オタクの目指す場所

長年の友人にOという男がおります、知り合ってかれこれ18年くらいの付き合いです。
このブログにも頻繁に話題提供してる奴ですが、2013年くらいだったかに結婚、今じゃ4歳児の父。

昔っから知ってるのである程度の性格は熟知してるんですが、こやつの趣味には毎度呆れることばかり。
趣味はスポーツからファッション、車から食生活に及ぶこと全て。
※20代後半はローラースケートに夢中になって地下の駐車場でこっそりと練習して近隣住民に不審がられたり、趣味のアメ車は手をかけていた割りにあっさり事故って廃車にしたり、と結果は全て没。

さて、最近の趣味は何かというと

d0183861_19000534.jpg

土・・・。

きっかけから話すと数年前に購入した郊外の一軒家。
大変広い庭があり、購入後もリフォームばっかりでここ2年ほどでようやく家屋部分が人並みとなり、その後は庭作りに力を注いでる様子

ある日、奴の実家で母上たちと食卓を囲んでる際に、食後のデザートで皿にのった果物の皮を母上がビニール袋に詰めはじめ、帰り際に
「O(息子)、持って帰りなさい」
手土産のようふに生ごみを渡す。

どうやら堆肥作りに夢中になってることがこの時点で判明。
それから半年ほど時間が経ったある日
「お前の職場ではコーヒー(フィルター)あるか?」

あるけど、何よ。

ちょっと不審に思って追及したところ、堆肥作りについて滔々と語り始める・・・。
(画像掲載は躊躇しそうなえぐいみみずのお話)

こやつ、俗にいうミミズ堆肥というものに夢中になっておりました。
仕方なし、職場で毎日大量に廃棄されるコーヒーの出がらしを5日間溜めといてあげました。

実はこのコーヒーかす、自分の家の庭用に3日分ほど集めたことがあります。
持って帰ったコーヒーは乾燥させ、庭に撒いて猫が排泄するのを防ぐ目的があったんですね。
(我が家の庭には現在春菊があり、定期的に収穫できるようになってます)

そろそろ気温も上がりつつあり、新たに種を撒こうと思っていたのがコレ↓

d0183861_22103256.jpg

頂きもののシソの種。

出来上がった堆肥をもらうという条件で、友人Oのために3週間ほどコーヒーの出がらしを集めてあげ、先日初めて出来上がったという堆肥を頂きました。
実際に初めてこの堆肥を見て、実に豊穣な土の香りと栄養たっぷりって感じの土色に、不覚にも友人を褒めてしまいそうになる。
(ちなみにこの男、ケチなので絶対にミミズは渡さないでしょう。しっかりと土のみ選別、って要らんわミミズ)

d0183861_22103207.jpg

雨の上がった週末、柔らかくなった庭の土を耕す。
(耕すって言ってもフォークで地味に掘り返した)
アパートの共用スペースを私物化してますが、雑草抜きとゴミ拾い(マナーゼロの国なんで吸殻とかゴミが多いです)し、ささやかな家庭菜園完成。

万が一の為に別個で植木鉢にも、これは100%堆肥使用。

d0183861_22045690.jpg

春菊に続いて今年はシソも食べることができれば、夏の麺生活が充実しそうです。夢





ここまでは自分の話でしたが、問題はこの友人Oの異常なまでの堆肥に対する執着です。
この男の性格を知ってるだけに、愚問と知りつつも問わずにいられなかったのが堆肥の利用目的。
土に還りたい願望なのか、まさにイスラム教徒(土葬だから)と小ばかにしてみたんですが、肝心の利用目的は
庭の花に
なんとも、、、この生産性の無さ加減。
いつものように遠い眼差しになってしまった自分。。。

この男、結果よりも過程が大事というオタクであることを再認識しました。
ミミズと戯れ、良い土作りに夢中になること。
はたまた生ごみの収集に夢中になって本末転倒になりかねないこのオタク加減。

最近はゴミくれとひつこく、うざいので引き換えに金銭でも要求しようかと思案中です。
ちなみに、ミミズ堆肥と言えば聞こえは良いが簡単にいうと
ミミズのうん▽、ですから。笑

Oが堆肥作りに飽きちゃう日、その日は遠からずやって来るでしょう。
奴の葬式には育てたミミズと一緒に埋葬、と思います。


[PR]
by efendi | 2017-04-12 00:00 | 未分類 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://efendi.exblog.jp/tb/24066565
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。