プチ観光案内

今年の3月に日本の某友人から、お仕事でこちらに来られるとご連絡をいただいておりました。

d0183861_06024382.jpg

本当に、この一報に心弾みました。
2年前に日本のF市で会って以来、再会をとても心待ちにしておりました。

当日は天気も良くどこにお連れしようかと色々と考えていたんですが、ついうっかり下車駅を間違え旧市街まで行ってしまう。
再開発でおしゃれに変貌したカフェ通りにてブランチ。

d0183861_06092321.jpg

猫カフェ。

d0183861_06092306.jpg

朝食セット、何のこともないピザトーストが2枚も出てきた。笑

d0183861_06125273.jpg

猫カフェ、とはいえ日本のそれとはちょっと違って屋外の野良ネコを常連客並みに入店させる、実に日常的によくある光景の店です。

このエリアは今もスラムっぽい雰囲気が残っておりますが、歴史的にはキリスト教徒も多く暮らしていたこともあります。
近くにはギリシャ正教会のヴァルソロメオス1世総主教がお住まいである聖ゲオルギオス教会があります。

d0183861_06092357.jpg
d0183861_16154861.jpg

何とも神々しい教会でありまして、厄を祓う気持ちでロウソクを灯し(賽銭入れてロウソク買います)家内安全・無病息災を祈る。

d0183861_16154793.jpg

この後は元々予定していたエリアへ移動。

d0183861_06092417.jpg

週末はどこも混雑する目抜き通りを若干外し、お安い衣料品問屋通りを徘徊した後

d0183861_16154869.jpg

まずは飲酒
この界隈はアトリエ的な店が多く、衣料品・雑貨などを眺め

d0183861_16154845.jpg

決して売り物ではない猫の陳列もお馴染みの光景
海沿い目指して坂を下りきると

d0183861_06092325.jpg

このところ頻繁に通うカラキョイへ
うっかり酒のない店に入ったついでに冷たい飲み物でもと頼んだスムージーが

d0183861_06125304.jpg

全く予期せぬ苺牛乳であることに驚愕。
(しかも氷多過ぎ)
長く暮らしてはいるものの、いつも失敗してしまうパターン。
新しいメニューは挑戦すると必ず負け。

ここから更に海沿いの居酒屋へ移動し

d0183861_06125229.jpg

ここで遅くまで飲み続けました。

あまり万人ウケするコースではなかったな、と反省する一日でした。凹
それでも久しく会っていなかった友人の今後の生活を案じつつ、身近に同胞のいるという心強さも感じております。
住居やお仕事、何かと忙しい時期が続くかと思われるMさんですが、落ち着かれたらまたぜひ遊んで頂きたいと願います。

d0183861_06125219.jpg

これから初夏に向け、我が街はとても過ごし易い時期を迎えます。
Mさん、新天地でのご活躍を祈っております!







[PR]
by efendi | 2017-05-05 18:09 | 生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://efendi.exblog.jp/tb/24142927
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。