民間療法の信憑性

実は先週、ちょっと腰痛を感じていたんですけど、土曜の晩に更に喉も腫れ、あれよあれよと言う間に熱が39度まで上がりました。
d0183861_17344035.jpg
実はこの腰痛、というのが前触れなんですが、数年に一度(4年周期が多いのでオリンピック熱と命名してます)同じ症状を経験してまして、今回も類に漏れず寝込みました。

こんな体調の時に限って公私ともに忙しい状況であり気持ち的に焦り、とにかく熱を下げねば何もできない、ということでネットで「解熱」について調べました。
本当は病院行って注射一本で解決する問題ですけどね、日曜ということもあり且つ寝床から起き上がるのも億劫な状態で外出なんてとてもムリ。
※ちなみに発熱中の2日半は果物とハーブティー以外まともな食事も取れない状態でした。

さて、調べてみて特に多かったのはショウガ
但し日常生活でショウガの摂取は人一倍多いと自負してるので、今更ショウガで奇跡的な解熱は期待出来ず。
次は栄養ドリンク
これは日本で経験あります、ユンケルと風邪薬を同時に飲むと相乗効果を発揮するわけ。
d0183861_1750525.jpg
但し、自分の住まうこの国でこの手の飲料水は皆無。
あっても大半はカフェインが多く栄養とは言えません、試験前の学生さんは愛飲してるようですが、循環器系に問題がある事を知らず飲み過ぎで死亡した若者がいて世論を騒がせた事もありです。
(実際にこの手のドリンク剤との因果関係は未だ解明されていないと思います)

で、調べ続けていて思わずこ、これは。。。と熱にうなされながら釘付けとなったのがコレ↓

家の傍にイチジクの木はありますか?
イチジクの木には大抵、幹に穴が開いていて、そこを探ると芋虫が出てきます。
少し気持ち悪いかと思いますが、1匹で構いませんので、これを捕まえたらしめたものです。
この芋虫をすり鉢ですりつぶし、蜂蜜とオロシ生姜を入れて熱湯を加えます。
それを飲める温度まで下げたら一気に飲みます。
一晩でなんて言わず、1、2時間で平熱に戻ります。一発です。


この療法をオススメしてるご本人は経験者とか、実際に効果があったと強く主張していらっしゃいます。
確かに我が家周辺にはイチジクの木が多くあります。
d0183861_18117100.jpg
ただ、この高熱で芋虫探してる女、って絵が高熱の部分を除いたとしてもちょっと怖いわ。
ネットで芋虫探す女って検索したらこんな絵でした。笑
d0183861_1825478.jpg

民間療法ってのは地方色もいろいろで、えぇっ?と驚くよな伝承が多くて逆に面白いんですが、過去に一度こういう記事を書いた事もありますが、未だに実行に至っておりません。

民間療法に頼るには理由があると思います。
大抵は病院に行きたくない、もしくは化学療法に疑問がある、などが理由ではないかと。
病院に行きたくない理由として、医者が信じられないなどの偏見も多いと思われますが高齢者に割とこういった理由を述べる人が多いかと思います。
あと、疾患の状況にもよりますが特に婦人科や外科、そして肛門科というのは非常に勇気が必要ではないかと。
女性特有の痔、自身にも過去何度か「これはやばい」という状況に見舞われネットで調べたのは当然の如く民間療法
痔に関しては驚くような療法が多く、逆に病院へ行く勇気をもらったわけです。
もし今、勇気がなくて病院に行けない、という若い娘さんがこれを読んでいると想定して、ここに「これは凄過ぎる」と思ったものを厳選して列記しましょう。(ある意味人助けと思ってね);

■北海道編
・イボ痔にタマクラミミズと女なら男の髪、男なら女の髪を弱火で煮て、白絞油で練ってつける。
■岩手県編
・タニシの肉をあぶって粉にし白粉を少量加えツバでつける。
■山形県編
・ナメクジを黒砂糖にて溶解し、これを白フランネルにのばし局部に貼る、乾けばまたとりかえる
・なめくじを擂りつぶしてつける
■福島県編
・モグラの黒焼きがよい。
■栃木県編
・土ぐもを胡麻油で揚げて痔につける。
■埼玉県編
・痔ろうに「にんにく」を二分くらいの厚さに横切りにし、もぐさを上せ火を付け患部を撫でる。
■石川県編
・カタツムリを生で飲む。
・小さなナメクジを生で飲む。
・ネズミの子でまだ毛の生えないものを土で包んで黒焼きにし、それを綿に包んで患部にあてる。
■岐阜県編
・馬糞を釜に入れ蓋に十銭白銅貨大の穴を開け蒸しつつ痔を湯気の出る所にあてる。
■岡山県編
・いぼ痔はナメクジ六匹もあれば必ず治る。黒砂糖と練って患部に塗る。
■山口県編
・カタツムリの殻をとり、身をすりつぶし患部に塗る。
■徳島県編
・鶏頭を干して煎用する。
■高知県編
・ナメクジを白砂糖漬にして、患部につけると痔の特効薬になる。
■福島県編
痔漏にフグの肝を種油で煮て肝が細くなったらその油を脱脂綿につけて肛門に貼る、その量は中等大の肝一個に付き種油四合、ただし毒が烈しいから処置した後手をよく洗うこと。
■大分県編
・タニシの黒焼きを粉にして胡麻油で練って患部に貼ると痛みがとれる。
■宮崎県編
・馬糞を燃やして尻を燻すと痔を治すことができる。


