリベンジ品として、改良を検討したいと思います。難

[PR]
このところ、日の出前に出かけ、日の入り後に帰宅する日々となってます。眠
d0183861_15253901.jpg
この国がサマータイム廃止を実施して今年で2年目。
日本との時差は年中変わらず6時間ですが、廃止による問題が昨年はいろいろとありまして。
個人的には電気代が若干増えたこと、世間一般としては暗闇の中で通学・通勤を強いられているため物騒な事件・事故も発生しているらしく、特に小学生などは通学の際に暗がりを怖がる子供や、なかなか起床できない学童も多いらしく、デメリットが多いという感想です。
起床が辛い、それは成人も等しく同じ。
確かに欧州ほどではないにせよ、行動時間帯に日照がここまで少ないと体調にも影響あると感じてます。
これから冬至までどんどん日照時間は少なくなるわけで、まだ11月に入ったばかりの今、この先思いやられます。凹

お題にある
この国、こんなに牧畜が盛んな国なのに肉の値段が異常に高いんですね。
もちろん宗教上ブタ肉は店頭に並びませんので、主に牛と羊になります。(鶏肉はまだ安い)
以前も記した近所の肉屋の話。
あれ以来スライスした薄切り肉を定期的に購入してます、ただ手間がかかるんで月に一度の割合で1キロ単位で薄切りを購入してますが、先日ビーフの薄切りを買ったところ約2400円/kgでした。
日本ではアメリカ産でも100gで200円以内で購入できると思うんですけど、この国の物価から考えても現状の価格ってエライ高額です。
世間一般では貧乏人は肉が食えない、と嘆く声も多く。
この国でこういったものの価格を設定する、農林水産省的な政府機関が最近大々的に発表したのが

肉の価格を大幅値下げ

どっかのスーパーの宣伝広告並みの告知に世間はかなり注目しているようで。
d0183861_17253493.jpg
誠かウソか、今週中に店頭の価格から10-15TL(約500円弱)の値引き価格を実施、らしい。

あまりこの手の話、信じてません。疑
なので、思いついたときに既に購入して冷凍庫にストックしておきました。
d0183861_15254595.jpg
近所の肉屋、割と繁盛してるようでして。
d0183861_15254273.jpg
詳しいわけじゃないんですけど、味も鮮度も悪くないと思ってます。
d0183861_15255193.jpg
電話での注文(ミンチとか、バーべキュー用のマリネとか)も請けてます。
d0183861_15254869.jpg
肉の他にも惣菜、オリーブ油、チーズや香辛料も一部揃ってます。

そんなに肉食な人間ではないんですけどね、月に2-3度は肉も食べないと、と感じます。
ちなみにこの国はラム肉が美味しいと感じてます。
特にラムチョップなんかは実に美味しいです。
d0183861_17334540.jpg
こういう骨付きって自分で調理するのは面倒なんですけど、外食の時は割と好んで食べる肉です。

この国の肉事情、いろんな要因があって現在の価格があると思うんですけど、その価格が高いということはどこかに無駄な金が流出してるのは確実なわけで、肉に限らずシステムの見直しが必要なことってまだまだ多いお国柄です。

d0183861_15275442.jpg
晩秋、という季節です。
花より団子、まさに美味しい季節です。
週末に栗でも買おうかなーと思ってます。
d0183861_15275894.jpg
最近出現のニューフェイス、です。笑



[PR]
もう10月も半ば。
d0183861_02255732.jpg
地方に行くと、こういうドでかい南瓜が店頭に飾られていたりします。
特にハロウィンで賑わうお国ではありません、これは完全に食用で主にデザートになるはず。
秋と言えばやはり味覚の秋、日本ほどではありませんが市場にもそれなりに秋らしい食材が並びます。
そろそろ終わりに近いイチジクを買って、先回はジャムに加工しましたので今回はオーブンで1時間半ほど乾燥させてみました。
d0183861_02264821.jpg
チップス、というほどパリっと仕上がらず若干期待はずれではありますが、これはこれで美味しいです。
熱を加えると更に甘みが増しますね、干し柿に近い甘味です。

週に一度の青空市場、馴染みの魚屋がおりまして今回はカツオを買ってみました、今が旬の魚です。
d0183861_02270365.jpg
割と保存ができて簡単なおかずといえば煮付けです。
ショウガで臭い消し、鷹の爪でちょっとピリ辛に味付けます。
今回、そのままでは塩辛くて食べずに残っていた梅干しを入れました。
これで炊き立ての飯3杯はいけます。太

