お題で検索したらこんなの出ました、参照画像。
d0183861_01460569.jpg
久しぶりに怖い経験をしたので、書いてみようと思いました。

身近な人物にSさん(♂)という人がいます、知り合ってまだ1年も経ってません。
いつも笑顔で、話も面白く、自分よりも若く元気で活発な男性です。
共通の話題も多く、この国での生活もまだまだ分からない事ばかり。
正直、心からお手伝いしてあげたいと思う好印象な方でした、そう、過去形です。

当初は頑張り過ぎてるのかな?慣れてないせいかな?と感じる言動がありました。
それは具体的に言うと、顔のふとした表情や、自分が予想した反応と真逆の反応をされた時。
それでも笑顔の印象が強く、ふとした瞬間のことなど、まったく記憶に留まらずに流れ去っていったような気がします。

半年を過ぎた頃に、そのふとしたものが、少しずつ積もっていたことに気付きます。
このSさんの発言に、とてつもない差別意識や排斥的なものが増え始め、自分の中に不穏な感情が芽生え始めました。
そんなことを感じ始めて以来、最近はこのSさんとの会話がちょっとだけ苦痛になり始めたんです。

そしてSさんは、遂に間違った行動をとろうとします。
その時、私自身の中でその間違った行為を制止する発言が口をついて飛び出しました。
そのSさんがとろうとした行動というのは、明らかに差別行為であり、ある人物に対する陰湿な行為であります。
そこで私自身に不穏な感情を抱かせたものが何なのか、分かったような気がしました。
それは正義感、だったのではないかな、と。

ネットでお題の言葉を検索してヒットしたものに、心の闇が深い人の共通点というのがありました;

・いつもニコニコしている
・謙遜しすぎる
・些細なことをいつまでも覚えている
・他者の評価を異常に気にする
・話が頭に入らない

最後の項目以外、残り4つは完全にSさんの特徴に当てはまりました。
特に最初の2項目は恐ろしいくらい、Sさんそのものです。

私がSさんを制止した時の、そのぞっとするような表情が脳裏に焼き付いてしまいました。

怖い。

その翌日から、Sさんは違う人物と共に行動しています。
その人物というのはちょっとクセがあって、感情を露わにするタイプの人で、早速私に対する態度をあからさまに変えました。

残念さよりも、今はちょっと近付きたくないという気持ちでいっぱいだったので距離を置くことに安堵してます。
ただ、どうも些細な嫌がらせを受けそうな気もしてますし、徐々にそういう行動を取り始めている様子です。

初めて会った時の、右も左も分からない不安げなSさんはもういません。
ある程度、仲間と呼べる人たちのコミュニティに属し、面白い話をして笑わせることが得意のSさん。
但し、一度嫌いになると今まで笑顔だったのが嘘のように、瞬時に目つきが変わるあの瞬間。
ここまではっきりと感情の切り替わる瞬間が分かるのも珍しい、というか怖いですね。

しっかりとした家庭があり、子供もいて、友達も多く、社会的信頼もある彼の、その心の闇を覗いてしまったような嫌な気持ちです。
誰にでも二面性というものはあると思います、それは自分にだってそうです。
大抵は面白い人と評されますけど、幼なじみや親友たちは私の不器用な一面もよく知ってます。
中には生き方が不器用ということで私を高倉健のようだ、と評した友人もいます。凹
ただ、それでも好きだと受け入れてくれる友人達に、本当に感謝したい気持ちでいっぱいです。
裏と表、どちらもひとつの人格には存在しうるものなんです。

Sさんに関しては、その激しい差別意識と迫害しようとする言動に、吐き気がするような思いです。
(現在日本国内でも問題視されるような某国の人間に対するSさんの敵意には凄まじいものがありました)

こういう人には
d0183861_01493242.jpg
「ドーン!!!!」
喪黒福造にいっぱつ懲らしめて欲しい!と思うんですよ。願

[PR]
今年初の風邪は尻注射一本で無理やり回復させた感が否めませんが、職場のオジサン連中にこの話をしたら
「なぜ女性看護婦を呼ばなかったんだ!」と叱責されました、お父さんか。
注射を打たれた左臀部は内出血したかのようにブス色になってます、嫌な思い出になりました。