これらを読んで、やっぱ病院行こう、という気持ちになりました。(痔じゃないけどさ)
自分ランキングダントツ一位は石川県。(←何ランキング?)
ただ、ナメクジ・カタツムリの類いは効く事が分かりました。笑
あと、凄くはないので列記しなかったんですがイチジク・ドクダミの類いも効くようです。
地元としての北海道、他県には絶対にない素材として人毛がありますが、しかも性別で使い分けもありなかなか奥深いかな、と。笑
他にも固茹でのゆで卵を一日4個ほど、3〜4日続けて食べると良くなる、でも胃腸が壊れるかもしれない、っていう本末転倒なものもあり。笑

だから痔じゃないから、風邪だから。戻
民間療法に頼る気力がなく、先日我が家上階の大家の嫁が診療所に連れて行ってくれました。
この国では居住地毎にホームドクターの指定があり、よっぽど重病じゃなければここ行くわけです。
(ここで重病と判断された場合はホームドクターの判断で別の病院へ搬送されます)
やっぱ西洋医学、と昨日から飲んでる抗生物質で一気に熱が下がりました。
念のために今週は自宅療養です、咳だけが酷くて腹筋鍛え中。

このところ、風邪と思って放っておいたら肺炎だった、という手遅れ患者急増中だとニュースで警告されてました。
いやはや、この季節本当に多い症状ですが、皆様お気をつけ下さい。
そして民間療法や民間伝承は度を超さない程度で利用しましょう。
※即効性を求める場合、民間療法は不向きです。
d0183861_1924656.gif

[PR]
by efendi | 2013-11-12 19:18 | 健康 | Trackback | Comments(13)
トラックバックURL : http://efendi.exblog.jp/tb/19952884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mipotta at 2013-11-12 20:31
子供の病気はすぐに病院へ駆け込むのですが、
自分の病は自然治癒のみ。
ちょっと前まではそれでもなんとか‥だったけど、
最近は治癒力の衰えを感じております。
私はちょっと前にひどい咳で声が出なくなったのですが、
義母特製のにんにく酒で‥なんと翌日には声が!!!
先祖代々(?)続く民間療法に感銘していたところです。
芋虫だったら全力で拒否しますけどw

熱は下がったの?お大事に!!
Commented by efendi at 2013-11-12 20:47
mipotta、熱はすっかり下がりました、でも下がり過ぎたのか体がついていけてなく疲れます。
声はすっかりニューハーフ、電話で「誰?」と聞かれる始末よ。しかし咳がひどくて吐いたよ、一口ゲロ。こんな状態なんで今週いっぱいは自宅療養となりました、通勤路が長いので途中で咳き込んだら周りがどん引きすると思う。
峠を越えた今なら民間療法がいいかも、と思うんだよね。さすがに芋虫は私も全力拒否だけど。笑(たとえ誰かが芋虫取って来てくれても拒否よ)
Commented by paloise at 2013-11-12 23:47
良薬は口に苦し、って言いますけど(チョット違うか)、
「嫌だ〜 >< 」と思うようなことをすれば治るものだ、
という感覚って普遍ですよね。苦ければ苦いほど効く、
という気がする、というか。
でも、ヒルに血を吸わせる療法や、ウジに傷口を
治癒させる療法だって科学的に効果ありと
言われているのだから、ナメクジもいいのかな??
そうは言っても芋虫やナメクジはムリ〜。

お風邪、大変でしたね。
私も先々週、風邪を自力で治そうとしたら、
気管支炎になってしまってました。
西洋医学のお世話になりました〜、トホホ^^;