久々にパンも焼いたんですが、オカラとチアシード入れてみました。
d0183861_02265551.jpg
チアシード、まじで消費が困難ですね。凹
これはこれで美味しい出来上がりです。


秋と言えば
d0183861_02254225.jpg
洋梨
d0183861_02254941.jpg
ちょっとラブリーな色味に惹かれて作ったのは
d0183861_02260464.jpg
垂れ耳ウサギ
d0183861_02261247.jpg
このところこういったお花で飾ったものが好きです。

で、こういうもののご要望も始まりまして
d0183861_02263063.jpg
鏡餅
d0183861_02263828.jpg
気持ちはもう正月に向かってます。早
なんだかんだいって、時間が過ぎるのは早いもんですね。老

身体が鈍り気味なので、自転車乗って散策したいと思います。

[PR]
もう10月・・・。
d0183861_06251582.jpg
ここ数日、雨が続いていて太陽がなかなか顔を出しません。
残暑が厳しかったのはつい先日までのこと、突然の気温降下に体がついていけてません。凹

こういう時はあまり忙しくせず、できることは後回しにしてでもゆっくりすべし、と思います。
週末は小雨の降る中、この方に会ってきました。
d0183861_06253003.jpg
猫なのに犬のように懐いてます。
d0183861_06253944.jpg
雨の降る日の公園ってのも好きですね。
d0183861_06254751.jpg
特にこの時期は落ち葉も綺麗です。
公園内は秋の花がしっとりと咲き始めます、次回は晴れたら良いなと思います。


気温が下がって、若干やる気が湧いたので
d0183861_06271580.jpg
今年度の新作ドングリはアイボリーを基調にちょっとシックなベレー帽。
d0183861_06265159.jpg
このところ人気となってる顎ベルトつきボンネットはふわふわ素材を使った子豚。
d0183861_06270788.jpg
気が早い、でもあっという間にくるに違いないクリスマス向けトナカイべいべー。
(頭には柊の赤い実をトッピング)


寒くなると、という前出しはいい加減飽きたんですけど、焼き菓子が楽しい季節。
先日のカステラ作りで「これならいける」と確信して作った
d0183861_14245464.jpg
どら焼き

これは先週のカステラと同じ生地をフライパンで一枚一枚焼いてます。
最初はフライパンの熱し加減とか、生地の緩みとか、コツを掴むのに何枚か無駄に焼きましたけど。
職場同僚へのお裾分けも含め、15個近く完成。
割と色むらなくキレイに焼けました。
中身の餡、残り僅かだったこともありホイップクリームと頂きもののサツマイモ甘味を刻んで嵩増ししてます。
d0183861_14244843.jpg
どら焼きのお供には塩気の効いたオリーブ。
ちなみにオリーブと言っても国内産地が多々あり、黒、黄色、緑、塩気も多いものから少ないものまで様々。
毎週市場で買うのは南東部ハタイ県のもので、塩分控えめで適度な歯触りのあるグリーン・オリーブです。

なかなか痩せられなかったこの夏、この調子で焼き菓子など焼いてる自分にちょっと危機感も覚えるんですが。凹
d0183861_06252349.jpg
雨が止んだら、久しぶりに自転車で遠出しようと思います。

[PR]
お題のイメージとは程遠く、ここ2週間ほど残暑続きであります。
溜め気味ではありましたが、こんな猛暑の中を外出することが多かった週末について。
d0183861_06164364.jpg
毎度の問屋街訪問、この日も昼近くになると30度くらいまで気温上昇。
d0183861_06153505.jpg
観光客はアラブ系が多く、爆買いするアラブ人の列に突っ込むこと数回。
d0183861_06151469.jpg
猫は屋根伝いに移動出来て羨ましい。

翌週末は市外、友人B宅へ弾丸日帰りの訪問。
d0183861_15480060.jpg
刈り取り後の小麦畑が延々と続く車窓風景。
到着駅では懐かしささえ込み上げるこの方のお出迎え。
d0183861_06110990.jpg
ほじゃ
d0183861_06091277.jpg
湿度の低さに若干安堵、しかし気温は35度。汗

まずはBとカフェで歓談。
d0183861_06104127.jpg
トルココーヒーと甘味でだらっだらとしゃべりまくり
d0183861_06102032.jpg
次の店でビールを3本ほど煽り帰路に着く。
(新幹線2時間半って超楽ちん)


