春の宵

ようやく満開の藤の花。
d0183861_03565048.jpg
三寒四温の繰り返しですが、この日はほどほどに暖かく。
d0183861_03565000.jpg
いつも出迎えご苦労。
春ですね、公園には去勢された猫も多いんですがまだまだ妊婦も多いです。
(ちなみにこの子は出産翌年に去勢されてました)

一昨年まで暮らしていた懐かしい居住区、この日は懐かしの町内犬に遭遇。
d0183861_03565089.jpg
この子もかなり高齢犬です、歳を取ったせいかいつもピンと立っていた耳の片方がふにゃり。
自分もこのところ夕方近くなると三重まぶたになるんですけど、顔のハリが24時間保たないです。凹


この日はいつもの飲み友と約束があり、お互いの居住地の中心辺りで待ち合わせ。
d0183861_03565116.jpg
久々に来ましたよ、カラキョイ
d0183861_03565199.jpg
まずは呑む。
友人は空腹ではないという事で、勝手に注文した前菜はムール貝のピラフと大好きな草、和名はアッケシソウ
(イカリングもありよ)
最近は20時過ぎまで明るいこともあり、はしごする。
d0183861_04001426.jpg
この街の都市計画はある意味成功したと言えますが、昔は立ちんぼの多い石鹸臭香るエリアだったのに、今はとんでもなくお洒落。
d0183861_03565231.jpg
裏通りはおされカフェ通り
d0183861_03565259.jpg
アトリエ、とかの類いも多く昔の乱れた風紀は完全に払拭された感じ
d0183861_03565207.jpg
それはそれでちょっと悲しいんですけどね、お洒落=物価上昇ということさ

はしご前、必ずと言っていいほど立ち寄る大手甘味屋で
d0183861_03565241.jpg
この日も堪能、右はピスタチオの粉末をパイ生地で包んだ友人の大好物、ゲリン・ボフチャス。
私は何でもイケるんですけど、真ん中に純生クリームを店員に多めに盛ってもらい大喜び。
(ちなみにレジのお兄ちゃんには面が割れており、酒の勢いで毎回大食いしてます)

甘党ですが、酒も好きという事で口直しで再び麦酒。
d0183861_04001327.jpg
この辺りで友人の足取りが覚束ないような感じだったのでタクシーに乗せ、自分はフェリーで対岸の我が家へ。

いつもはフェリーの後の乗り継ぎに地下鉄使うんですが、時間もさほど遅くなかったんで何気にバス乗車。
降りたら目の前に羊並みの大型犬野良がおり、瞬時に目が合った途端に愛されたらしく
d0183861_04001400.jpg
ちょっと困った大きさなんで(立ち上がったら完全に同じ目線)ガソリンスタンドに救助を求め引き離される。
お陰でぜんぜん酔えてない事に気付き、帰宅後に軽くもういっぱい引っ掛けて終了。

気が付けば、この日は朝から公園に始まり長い一日であったなーと回想。
d0183861_03565105.jpg
ライラックは故郷にもある花でして、香りにちょっと故郷を思いました。

余談ですが、友人を待つ間にぶらついた我が街で
d0183861_04001547.jpg
デスノートの置いてあった店に登場の新製品。
嫌な事のあった日にでも買いに来ようと思いました。


[PR]
by efendi | 2017-04-26 02:36 | 生活 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://efendi.exblog.jp/tb/24119127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。