復帰2日目の週末に、正月訪れたA市を再訪しておりました。
今回の目的は語学能力試験、昨年仲良しのMちゃんに勧められて受験を決めたのが夏のこと。
受験申込と料金の振り込み、航空券の購入を12月頭にすでに済ませてあったこともあり無理やり、という感じで行って参りました。
ぼちぼち勉強はしていたんですが、風邪ひいたこともあり1週間程度何もできずに挑んだわけで。

会場はウルス広場の近く。
d0183861_15024394.jpg
学校校舎は割と新しく、予想以上にこの日の受験者数が多く気分が萎える。
d0183861_15030210.jpg
読解、筆記、リスニング、面接、という順番で午前10時開始。
13時までの2時間で面接以外全て終了。

結果は神のみぞ知る、なんですけど読解試験で問題を最後まで読む時間が足りず、AからDまでの選択項目で後半は全部Bを選んだというくらい残念な結果です。凹
(後日、同僚から聞いたところこの手の選択ではCの確率が高いらしい、統計学云々の話だそうで更に凹)

午後の面接まで3時間ほど空き時間があり、気分を入れ替えて近くにある博物館へ。
d0183861_04182975.jpg
ここは19世紀初頭の国会議事堂をそのまま博物館にしたという建物。
d0183861_04150359.jpg
なかなか趣のある建物です。
d0183861_04152851.jpg
内装は木造建築となっており
d0183861_04151201.jpg
実に温かみのある内装
d0183861_04153846.jpg
オペラハウス的な色味ですけど、果たして当時もピンクだったのか?と疑念が払拭できず。
d0183861_04154594.jpg
初代大統領の所持品、特に洋服や靴の類を見るとなんとも身近に感じるもので、今となっては神格化されたに近い感じのする初代大統領も、やはり人の子であると感じるわけで。
d0183861_04163320.jpg
内装の装飾はどことなく和風な感じも致します。
d0183861_04162139.jpg
近代化を目指した当初、アジアと欧州の匂いを両方感じるのはこの国ならでは、でしょうか。
d0183861_04164233.jpg
d0183861_04165516.jpg
室内暖房機もちょっとお洒落
d0183861_04170348.jpg

午後からの面接は滞りなく終了。成仏

この日は気を取り直して中華料理屋へ。
d0183861_04182267.jpg
この店の酸辣湯と
d0183861_04181677.jpg
蒸し鶏の塩生姜タレ掛けが大好物です。

A市のおされ通り、数年前まで友人が複数暮らしていた当時はよく来たものでした。懐
d0183861_04175970.jpg
今は思い出がばかりで感慨深く
d0183861_04180593.jpg
この八百屋には日本と同じ梨、そしてサツマイモが売られており、当時は友人と一緒にイモ天ぷら作って食べたなぁ、と。

このA市は年に一度来るか来ないか、既に本年度は2度も来てしまってるので次は相当時間経たないと来ないと思います。
とはいえ、この国で懐かしい思い出の残る街のひとつです。
懐かしい友人たちを思い出しつつ、また訪れたいなと思います。










[PR]
曇天の空
d0183861_22550691.jpg
実は先週土曜から寝込んで今日で3日目。
若干の回復を実感中。

実は木曜の就寝時に、ひどく寝汗をかいていたので熱でもあるのかと思い、計っても平熱。
体内に熱が封じ込められているような嫌な感じがしたまま金曜は普通に勤務。
土曜の朝、37度ちょいの熱があり、身体の関節が痛み特に腰がひどく痛むも鼻も喉も平気、ただ肺の奥深くから来るような妙な咳がちょっとあり、どうしてもキャンセルできない用事があったので午前中は外出。
気力ででかけたものの、午後からの予定は絶対に無理っぽい気がしてキャンセルし、午後から寝込む。
市販の風邪薬を服用して様子見てましたが、ぜんぜん効かず日曜の早朝に38.5度を超えた時点で近所の総合病院の救急に駆け込みました。