で、日曜はここのとこどうしても作りたかった焼き菓子がありまして。
d0183861_15301716.jpg
この焼き菓子、作る前に新聞紙で焼き型を作成します。
(参照画像)
なんでかというと、通常のケーキ型だと鉄の熱伝導率が高いので上手く焼き上がらないとか。

何を作ったのか、ですが
d0183861_06121646.jpg
カステラ(どぅーんっ)
でかいですよ、ええ(威張ってないけど)
レシピみて、こんなに簡単にできるのか?と疑心暗鬼になったものですが
d0183861_06145794.jpg
めちゃめちゃ美味しく出来ました。
カステラって買う必要ないですから、ええ、材料も簡単だし。
この菓子に敢えて難所があるとしたら、新聞紙でつくる型、くらいですね。
折り紙下手な人はくじけるかも、レベルです。

最初は「紙をオーブンになんて入れたら火災が!」と思ってたんですけど
調理温度最高180度、新聞紙の発火温度が290度以上ってことで全然大丈夫でした。
どっちかというと、新聞紙型の中に更に敷くクッキングシート、というのが厄介でした。凹

とはいえ、出来上がり即ラップに包み冷却。
ふわっふわでしっとり、馴染みの味が再現でき感動。
ちなみに、材料に卵8個と大量の砂糖に練乳(自家製)を投入しており、カロリーとか考えると喉を通らなくなりますのでご用心。

2週続きの残暑も今週半ばで終わりと予想されてます。
今のうち、夏物衣類を着まくらないと、と思います。
d0183861_15475353.jpg


[PR]
残暑お見舞い申し上げます。
d0183861_22262079.jpg
せっかく焼き菓子の美味しい季節、と思っていたのもつかの間で再び気温は30度を越える今日この頃。汗
我が家の週末のお菓子はアイスコーヒーのフラッペと共に冷たく冷やしたチョコ・ターキッシュデライトとオレンジピール、そして日本の友人からの土産であるゴフレット。

夏物衣類を片付けようと思っていたんですが、しなくて良かった。暑
今しばらく、この暑さは続きそうです。
庭の子ぬこたちも日々成長しており、最近は木登りして涼しげに眠る姿(しかも4匹揃って)を見かけるようになりました。
d0183861_22262952.jpg
ご近所の方が用意したぬこ小屋に入るよりも
d0183861_22263868.jpg
たぶんここの方が涼しいと思われる雑草の中で眠っています。
d0183861_22264530.jpg
竹内は相変わらず乳を吸われて痩せてます(なので食欲旺盛)

お題にある「薄さ」
この国以外でも、たぶん日本以外で薄くスライスされた肉ってのはなかなか市販されていないのではないでしょうか?
他国は詳しく存じ上げませんが、自分の暮らすこの国では市販の肉は塊でしかありません。
肉屋に頼んでもぶつ切りか、叩いてぺったんこ、せいぜい頑張って1cmくらいの厚さに切る程度です。
日本の焼き肉はあの薄さがタレを絡めるからこそ美味しいのだ、と後々知りました。
数年前に、日本人の多く居住する某リッチ・エリアにある肉屋がスライス肉を売ってくれると聞いたことがありました。
そのエリア、我が家からはとても遠くてわざわざ肉のために行く気にはなれず。
自分で凍った肉のスライスを試みるも、手が痛くて断念。

厚み(薄さ)という点で言えばこの国はコピー用紙も厚いです。
ついでに言うなら名刺も厚いです。笑
(羞恥心をかなぐり捨てて言うと生理用品の類もまだまだ日本に比べると厚い)
薄さ技術、これは本当にその国の計りにもなり得るとさえ感じます。
厚顔無恥、ふと思いついたこの言葉も何気に言い得て妙な気分です。

さて、前置きが長くなりましたけど、うちの近所の肉屋にこの肉のスライスをお願いしたところ、即快諾。驚
頼んだ翌日、店に行くと適当な肉が入手できなかったと言われ初日惨敗。
肉の入手を待って出かけたその翌日、肉を凍らせ忘れたらしく再度惨敗。
三度目の正直、と勢いつけて乗り込んだ翌日にようやく希望のスライス肉を買うことができました。涙
d0183861_22245360.jpg
あまりにも待ち過ぎたせいか、1キロ購入。(冷凍庫にストック中)
焼き肉だけでは済まされない勢いがあったので、この日はオクラ、人参、長インゲンの肉巻きを作る。
d0183861_22250160.jpg
これよ、この薄さが無いと美味しくないのだ。
(とは言え、日本のしゃぶしゃぶ肉の3倍はあるかも)
本当はゴボウがあると念願達成なんですが、あることだけは確認済み。
(ゴボウの入手先を現在調査中)

