灼熱の地

土曜は仕事で早朝から南東部地方へ出掛けておりました。
d0183861_21245375.jpg
この季節、地獄の暑さと言われる地方です。
到着したのは午前8時半。
d0183861_21245364.jpg
上空から眺めると、人の暮らしているだろうと思われる場所の目印が「緑地」だと明確に分かります。
d0183861_21245267.jpg
この時点で気温は30度近く、日差しの強さを肌で感じるものの湿度が低いので木陰だと快適に過ごせる不思議な気候。

早朝出発だった事もあって到着早々まずは朝食。
d0183861_21245439.jpg
このどデカい皿に乗ったもの、甘味であります。
この地方は朝からこの甘味を食べることで有名、その名をカトゥメルと言います。



毎年、近所で行われる3日間だけの催事があります。
この街の特産品を味わえるという事で楽しみにしているのがこのカトゥメル販売。
本場で頂くのは初めてであります。
中身はピスタチオの粉末と砂糖、純正生クリームと非常にカロリーの高いお菓子。
非常に美味しく、皿の半分を平らげてしまいました。
(この時点で一日のカロリー摂取量を超えたかんじ)

この街はフライトの関係で立ち寄っただけで、ここから更に車で1時間弱北へ移動。
K市、ここで用事の終わった時点で気温を観ると
d0183861_21324210.jpg
もう、自分にとっては死を意味する数値です。
気温に加え、湿度が19%。
これはいわゆる熱中症の危険度が非常に高い状況かと。

帰りのフライトまで3時間もあり(フライト時刻の関係で、帰りはこのK市の空港を利用)この街の特産品を頂こう、と同行のYさんが異常に張り切ってて嫌な予感。凹

連れて来られたのは田舎チックな内装のカフェ。
d0183861_21582535.jpg
まさかこの猛暑にテラス席なんてとんでもない、と室内に案内されるも
なぜか微妙にクーラーの効きが弱い席へ着席。

この街の特産品、それは日本でも一時流行った伸びるアイス
d0183861_21584616.jpg
※何で伸びるかって言うと単に糖分が高いという理由です。

同行のYさん、目をギラギラ光らせて糖分の害について語るもこれは別物、と持論を語り始める。
d0183861_21245480.jpg
石のよに堅いアイス
(伸びる以前のアイスは堅いのでナイフとフォークで頂きます)
ちなみに、Yさんのアイスを味見させてもらうだけで自分はコーヒーのみです。
Yさんは相当な甘党(持論云々はまじで信憑性がなかった)で、アイスの付け合わせに激甘中東菓子の盛り合わせと飲み物にレモネードって致死量じゃん。
d0183861_21314680.jpg
見てるだけで胸焼け。
胸焼けだけかと思ったらどんどん視界がぼやけてきて、ちょっと呼吸が荒くなり(この時点で犬のように口開けて呼吸)血圧が下がってきたことを感じる。

慌ててギャルソンに注文したのが
d0183861_22095530.jpg
塩入りヨーグルト飲料、アイラン。
これに更に塩を投入、貧血の時は即効性のある飲み物です。

やっぱり、道民は40度の地では生きていけないのだと実感。
八つ当たり的にこんなクソ暑い店に案内した新人担当者を恨んで早々に空港へ移動。
※この時点で44度だった。苦
d0183861_21245467.jpg
生まれて初めての南東部の猛暑を経験し、自分の限界温度と湿度の関係について深く考察。
たぶん、もう行かないから。(季節問わず、嫌いになったよ)

余談ですが・・・






この日の夜、結婚式を狙った自爆テロ発生。
d0183861_22222662.jpg
50名以上の方がお亡くなりになってます。

このところ、テロやクーデター事件をニアミスで回避している自分です。

海外生活長いんですが、今まで盗難も含め事件事故に遭った事がありません。
何気に、運だとは言い切れないものも感じております。

特に、日本の家族や友人知人に心配かけるような事がないように、気をつけたいと思います。


[PR]
by efendi | 2016-08-21 22:49 | 旅行 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://efendi.exblog.jp/tb/23425209
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by じょん at 2016-08-21 23:08 x
44度って体温以上。
お風呂ですらあっちチーですよね
熊谷のニュース観て驚いている場合ではないレベルで
住んでいる人達はどう過ごしているのやら
日本と違って湿度が低いのが幸いなのか?

ピスタチオのお菓子を食べに行きたいとずっと思ってました
ご無事で何よりです。ニアミスも運のうちですから
Commented by efendi at 2016-08-22 02:05
じょん、
44度って物質が熱されるとあちーっとなるんだけど空気でしかも湿度が低いとまじで耐えられちゃう人には耐えられる微妙さを感じたよ。現地の人たちはさすがに慣れてるようだけど、やっぱり汗はかいてたよ。(当たり前か)
カトゥメルは地元でも美味しい店に行くべし、と現地の人たちに言われましたけど、さすがに美味かった!でも夏に食べるものじゃないかもね、百歩譲ってだけど再訪しないといけないことになったら間違いなく春先にするわ。

運って尽きるものだろうか・・・。凹
Commented by soleil at 2016-08-22 08:13 x
凄い気温ですねヽ(´o`;
塩のヨーグルト、すぐに飲んで良かったですヽ(;▽;)ノ
カトゥメル、凄いです!!
あの生地をあんなに薄く伸ばして
焼きムラの防止や食感の邪魔にならないように
端の生地を取り除く丁寧さに驚きです♪
材料もシンプルで、美味しさが想像でしました☆
efendiさん、これからも事件・事故を
がっちり回避して下さい(>_<)
心配です(´・_・`)
Commented by efendi at 2016-08-23 05:30
soleilさん
ご心配ありがとうございます。
本当に、最近は心身共に弱りがちですので何かしなくては、と思いますがなかなかこの暑さで気力が涌かないですね〜。夏バテもあって体調が崩れそうな予感がしてます。凹
せめて美味しい甘味でも、44度で味わう価値があったのか、いまいち分かりませんが美味しかった事は確かです!