実は、インフルなんじゃないかと疑っておりまして。
感染源が職場におり、10日ほど前に日本へ出掛けていた人物で(日本滞在は一週間)週明けには既に咳き込んでおり、いつ感染してもおかしくないという戦々恐々とした気分で小さな会議室に籠らされていたのでした。

どんなにやんわりと「休養とって下さい」と伝えても、なぜか職場に来る、大事な用件は全く片付けてくれないのになぜか来る。
当の本人は軽く済んだようで胸くそ悪いので、あくまで感染源だと思いたくないので放念することにします。苛
この国の諺に、Kötüye birşey olmazというのがあります。
悪い奴には何も起こらない、というのは直訳ですが、悪運強しって感じでしょうか。糞


暖冬は相変わらず、先週末は15度以上になったこの街。
寒くない冬はやはり何か調子が狂いますよ。
d0183861_22551861.jpg
初のリニューアルとなった林檎シリーズ、青。
d0183861_22554389.jpg
なんかマスク・メロンっぽくもありますかねぇ。
深めで厚手なのでより立体感が出ました。
d0183861_22555293.jpg
赤リンゴ
d0183861_22560120.jpg
もちろん寝込む前に作ったものです。
今回の風邪、病院での処置は尻注射一本。
若い看護士に尻だと言われた時の喪失感というか、病人なんですけど、と思わず言いそうになる。凹
失うものなどありませんけどね、その若い看護師に
「右にしますか?左にしますか?」と聞かれ、好きにしてください、と言うより他に正しい応え方ってありますかね?
(利きの尻ってあるの?)
痛くないですからね〜、って言ったくせに叫びたいほど痛かったです。

注射のお陰で関節痛と頭痛から救われ、この隙にと洗濯と調理を済ませ、翌日は注射の効力も続かず頭痛と関節痛でずーっと寝てました。(こんなに眠れる自分が怖い)

未だにインフルじゃないかと疑ってます。
この国の医者でインフルの検査を行ってくれる病院や医者、未だかつて出会ったことがありません。
確かに、罹ってしまったら静養する以外に方法はないようなので、何はともあれ病院に行って熱を下げるなり痛みを取る為の処置は必要かと思いました。

こういう時に炊事って本当に面倒です。
特に食欲もないので更に面倒。
馴染みの友人に電話したところ
d0183861_23365637.jpg
ありがたいんだけど、実際なにが言いたいかというと

剥いてくれ。

でも言ったら光速で殴られそうな気もしたので、ありがたく受け取っておきました。
ても剥けるミカンが限界ですけどね、今のところ。(バナナ買ってくれよ、とも言いたい)

3日間寝たきりだったので、今日は買い出しに30分ほど外出しましたが、一気に老け込んだようでまじでやばいと感じました。
明日は職場復帰です、でもたぶん午後になったら帰宅かな、と思います。凹







[PR]
年越しは、友人の住まうA市に赴いておりました。
d0183861_01280613.jpg
この国は今年まだ暖冬と言える気温です。
とはいえ、A市の朝晩は氷点下の気温となるため、割と厚着で行ったのですが出発した我が街はこの日15度ありました。汗

土曜の30日は友人とアナトリア文明博物館観光を予定していたので、先回のアヤソフィア観光の際に年間パスを購入しておりました。
このところ、こういった博物館・美術館の入場料金は値上がるばかり。
年間パスはこの手の博物館に2回行けば元が取れる料金であります。
d0183861_01201603.jpg
ここの展示物は何度も拝見しております、既に私物化してるような懐かしささえ感じる。
d0183861_01202325.jpg
とはいえ、このような巨大な岩の塊のような展示物はさすがに私物化したくないですが。
d0183861_01203204.jpg
メインはここA市近郊で発掘されたヒッタイト時代の遺跡。
(冒頭のオッサン像は天候神と呼ばれる3m以上はある巨大像)
d0183861_01204663.jpg
ここは巨大な遺跡から金銀財宝までいろいろとあります。
d0183861_01203928.jpg
ゴールドのブローチ
d0183861_01212041.jpg
ゴールドの古コイン
d0183861_01213305.jpg
天然石の指輪もゴールド
d0183861_01214446.jpg
d0183861_01213953.jpg
d0183861_01222688.jpg
ゴールドのネックレス