薄い肉を常日頃食べ慣れていた日本の食生活を思い出しますが、便利ですよね。遠
次は紙を薄くしてほしい、と切実に思います。


さて、暑さは戻っておりますが気持ちは秋。
d0183861_22250910.jpg
頭にキノコ生やしてドングリ乗っけてる子供居たら笑える、という発想の産物、です。
d0183861_22251783.jpg
今季はボンネットにハマってます、こういう被り物が似合わない子供って皆無だと思うんですが如何に。

それでは皆様
夏の終わりを惜しみ、束の間の秋を楽しみましょう。
d0183861_22252331.jpg
最後に
近所の可愛いぬこ♂



[PR]

暑中お見舞い申し上げます。

d0183861_18345035.jpg

アガパンサス

この花はご近所の庭に咲いていたのを朝見つけました。
雨上がりの翌日にしっとりとした色合いが実に美しく。

平日は毎朝、建屋の裏通りを抜けるんですが、その細い路地にいつもいろんな子が出没します。
この夏は毎朝この子に待ち伏せされているんです。

d0183861_18345291.jpg

先回も書きましたが、結子と呼んでます。(理由は先回記した通り)
小さいので子供かと思ったら、お乳があってどうも産後の様子。
夏痩せかと思い、先日の朝はちょっとリッチな朝飯をご馳走しておきました。

この界隈にもヒト化のマダムがよく猫の餌付けしてるんですが、敷地内で餌やりされるとご近所中から集まってきてしまい被害にあってます。
暑いので窓を開けて換気してる際に入浴し、さて寝ようと窓を閉めに行くと窓際の多肉の鉢植えが全部床に落とされ散々な目にあいました。凹(不法侵入したのはヒト化ではないと信じてますが)
ゆえに餌付けは敷地の外で、いくら呼びかけてても自称・猫好きマダムは未だ我が家の窓際にエサを置いていったりしますね。苛
(マダム達は確実に地上階ではなく高層階にお住まいです)

いつもの通りにいる横綱級の野良がおります。

d0183861_18345175.jpg

もふもふ
見た瞬間に「みーちゃん」と呼んでしまう。愛
ただ、見た目通りというか、渡辺直美のビヨンセ的な迫力と相乗効果で若干ワガママ、鳴き声はちょっと酒焼けしたようなハスキーボイスの持ち主。
ぬこ大好物の魚の残り物を差し入れても気に入ってくれないんですね。
今朝などは不覚にも猫パンチくらい朝っぱらから血を見ました。凹

d0183861_18345152.jpg

なんだろう、ご近所ではちょっと顔の知れた野良として紹介しときます。笑





ここ数日は毎日自家製のどぶろく、いや、米サワーを頂くのが至福です。
余った酒粕で作ったのは白パン。

d0183861_18345181.jpg

まじふわっふわ、です。
桑の実ジャムなどを添えて、米サワーと頂きました。
パンはしっとりとしてかすかに米麹の発酵した香りがします。

このブームは当分続きそうです。



[PR]
もう2月も残り僅かとなりました。
d0183861_18404952.jpg

今年は本当に冬が長かった、と感じる。
その理由はサマータイム導入がなくなり、朝晩暗闇の中で動くことが多かったせいですけど、このところようやく朝焼けを眺めることができるようになりました。
(帰りは日没前の帰宅が既に出来るようになってます)

このところ週末忙しく公園に行くことができてなかったので、久々に足を運ぶことに。

d0183861_18404956.jpg

ところどころ、春の花が咲いており和む。
オオイヌノフグリ、大群。

d0183861_18381400.jpg

それでも、まだ時期としては早かったようです、花は少なくあと1-2週間後には多くが開花するんではなかろうか。
目的の花はまだ蕾も硬く、一等先に咲くはずのミモザもまだ咲いてませんでした。凹