お大事になさってください。

リンクさせていただいてます。
もしご都合悪ければ、お知らせくださいませ。
Commented by paloise at 2013-11-12 23:56
たびたびスミマセン、「お気に入り」登録させて
いただこうと思ったら、非公開設定にされている(?)の
ですね。さっきのコメントでリンクいただきます、と
書いちゃいました、スミマセン^^;
Commented by efendi at 2013-11-13 00:09
paloiseさま、やはり西洋医学慣れして育ってますのでね。なかなか民間療法が効く体質ではないですよね。幼少の頃、風邪で喉が腫れた時に母親が焼きネギをガーゼに包んで巻くんですが熱くて火傷しました。今じゃ民間療法と言えばうちの母親の浅知恵という印象が強いですよ。笑
リンクは構いません、お気遣いどうもありがとうございます。今後もよろしくお願いします( ´ ▽ ` )ノ
Commented by are6678 at 2013-11-13 11:21
お風邪、治って良かったですね!
異国で一人暮らしの病気、私でしたら心細くて
何も手につかないと思いますが、サスガ、しっかり者ですね。
こんなに民間療法を調べられて・・・
それにしても、数々の民間療法は、やはり病院に行くべしという説得力のあるものでした。
Commented by efendi at 2013-11-14 03:21
areさん、やはり私も心細いです。
これはひとえに歳のせい、だと思いますがf^_^;)
年々風邪一つでジタバタします、治りも遅いですしね。凹
民間療法、今日はトルコ人に芋虫の話をしたら「日本のイチジクとトルコの木は違うかもしれないよ」と言ってましたね。やる気はないけど藁をも、という日がこないことを祈ってます。笑
Commented by makikoai2005 at 2013-11-16 01:29
きゃー!かなり強烈な民間療法ですね!!!
そんなの読んだら、迷わず病院行こうと思ってしまいますね、痔だったとしても・・・。笑
Commented by efendi at 2013-11-16 01:37
makikoaiさん、よっぽど薬のない時代なら、と思いますよ。もしくは野山で遭難した時にあえなく、とシチュエーションが大切でしょうか。笑 現代医学が手を延ばせばすぐそこ、の世の中で芋虫を探すことはないでしょうね。あと、高熱にはネギを尻に刺す、という強烈なネタもありますがこの手の民間療法は羞恥心を問われますよね。
Commented by ケラリ~ノ at 2013-11-17 08:48 x
大丈夫!? 低体温の私は39℃まで上がったらどうしたらいいかパニクるハズ(*゚ロ゚;)
去年いきなり声がかすれたと思ったら数時間で全く声が出なくなり仕事柄休んだんだけど風邪で声がかすれるレベルのモノじゃなくこのまま失声?の恐怖に怯えました。
スグ病院行って風邪薬貰ったけど全然効かなかったし今でも去年流行ってマイコプラズマ肺炎だったのではと疑ってます。
それではもう良くなってる事願ってますよ~
・・ただ咳って残るし体力消耗するんだよね(;´Д`)
Commented by efendi at 2013-11-17 16:54
ケラリ〜ノ、ご察しの通り未だ咳が治まらず腹筋鍛え中です。どうも喉というよりは気管っぽいかな。なのでのど飴もシロップも効かないんだよね。突然発作のようにやってくるので涙目になって堪えてるよ。もうさ、患ってしまったら原因究明する気力がないんだよね、なので適当に薬でやり過ごそうとするんだけどこれってやばいよね。私も今回のは肺炎一歩手前に近かったので今後はきちんと病院へ行こうと反省中ですぜ。( ;´Д`)
Commented by Amelia42 at 2013-11-18 17:16
咳が残っているようですね。今日本では、大人の喘息が多いとのこと。
まぁ ワタシも7年前くらいに喘息というものを持つようになりました。
長い。実に長いんです。咳の出ている期間が。3ヶ月くらい続きましたもの。
腹筋よじれそうでした ほんと。だからそのお気持ちわかります。
とにかく大事にしてください。頼みます。
Commented by efendi at 2013-11-18 20:33
Ameliaさん、喘息って成人してからなる病気なんですか?すごく驚きました。持病だとばかり思っていたカテゴリーなので。。。咳は未だにすごいですよ、当初のように間違った咳で吐くことはなくなりましたけど、早朝の咳でぐったり、です。喉というよりも肺?取り出して洗いたい、という気分になってます、痒いというかむずいというか。。。こちらではマスクがあまり主流ではないのでつけることに抵抗があるんですよね、マスクって街の騒動で使われる催涙ガスの為か、もしくは物乞いの病気演技用が主流です。笑
ただ今回ほどマスクを欲したことはありません、自家製マスクを作って自宅で使用するつもりです。
腹筋は大変鍛えられましたが、できればもっと下腹部を鍛えたい、と災い転じて福、をささやかに期待してます。