アニマル・モチーフの陶器
d0183861_01224386.jpg
d0183861_01230526.jpg
d0183861_01223564.jpg
文書ももちろんセラミック製
(エジプトとの交易文書)

何度来ても飽きない場所です。
d0183861_01241464.jpg
d0183861_01242220.jpg
この博物館内に暮らす猫もお変わりなく

2時間ほど鑑賞してこの近辺を散策
d0183861_01244523.jpg
お土産屋も多いんですが、普通に羊毛店とか銅製の食器を売る店も多し
d0183861_01245311.jpg
建物も非常に古く、趣きあり
ここら辺には茶屋やアトリエも多く、名物のボザを戴く
d0183861_01255719.jpg
麦で作った発酵飲料、冬の飲み物として有名
(ヒヨコ豆とシナモンをたっぷり入れて)

友人が2軒目の博物館に行きたがり
d0183861_01260496.jpg
民族学博物館

こちらは数年前に痛い思い出があります、既にそれも遠い過去の思い出ですが。
d0183861_01261966.jpg
今回は特に目標なく、ひたすらこの国の可愛らしい雑貨・装飾品を眺める事に
d0183861_01261237.jpg
d0183861_01262850.jpg
手刺繍、手縫いの可愛らしさは今も昔も変わらず
d0183861_01265378.jpg
d0183861_01270067.jpg
d0183861_01270803.jpg
d0183861_01271749.jpg
d0183861_01272598.jpg
一通り巡り、なんとも良い年の瀬を迎えた感じであります。

疲れた後の甘味は大好きなケーキ屋で濃厚なチョコケーキで〆ました。
d0183861_01243011.jpg
この晩からひたすらアルコールで身を清め、元旦早々の帰宅となりました。

年末ジャンボは見事に今年もハズレでしたが、日々精進してコツコツと生きていこうと思います、はい。
2週間後に再び所用で訪れる予定のA市です。
次は間違いなく極寒ではないか、と今から気が重いです。凹






[PR]
今年も数時間を残すところとなりました。
d0183861_23165620.jpg
仕事納めの後、友人の暮らすA市へ来ております。

こちらでは日本ほどしっぽりとゆく年くる年を堪能出来る雰囲気はなく、ひたすら騒いで新しい年を迎える感じ。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎え下さいませ。
※冒頭の画像はこの街の某博物館にある巨像のおっさん(たぶん神様)です。 

[PR]
年の瀬、です。
日本は既にお正月休みに突入している時期でしょうか。
先週はわたくし事なんですが誕生日を迎えました。
遠方から友人が遊びに来てくれたこともあり、久々に市内観光しようと旧市街に繰り出しました。
その場所は
d0183861_01415993.jpg
アヤソフィア大聖堂
d0183861_01413411.jpg
何度も訪れておりますが、いつ来ても圧巻の重厚さ。
d0183861_01451909.jpg
行くなら平日。
但しこの日はとんでもなく寒い日となり、いつもより短い列の入り口も数分待つだけでモーレツに冷えました。
ここには数カ所フレスコ画が残っておりまして、この日はクリスマス前ということもありなんとも感慨深く。
d0183861_01415277.jpg
地上から見上げたところには聖母子のフレスコ画。

石畳の階段を上ると上階に
d0183861_01425137.jpg
ここにも有名なキリストの画。
d0183861_01431397.jpg
(スマホで限界のズーム撮影)