とは言え、いつも行く芝生は賑やかなことこの上なく

d0183861_18381569.jpg
d0183861_18381386.jpg

いつもの顔ぶれに加え馴染じゃない子も多く

d0183861_18381472.jpg

遊べ遊べと寄ってきます。

d0183861_18381411.jpg

基本は日向ぼっこ、なんですけどね。

d0183861_18404868.jpg

猫友Aさんの愛猫も久々に登場。
(なかなか懐かないんですけどね、いつも元気なやんちゃ坊主です)

d0183861_18404896.jpg

春の陽気、まだ肌寒く感じますが日中は15度近く上がる今日この頃。





この時期、お安い野菜としてほうれん草がありまして先日の市場で500gほど購入。
(500、と言ってもデカいスーパーの袋にいっぱいです)
取りあえず足の早い野菜として、全部を軽く茹でてから何に使おうか思案するわけで。
旬の野菜のせいでしょうか、割と灰汁が強いような気もします。
せっかくなので今回はおかずとしてではなく、パウンドケーキにしてみては、と思い立ち

d0183861_18381501.jpg

文明の利器の少ない我が家だけに地味にペースト作り。
出来上がった際に感じたのは

d0183861_18381659.jpg

レシピ通りの分量なのに、ほうれん草が多過ぎと感じる。凹

d0183861_18381680.jpg

ラムレーズンとクルミも入ってますが、食べた感想として
ちょっと甘目のほうれん草入り卵焼き、みたいな。負

決して不味くはないんですけど、食べる前に心構えとか必要。
「これはパウンドケーキ」と思って食べた時と「甘味はあるけどおかず」と思って食べた時に勝敗が分かれます。笑
次回があるとしたらもう少しほうれん草を少な目に、もしくは徹底的にすり潰すことにしたいと思います。
(結局は負けってことですか)

周囲では風邪にやられてる人が多いこの頃。
健康管理をしないと、と思うと同時に重い身体に危機感感じてます。凹

d0183861_18404975.jpg



[PR]
気温が10度以上に上がったのも束の間、週末からまた寒さが戻りまして日曜から霙混じりです。
d0183861_03461852.jpg
また調理熱が再炎の今日この頃。

市場で小ぶりの鯛を一匹買ったので
d0183861_03424846.jpg
鯛飯

鯛は買ったが小ネギを忘れ、ドライ三つ葉を振り掛けてしのぐ。
奥のは蒸しキャベツ、カツブシと醤油で充分美味しい冬野菜。

気温がちょっと上がった先週始め頃、汁物ばかり続けて作っていたのでさすがに飽き始めまして
肉屋で鳥手羽を買い、いつもなら簡単に焼いてしまうところなんですが実は冷蔵庫に長いこと寝かせていたあるものがありまして。

それはコーラ
d0183861_03583061.jpg
自分、絶対に口にしない飲み物のひとつです。
なんで我が家の冷蔵庫にあるかというと、友人が遊びにきた時に出前を頼み、注文したにも関わらず飲まずに放置されて行ったものであります。
いかんせん、この国の多くの人はコーラは水、的な暴飲が多く、お出かけにコーラを小脇に挟んで出掛けるご一家とか、カフェでケーキ+コーラ、とか、どんだけ甘党なのさ、という光景は日常的です。
(しかも冷えてなくても平気という強者も多し)

そんなアンチ・コーラの自分でも、これには食指を刺激されたという一品があります。
それは
d0183861_03401973.jpg
鳥手羽のコーラ煮

簡単さが魅力の一品、甘いだけじゃなく赤唐辛子入りでかなり辛めに作ってます。
d0183861_03401976.jpg
コーラを投入した時は「うぇぇ、毒かも」と思えたくらいにじゅわじゅわっとしてましたけど
ぐりぐりと煮詰めて出来上がり、一口たべて
「こりゃ酒のツマミ」と思う。
次は飲まずに煮込み用としてコーラ購入ありよ。

週末はなんだかんだ焼き菓子、面倒な時は買ってしまいますけど
この度は、間近に迫ったバレンタイン用のガトーショコラ作りの為に買ったチョコが余っていた事もあり
d0183861_03402042.jpg
チョコレート・シフォンケーキ
(+栗の渋皮煮で彩りの無い茶色づくしで凹)
d0183861_03402069.jpg
甘さはちょっと控えめに、理想には程遠い膨らみでしたが。凹

肝心のガトーショコラは明日オフィスに持って行く予定ですので画像なしです。
(まー、明日は職場の子達に感想を聞いてみますよ)


そろそろ素材を変えようか、と思って数日間はカギ針を握っておりませんでしたが
d0183861_03402026.jpg
またかよ、の雄鶏完成
d0183861_03402052.jpg
気温も下がりましたので、また再開してます。編

でも、ちょっと体が重いような感じもしており、早く気温が上がって体を思い切り動かしたいと思う今日この頃です。
(週末のお茶に焼き菓子も食べ過ぎた)
d0183861_04170404.jpg
蕾を多くつけた花が多い公園、早くまた行きたいなー。


[PR]