黒海の街〜トラブゾン

初夏の陽気、は既になく。
気温のメリハリについていけませんが、先週末の気温から10度近く下がってます。凹
とはいえ、断食月もちょうど半ばに差し掛かり過ごしやすい事だけは救いではないでしょうか。
さて、そんな今週は一泊二日の市外出張で黒海地方の街へ行っておりました。
(個人的に、観光として訪れたのは2003年だったかな)
d0183861_03423921.jpg
緑豊かなこの街、観光地としても有名です。

今回は職場のTさんが同行、この街の出身ということもあり早速レンタカーで到着早々連れ回されることになりました。
d0183861_03531562.jpg
市内から約40キロほど郊外のスメラ修道院
ただ、残念な事に我々がこの街に降り立ったその瞬間、雨が降り始め雷まで鳴る始末。
Tさんが意地になって山を登ってる気がする。。。それほど名所なんですよ。
d0183861_03531671.jpg
途中のこの滝でマイナスイオンを浴びて何気に厄を落とした気分。
d0183861_03531625.jpg
そのうち、どう考えても雲の中でしょ、という山道。
それでもなんとか辿り着いた修道院はなんと修復工事中で入り口まで。凹
Tさん、ご苦労さまでした。合掌

この後は市内に戻り、住居保存地区となっているOrta Mahallesiへ。
d0183861_03423995.jpg
約100軒近い古くからの民家を改修した地区だそうで、主にギリシャ人が多く暮らしていたという歴史あり。
d0183861_03424025.jpg
この土地自体、長い歴史上でキリスト教からイスラム教まで様変わりした過去があります。
d0183861_03423911.jpg
見晴らしも最高。
ここでちょっと気を良くしたTさんが更に勢い付けて移動した先が
d0183861_03531496.jpg
アヤソフィア寺院モスク

なんで横線引いたかというと、この寺院は現在モスクとして使用されておりました。凹
d0183861_03531700.jpg
いろいろと、政治的な事情の多いこのところのお国事情ですね。
それでも入り口にはフレスコ画が多く残ってます。
d0183861_03531723.jpg
さすがに、これまで塗消されたら過去の誤ちの繰り返しでしょうよ。
歴史的な価値として、こういう美術的なものは大切にすべし。
d0183861_03531408.jpg
ここでモーレツに空腹だった全員(昼はお茶菓子程度でまともに食べてないし)
割と保守的な街なので、断食空けの時刻を待つ市民が多く待つ某レストランでお先に失礼。
d0183861_03424098.jpg
茹で白インゲンのサラダ。
d0183861_03424078.jpg
ミニハンバーグ、という感じのキョフテ。
この街のこのエリアで食べないと損する美味しい一品。
なんでこんなに美味しいんだろう、と全員が全員首を傾げる絶妙なお味。
(肉が美味しいんでは、と思う)

食後はそそくさと店を後にし、夜景のキレイなボズテペへ。
d0183861_03531513.jpg
黒海が一望できる最高のロケーション。
雨が断続的に降っており、この日はここを最後に終了。

翌日の仕事を終え帰宅。
このところ飛行機に乗る移動が続いており、ちょっと疲れ気味です。
背中の左腰上に鈍痛を感じてます、たぶんこれって内臓の痛みかと。
なので週末は充分寝て回復したいと思います。
d0183861_03424080.jpg
緑豊かなトラブゾン。
夏が終わったら、また訪問の予定です。


[PR]
by efendi | 2017-06-11 03:08 | 旅行 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://efendi.exblog.jp/tb/24395895
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。