他にもキリストと皇帝コンスタンティノス9世・ゾエ夫妻↓
d0183861_01425974.jpg

キリスト教徒からここを奪ったイスラム教徒がこの場所をモスクとして使用するために改装したと言いますが、この歴史的価値を察したイスラム教徒の一部の人たちによって漆喰で覆われ、破壊を免れたという奇跡のフレスコ画であります。
d0183861_01455022.jpg
大理石の透し彫りの向こうに聖母マリアが一番近く見える場所、です。
d0183861_01424554.jpg
これは近年になって発見されたるた熾(燃える、などの意)天使、顔の部分には飾りが被せられていました。
d0183861_01420712.jpg
残念な事に左側は改修工事中で囲いがあるので、全体の写真は撮れません。
d0183861_01414142.jpg
でも、この規模の巨大建造物が西暦346年竣工と言われてます。
柱も壁も、触れるだけで何かしら長い時間というものを肌で感じます。
まぁ、この日が誕生日だったということもありますが、過去世で訪れた事があるか?など
いろいろと妄想してしまいました。

この後、近場にあるお気に入りのイスラム美術博物館へ移動。
ここは数年ぶりでしたけど、どうしてもお気に入りのフィギュアがあり
d0183861_01400870.jpg
再会を果たす。懐
(これは12−13世紀当時にイランで作られたものだそうで)
d0183861_01400001.jpg
他にも色彩豊かなコーランなども多し。
d0183861_01401573.jpg
展示品も観光客もさほど多くないんで、ゆったりと見学できるのでオススメ。

前日の寒さが嘘のように、日曜は雨も上がり
d0183861_01394599.jpg
たぶん今年はこの日が最後かな、と会いに行きました。
(土産の猫カン持って行けず、ずっと犬のように後を付いてくるので実に切なくなりました)

年末は冷え込みの厳しい街で年越しの予定。
本日で怒濤の出張ウィークも終了。
残り3日間通常通り営業でーす。疲


[PR]
怒濤の出張ウィークもまだ前半(来週も続く)
晩ご飯食べながら、もぐもぐとテレビを眺めていた時のこと
ある街の大学生が張り切ってニュース番組のインタビューで吠えていた出来事
いかにもありがちな大学生男子ふたり(従兄弟らしい)
ひとりがネットショッピングでカッコイイ最新モデルのスニーカー発見
とてつもなく安く売られている事を友達に言うと、じゃー一緒に買おう!と即決
d0183861_05454625.jpg
若干説明加えますと、世の中なんでもネットで便利に買い物出来るようになって、メリットと同時にデメリットというものもよく耳に致します。
日本もそうですけど、よく聞くのはネットで買い物する時に使うクレジットカード番号が盗まれたり、裏には大きな闇の組織、と
かドでかい事件もあるじゃないですか。

で、この大学生男子ふたり
届いた靴の箱ふたつ
嬉しくて嬉しくて、だからこそこの後の展開に若さ丸出しになってしまうわけですが
開けた箱の中にはなんと
d0183861_05462889.jpg
ナス

この時点で自分、口の中からご飯飛び出すほど吹いた。
大学生ふたりのショックというのはぜひこちらにて

なんか、世の中の事件ってもっとすごいことになってるのに、この国はナスですよ、ナス。
この男子はコメントで「せめて靴下ならまだしも、ナスかよ!」って言ってます。
(靴下でも怒るだろうよ、お前)
最近、この手の事件はまさに品を変えていろいろあるんですけど
この若い夫婦は寝具セット買ったらドロドロに汚れた使い古しのシーツ出て来たとか
d0183861_05501191.jpg
この老夫婦も同じく寝具、爺ちゃんが
「こんな破けてたら使えへん」
みたいな微笑ましいコメントで和んだ
d0183861_05484596.jpg
価格とモノの釣り合いが分かってないのか、実に面白いニュースばかり。
でもこれがまたよくある事件でして、かく言う自分もネットでの買い物はなるべくしないように心がけてます。

