2017年 05月 30日 ( 1 )

田舎の友人が第二子を出産して早くも半年が経とうとしております。
距離的にはさほど遠くはないんですが、交通手段がちょっと厄介でなかなか訪ねられなかったんですね。
3月頃に航空券を購入、週末に弾丸で訪ねて参りました。

ここで何度も記事にしておりますが、この田舎の友人一族とはかれこれ20年来のお付き合いとなります。
この国でいくつかの家族と懇意にさせて頂いておりますが、この田舎のご家族ほど古き良きこの国の民らしさを失っていない人たちは見たことがありません。

自分自身、このところ鬱蒼とする出来事に凹んでいたので丁度良いタイミングでの気分転換となりました。
仕事後のフライト、到着したのは22時近くで空港から更に1時間ほどの移動がありますが、友人一家が乳飲み子連れて迎えに来てくれておりました。

d0183861_17073316.jpg

田舎の一軒家、広い庭は果実の木と家庭菜園で新緑が眩しい限り。
大粒のサクランボは今が食べごろ、この他にイチゴも実に香り豊かな小さな実をつけておりました。

d0183861_17073340.jpg

リンゴは収穫が追いつかないほど、まだ青い実ですが来月末くらいには大量に収穫できそうでした。
(まだ青い実を子供は好んで口にしてましたけど、酸っぱい味が好物らしい)

d0183861_17073415.jpg

家の周囲には葡萄が生い茂り、母上がこの若い葉を摘み取ってお土産に持たせてくれました。
通常市販のものは塩漬けされますけど、新鮮な葉もペットボトルに押し込んで長いこと常温保存が利くというから驚き。

d0183861_17271065.jpg

参照画像ですが、上が新鮮な葉で下が塩漬けされたものです。
近いうちに調理に使いたいと思います。

畑には新鮮なパセリ、葱、ヒヨコマメもあり。

d0183861_17073400.jpg

ヒヨコマメ、初めて乾燥前のものを見ましたよ。

d0183861_17073433.jpg


さて、このお宅にはもうすぐ4歳になる長女がおり、弟の誕生で若干嫉妬に悩んでいる様子。笑
肝心の弟はこのご家庭でいうと婿に似ており、ルーツ的にはブルガリア系の家系ということでタイプが別物。
色白の金髪、なんともブス可愛い愛嬌のある御顔つき。笑
2日目になるとこれ以上可愛い赤ん坊などあり得ない、というくらい可愛く感じるヤク的な可愛らしさでした。
あまり弟にばかりかまっていると、速攻で長女が乱入し手荒く弟を愛そうとしますので優しく制止。

d0183861_17073580.jpg

まだ彼女も幼いですからね。愛

土日のみでしたが、気持ち的に本当に癒されて帰宅しました。

d0183861_17073502.jpg

(帰りの日は長女発熱、見送りは遠慮したものの母上と婿が空港バス停留所まで送ってくれる)

この小さな町に友人一族の大半が暮らしています。
伯父さん、伯母さん、お嫁さん、イトコたち、ご近所も含め知り合ってからの長い年月本当に御世話になってます。
欲のない、ホスピタリティだけしかないような純粋な人たちです。
いつでもこうして迎えてくれるこの田舎は、私にとってこの国での実家という感じでもあります。

d0183861_17073537.jpg

また元気をもらいに訪ねたいと思います。






[PR]