初夏の花

春だ春だと浮かれていたものの、気がつくともう春の花は散り緑が多く目につくような近隣風景です。
我が街はそれでもまだジャケット着用でちょうど良い気温ですが、他都市では気温が30度近くまで上昇しているようです。
いや、それは暑すぎ。
田舎から戻って次のドサを2日後に控え、いつも旅行カバンが口をあけて待機中という感じで今月は本当に忙しく出歩いてます。

このちょっとした途中休憩で馴染みの公園に出かけると、春の花が散った後に初夏の花たちが咲き始めており、その芳香につい深呼吸をしてしまい過呼吸気味。
今は終わったチューリップの球根も掘り起こされ、次の花が植えられるのを待ってるような感じですが、それでもパンジーなんかが沢山咲いておりキレイです。
これは何の花でしょうか、名前に疎くてすいませぬ。
d0183861_16362274.jpg
d0183861_16344458.jpg

藤の花が白や紫の花弁を葡萄のように垂れる姿はどこのアパートの庭先にも多く、こうした庭の美しさで管理人のセンスが伺えるというものです。
ちなみに我が家の狭く長い庭、隣接アパートとの敷地に沿って花が植えられておりますが、今の季節は大輪の薔薇が咲き、地上階である我が家は特に窓を開けるとピンク色の薔薇が目につき和みます。
d0183861_16351343.jpg
d0183861_163521100.jpg
かなりの大輪です、記憶ではこの季節と秋口にも咲いていたような。
d0183861_1636715.jpg

先日5日から6日にかけて、日本ではスーパームーンというタイトルで騒がれておりましたね。
確かに、この日の月は大きく明るく、通常の満月よりも明るさが強かったなと思います。
この日、この国ではちょっとした祭りごとがありました。
イスラムとは関係ない祭事なので信じない人も多いんですが、この日は深夜に願掛けを行う、という特別な日でありました。
Hıdırellez(フドゥレレズ)、英訳では春の祭事となってます。
一説によると、春の精霊と預言者エリヤが月明かりの元に地上に集い木々や草花に触れるとこの精霊たちの恩恵に授かることができるという。
こういった信仰は遠くメソポタミア文明とアナトリア文明の融合から発生したという説や、中央アジアを起源とするという説などあり様々。
近年は祭りということで音楽に合わせて歌い踊るというイベントも市内各所で行われてます、とんだランチキ騒ぎです。

さて、この日の願掛け。
食べ物を入れた容器の蓋や財布の口を開けたまま放置すると精霊が触れ恩恵に授かる、と言われてます。
他には5日から6日にかけての深夜に薔薇の花の根元に願い事を書いた紙や硬貨を埋め(赤いリボンに結わえて吊下げるという説もあり)、翌日に掘り起こし海に投げ捨てる、もしくは一年間大切に保管する、などこれまたいろいろです。
燃える火の上を跳び越え無病息災を祈るというのもあります。
数年前に友人Mの母上が(結構信心深いティピカル年寄り)家や車やお金と書いた紙を薔薇の根元に埋めた、と聞いて微笑ましく思ったものです。

今年、我が家の前に咲く大輪の薔薇たち(笑
仏教徒なんで月見だけして終了としました、いや、信じる信じないとかじゃなく単に月明かりの元に咲く薔薇がキレイだなぁ、と。
d0183861_1785282.jpg

我が家には公園からのお裾分けとして、芳しい香りの一枝を飾る。
d0183861_16354294.jpg
精霊とかいう信仰はイスラム教には関係ないとされてますが、長い歴史を辿るとこの国にはシャーマニズムが根底にあること、こういった祭事で思い出すわけです。
良いことあるといいなぁ、と漠然と思った一晩でありました。
[PR]
by efendi | 2012-05-07 17:11 | 生活 | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : http://efendi.exblog.jp/tb/15831695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by mipotta at 2012-05-07 23:19
スーパームーンなんて言葉も知らずに過ごしてたわ。
なんだか勿体無い。願い事がいっぱいかないそうじゃない?
でも、こちらはすごい雨だったから見られなかったかもな~。

月夜はいいよね。
夏はずっと散歩していたくなるよ。
Commented by efendi at 2012-05-08 01:12
mipotta、このところ天候も良くこの日の満月はとても奇麗に観測できました。願い事は胸の内にひっそりと祈ったわ。薔薇の花の根元にメモした願い事を埋めようかと思ったけど、意外と小心者で近隣住民の目に触れるのが怖くなったのよね(笑 まぁ、神秘的な月夜に超現実的な願い事をするってのもねぇ、ちょっと幻滅だわよ(笑
Commented by are6678 at 2012-05-09 16:12
当たり前のことかもしれませんが、そちらでもスーパームーンが
見られたのですね。
普段の月より13パーセント大きいそうですね。

おまじない、お国が変われば随分と神秘的な行事もあって
面白いですね。
お花、どれもとても綺麗ですね~♪
最初のお花の名前は「オステオスペルマム」という難かしく
とても憶えにくい名前だと思います。
Commented by patronistaT at 2012-05-09 17:23
子供の頃は行事にまつわる願掛けってやりましたね。
七夕の短冊にお願いを書く、抜けた乳歯をどうこうするとか。。。
「食べ物を入れた容器の蓋や財布の口を開けたまま放置すると精霊が触れ恩恵に授かる」
これ、いいですね。うちなんかトイレのフタ、引き出し、たまに冷蔵庫とか開けっ放しなのでいろんな物が入って来そうです。(私の仕業ではないです)
Commented by efendi at 2012-05-11 19:15
are6678さん、さすが花の知識に長けておられるといつも感心しております。これからの季節は紫陽花が咲き始め、特に雨上がりはしっとりと美しい光景が広がります。ちなみにこの国で紫陽花は葬式の花の代表、日本だと仏前には菊の花、というかんじですがこれまたお国が変わるといろいろ習慣や風習も違い面白いですね。
Commented by efendi at 2012-05-11 19:20
patronistaTさん、日本の祭事というのは仏教よりも神道のものが多いと感じますが、やはり母国、懐かしさがこみ上げます。日本在住時には近所の神社のお祭りが5月にあり、小さな神社にしてはビジネス街に近いこともあり多くの近隣住民で賑わっていたのを思い出しますよ。屋台のたこ焼きが恋しいなぁ。
ちなみにHıdırellezの晩、我が家のトイレの蓋も開きっぱなしっだったと今更思い出しました。きっと泌尿器系の病気にはならないと信じてます(祈