ただ、職場には毎日のように社員が買った品物が届きます。
ネットショッピングには買い手に魅力的な条件もありまして、まず届いた時点で開封。

サイズが合わない
色が好みじゃない
破損あり
気に食わない

理由は何でもありですが、とにかく料金払わずに配達人に返却が可能という甘やかせぶり。
友人にもそういう女は多いんですけど、いとも簡単に配達人に持ち帰らせるわけです。
個人的になんか出来ないわー、と思うんですね。
世代の違い、とは言えやはりネットショッピングはリスクがつきものですから。
d0183861_05450933.jpg
毎日、真面目に放送されてるニュース番組で笑ってるのは自分だけではないと思いますが、自分が笑われないように気をつけたいな、と思います。





[PR]
師走です。
d0183861_00313065.jpg
4度目くらいになるでしょうか、南東部の街へ飛んでました。
過去、猛暑の夏にしか訪れた事がなく今回は大変過ごしやすい良い気候となりました。
d0183861_00315202.jpg
残念ながらガスがかっておりましたが、程よく温暖な気温の中テラス席で昼食となりました。
d0183861_00313705.jpg
前菜っていうのがこの地方独特の茄子と赤唐辛子(辛味はありません)のご飯詰め、葡萄の葉っぱのご飯包み、粗麦粉で作った茹でコロッケ(イチリキョフテ)、真ん中のはヨーグルトにあえて食べる粗麦のお団子となります。
あまりの量に完食出来ず、伸びるアイスを道中で買って食べる余力はこの3時間後に発揮、となりました。
とは言え、やはりこの地方は冬に訪れるべし。
掘れば紀元前の遺跡がごろごろ出て来ちゃう街でして、ぜひ次回は私用で訪れたいと思います。

d0183861_00485248.jpg
週末は2軒の訪問実施。
最近整形外科手術を受けたという友人の母上を訪問、この国の特にお年寄りというのはお見舞いとかの儀礼を重んじます。
重んじる、と言えば聞こえは良いんですけど、簡単に言うと訪ねないとふて腐れるんで手に負えないことが多いんです。
今回は友人からの知らせが遅かったこともあり、納得してくれましたが80代の老夫婦とブランチするということは自分にとっては楽しいひと時でもあります。
(ふて腐れられたら逆に時間を置いてから会いに行く、という方法もあり)

その後、鍋パ第2弾の企画があり、友人宅へ。
その前にカフェで待ち合わせ、友人の息子が頼んだごっつ不味いケーキ。
d0183861_00484529.jpg
見た目で騙されがちですね、さすが子供。
友人宅にはすっかり家猫になった里子2匹。
d0183861_00331842.jpg
まだまだ3ヶ月で子供です、実に可愛い盛り。
d0183861_00332662.jpg
食卓テーブルを狙う。
手をかけた瞬間に即行で叱られてました。笑
で、肝心の鍋は鶏手羽と大根メイン。
d0183861_00330341.jpg
カニ缶と大根のマヨ和えサラダも実に美味しかったです。

いつもここのお宅に来ると友人親子+猫2匹に癒されます。
高価なワインをご馳走様でした、でも次回は20TL以下でも充分よ、酔えるなら。笑

次は新年会、思い切って餅でも突きたい気分です。
d0183861_00325668.jpg
怒濤のドサはまだまだ続きます。凹












[PR]
未だに気温が高い師走です。
d0183861_20555663.jpg
とは言え、師走ですから。
何かと予定がいっぱいで今月は出張6件という怒濤の日々が待っております。疲
こんな日和もいつまで続くか、そう思うとどうしても寄ってしまう馴染みの公園。
この日は20度近くまで上がりました、まさに猫日和。
d0183861_20563159.jpg
いつもお出迎えありがとう。
d0183861_20561399.jpg
正午過ぎの影は長く
d0183861_20562246.jpg
井戸端会議、みたいな。

切ないのは帰り際でして、みゃー言いながらずっと後付いてくるんです。
たらふくご馳走した後ですから、遊んで欲しいのだと思うんですけど、彼女が他になにか夢中になってる隙に逃げるように走ってみたり、いろいろ努力中。
この日も、いくら走って遠ざかろうとしても追いかけて離れず、友人との約束の時間に遅刻という有り様です。凹
年末めがけて友人知人宅に挨拶回りするのが恒例なんですけどね、この日は公園近くの友人宅でいろいろと話し込んでまいりました。


気温に関わらず、万年編み部です。
d0183861_20565237.jpg
メリノウール使用にて犬、メリノ花わんこ。

何の根拠もなしに出来上がった豚。
d0183861_20570024.jpg
フルーツ・シリーズはいずれ自分用に作りたいと思うんですが、プロトタイプとして新生児用の
d0183861_20564450.jpg
ミカン

あぁ、本当に楽しい製作であります。愛

猫ネタの続きなんですけど、我が家の隣接アパートの庭で暮らす竹内一家とその他大勢。
最近は1ブロック隔てた敷地からも猫が来るようになっていて、きっとこのアパートの管理人さんは掃除大変だろうなー、と思うくらい通りすがりの人間が生ゴミをエサとして放り込んだりしており不衛生。
竹内の子は残り1匹のオス、息子ですがこれまたとんでもなく可愛い顔してまして。
d0183861_01401435.jpg
一昨日、朝の出掛けに見た時、両目に感染症の症状有りでこりゃ大変。
帰宅した夜に点眼薬を2種、首根っこひっつかんで投薬してみました。
割と大人しく、暴れず簡単に点眼できましたけど、これって3日間は連続投薬しないといけないので、夜な夜な猫探しかよ、と思っていたところ、2日目の投薬の際に隣接アパートの猫好き男性が餌付けに現れ、実はこの子を獣医に連れて行ってます、と言われました。
あら、じゃー同じ点眼薬を?と確認すると全く同じ薬だったので、初日こそダブル投薬となりましたけど、その日は私が、明日はお願い致しますということになりました。
どうも食欲なく、熱があったとかで目の症状はその後に表れたとのことでした。
何はともあれ、自分以外にも面倒見てくれるヒト科がいること、安心しました。
かといって自分が見つけた病気の動物にはそれなりに対処したい気持ちは変わらないんですけどね。

で、最近こいつがよく後を付けて来ます。
d0183861_20560425.jpg
みゃー言われるんですけど、中に入れてあげる事は出来ません。凹
外で遊んであげるだけで精一杯なヒト科、です。









[PR]
先週から週末にかけて気温は20度。
d0183861_23321355.jpg
普通じゃないですよね、でも猫にはありがたい気温でしょう。
予報では火曜日から寒波が来るようで、これが最後の気温かと思うとどうしても出掛けたくなり
ついでに寄った公園ではいつものように
d0183861_23324978.jpg
落ち葉と戯れるうちの子
d0183861_23323050.jpg
犬のようなうちの子は冬でも割と元気に遊んでるんですけどね
d0183861_23323927.jpg
一緒に散歩して、このひと時がとても至福。

さて、溜めに溜めていた新作がありまして
d0183861_23332281.jpg
キリン
これは色違い2本を重ね編みしてて大変肩の凝った作品。痛
d0183861_23333022.jpg
干し柿
なんで干した?と聞かれますがなんとなく表面の模様が鮮度を感じさせないという理由。
d0183861_23333895.jpg
割と忠実に再現したヘタにはテントウ虫乗っけてみました。

熊じゃないです、ネズミです↓
d0183861_23343764.jpg
d0183861_23344404.jpg
太めの毛糸でざくざく編んでみました。
d0183861_23345263.jpg
ニワトリもトサカ・リニューアル
d0183861_23350145.jpg
カラフルにしたら派手感でました。

で、ヤケクソ感が漂いますが↓
d0183861_23334659.jpg
これは上から見る作品なんですけどね
d0183861_23335347.jpg
目玉焼き

朝食シリーズと迂闊にもシリーズと銘打ってしまい、次に困ってます。笑
子供ならなんでも許される、そんな帽子の世界に浸ります。
d0183861_23322150.jpg
師走らしからぬ気温、あと数日堪能したいと思います。

[PR]